現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月1日更新

是非スイス旅行のお土産に!スイスを感じられる魅力たっぷりの雑貨まとめ

3383 views

スイスというとどんなイメージがありますか?
鉄道、時計、ナイフ、チョコレート、チーズ・・日本にもスイスと聞いてピンとくるお店はたくさんありますよね。


お馴染みのスイスの名店はもちろんですが、現地へ行ったら日本ではなかなか手に入らないスイスならではのこんなお土産はいかがでしょうか?


 



by Kosala Bandara


 



スイスの伝統的な土産物が揃うお店 HEIMATWERK



チューリヒ市内に2店舗、また国内の空港にもお店を構える有名店「HEIMATWERK」。
ここではアルプスの山小屋にありそうな鳩時計や伝統的なカウベル、また手作業で一つ一つ造られた切り絵の作品など、特別な感じのスイスの土産物と出会うことができます。



例えばチーズフォンデュ鍋はスイスの定番のお土産ですが、ここではスイスの国旗入りのものも手に入ります。
お土産にはぴったりですね。


 



HEIMATWERK



http://www.heimatwerk.ch/go/heimatwerk/home,l-en.xhtml(英語)



by 公式サイト


 



手軽な雑貨屋さんで



チューリヒ中央駅から徒歩で10分ほどのところにある「Coop」。
日本にあるいわゆるIKEAやニトリのようなホーム雑貨のお店です。



ここではスイスといえばお馴染みアーミーナイフの老舗メーカー「Victronox」もかなりカラフルな品揃えになっています。
またスイスというと牛柄デザインの雑貨とよく出会います。もちろんここでもキッチン用品やバスグッズなどまど楽しい牛柄グッズが豊富に揃っています。



Coop



http://www.coopathome.ch/homepage/C/en(英語)



Victronox



 http://www.victorinox.com/jp


 




by 公式サイト


 



スイスが誇るレース刺繍「サンクト・ガレン織物」



古くから織物・繊維産業で栄えたサンクト・ガレン市。19世紀にテキスタイルの街として栄え、見事な刺繍技術により世界的に高い評価を受けてきました。


現在でも世界中のファッションブランドにその製品を供給しています。


あのジョージクルーニーの奥様、アマル・アラムディンが結婚式に着用していたウェディングドレスやミニドレスにも、このサンクトガレンの刺繍が施されていたんですよ。


この地域のレース刺繍は、繊細でとても美しい品です。特別な方へのお土産として素敵な逸品を探してみてはいかがでしょうか。



サンクト・ガレン織物博物館 Textile Museum St.Gallen



19世紀当時の地元のレースや刺繍を手掛けた会社から寄贈された図案や見本が大切に保管されています。


博物館にはショップもあるのでハンカチなど素敵なサンクト・ガレン刺繍のお土産を手にすることができます。


http://www.textilmuseum.ch/?lang=en(英語)


 


by 公式サイト


 



体もあたたまる泡風呂入浴剤



スイスのオーガニックコスメブランドの「farfalla」。チューリヒ中央駅からトラムで5分ほどのとこに専門店があります。


体に優しい自然素材のエッセンシャルオイルなどを使ってフェイシャルケアやボディ、ヘアケアなどの商品を販売しています。


数ある商品の中でも特に口コミで人気なのが、「aura」と呼ばれるバブルバス入浴剤。
8種類から選べて、寒いスイスの夜に体を温めるのにはぴったりです。



farfalla



http://www.farfalla.ch/rowen/(英語)



by 公式サイト 


 




掘り出し物を探すならここ!



定番のお土産はもちろんですが、ちょっと変わったところでスイスの珍しい掘り出し物が見つけられるお店が「Brockenhaus」です。
チューリヒ中央駅から歩いて5分ほどの場所にあります。



ここはいわばスイスのリサイクルショップ。ですがその歴史は驚くことに100年以上!もあります。1904年に創業した伝統と歴史のあるお店です。
家具や雑貨、キッチン用品、衣料品など豊富な品揃えで、各フロアには「?」なものもありますがとてもリサイクルとは思えないような高価な品も
数多くあります。ついつい時間を忘れて宝物探しに没頭しまいます。


 


Brockenhaus


http://www.zuercher-brockenhaus.ch/(ドイツ語)



by 公式サイト



by 公式サイト


 


 


 

2015年3月1日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop