現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月1日更新

お土産に必ず喜ばれる!ドイツの美味しい定番お菓子7選

9299 views

KALDIとかCOSTCOが大好きな女性って多いですよね。


家事大好きな主婦である著者は外国の食品が大好きなので、足繁く輸入食材を扱うお店に行っています。


 


特にヨーロッパのお菓子は秀逸!


 


著者の旦那様はドイツに駐在していた経験があり、結婚前はたくさんドイツのお菓子をもらいました。


今は何にも買ってくれないけど(笑)。


 


ということで、肩ひじ張らないけどお渡しするときっと喜ばれるドイツの定番お菓子を7つご紹介したいと思います。


  



1) Ritter Sport



 


Astrid Kopp


ドイツを代表するチョコレート。30種類の味があり、オススメはOlympiaNapolitaner Waffel


Olympiaはヨーグルト、ヘーゼルナッツ、ハチミツ入り。女性に特に人気です。


NapolianerはイタリアLoacker(ローカー)のウェハウスが入っており、サクサク感がや病みつきになります。


ウェハウスが入っているため湿気に弱いので開封後早めに召し上がってください。


スーパーやデパートで大量購入でき値段も手ごろなので会社等へのバラマキ用には最適です。


 



2) Lebkuchen Schmidt




digital cat


ドイツのクリスマスといえばシュトーレンとこのレープクーヘン


小麦粉にヘーゼルナッツやアーモンド、スパイス等を混ぜて焼いたお菓子です。


特にSchmidt(シュミット)のレープクーヘンは美味しくて大変人気です。


可愛らしくギフト用にパッケージされたものやデザインの素敵な缶入りの物もあるので


お土産に必ずといってよいほど喜ばれる一品です。


 



3) HARIBO




bizmac


言わずと知れたグミの王様!著者はHARIBOが大好きです。


2012年に90周年を向かえたHARIBO。世界中の人達から愛され続けています。


海外で人気なのは「ゴールドベア」。レモン、パイナップル、アップル、


ラズベリー、ストロベリー、オレンジの6種類があります。


HARIBO社のロゴになっているクマの形をしていてとっても可愛い!味は濃い目なので少量でも満足できます。


日本でも人気なのがHappy Cola。普段コーラを飲まない著者も一度食べ始めると止められなくなる美味しさ。


ボックス入りや小分けのものがあるので渡す相手によって買い分けることが出来ます。


 



4) Milka




dandooo


紫のパッケージに牛のマークが目印。アルプスの自然の中で育った牛のフレッシュミルクを使用しており


チョコレート好きにはたまらない一品。著者のオススメはHeselnuss(ヘーゼルナッツ)


チョコとナッツって何でこんなに合うのでしょうかね(笑)。


特にこのMilkaのチョコレートは甘くて濃厚なのでナッツとの相性が抜群に良いです。


珍しい物だとWhite Schocolate(ホワイトチョコレート)やMilka&Oreo(ミルカ&オレオ)があります。


 



5) Amicelli 



 ヨックモックのシガールみたいな真ん中にクリームが入っており、外がチョコレートでコーティングされている


大変お洒落なお菓子です。個包装になっているのでお土産に最適です。値段は3ユーロ前後。


期間限定のフレーバーもあるので気にかけておくと良いかもしれません。


 



6) Lorenz 




detenhamster.org


ドイツと言えばジャガイモの国!という事でポテトチップスの量と種類が豊富です。


オススメは「ナチュラルズ・バルサミコ」。向こうが透けて見えそうなくらい


薄くカットされたポテトがカリカリに揚げてあり、バルサミコの軽い酸っぱさが絶妙でお酒のおつまみに最適です。


自分用のお土産にしたいところです。


 




7) Ferrero Kuschen 



「軽いキス」という名前の可愛らしいチョコ。Ferrero社と言えば著者の大好きなヌテラを作っている会社です。


一口サイズのチョコレートの中にはヘーゼルナッツが入っています。


ホワイトチョコのバージョンもあるので「甘い系」のチョコレート好きにはオススメのお土産です。


 


それに現地でしか出会えないフレーバーの物もあるので時間があればお店に立ち寄ってみてください。


以上、おすすめの定番お菓子をご紹介しました。日本で購入できるものもありますが本場で買った方がとにかく安い!


 


Sarah Macmillan

2015年3月1日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop