現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月8日更新

オランダの近代都市ロッテルダムで訪れたいデザイナーズ建築5選

312 views

干拓で国土を広げたオランダは、「Nederland(低い土地)」


という国名の通り、土地が海面より低くなっています。


 


そのため、低地が水没しないように、水をくみ上げるため


沢山の風車が設置されました。


 


ですが、今では風車とチューリップというような、


のんびりした風景も少なくなっています。


 


現在では「オランダといえば近代建築」といわれるほど、


オランダの建築物に注目が集まっています。


 


近代都市「ロッテルダム(Rotterdam)」で訪れたい、


デザイナーズ建築を見てみましょう。


 



1、キューブハウス(Cube House。Kubuswoningen)



 


Rick Ligthelm


 


オランダの他の街には古い街並みも多く残っていますが、


ロッテルダムにはビルや近代的な建築が多くあります。


 


第二次世界大戦で攻撃を受け、古い町並みがなくなったので、


新しく建築されたものが多くなっています。


 


そんなロッテルダムの中でも代表的なものが


「キューブハウス」です。


 


ロッテルダムのブラーク駅(Blaak)すぐのキューブハウスは


集合住宅として1980年代に建てられました。


 


立方体を斜めに組み合わせて建てられたキューブハウスは、


森がテーマで「樹状住居(ツリーハウス)」とも呼ばれています。



vpzone


 


酔いそうにも見えますが、中はちゃんとまっすぐになっており、


光が十分に差し込んで快適に作られています。


 


中庭に面した部分は店舗になっていて、内部は有料ですが、


一室が一般公開されており、見学ができます。


 


一部がユースホステルになったので、泊まってみたい方は


いかがでしょうか。


 



2、エラスムス橋(Erasmus Bridge)




Roman Boed


 


建築家のベン・ファン・ベルケルがデザインしたこの橋は、


歩いて渡ることもでき、ロッテルダムのシンボルになっています。


 


ハリウッド映画の撮影や、ダンスなどの


様々なイベントでも使われています。


 



3、電話会社のビル KPN Tower




Alan Stock


 


斜めに6度傾いている前面の壁を、一本の支柱で支えているような


デザインのビルです。


 


もちろん、全ての重さを支えているわけではないと思いますが、


地震の多い日本からすると衝撃的な形です。


 



4、オランダ建築博物館(NAI)




Arnoud van Otterloo


 


オランダ人建築家のヨー・クネン(Jo Coenen)によって


1993年に建てられました。


 


オランダの主な建築物の写真や図面、模型などを見ることができ、


オランダ建築の歴史について学ぶことができます。


 


都市計画についての資料も豊富で、専門家も訪れる建物ですが、


観光客も、もちろん見ることができます。


 


ゆったりとできる明るいカフェや、建築やデザイン関連の本が


充実している書店も併設されています。


 




5、レッド・アップル(Red Apple)




Tom Wolbrink


 


40階建ての高層マンションとオフィスで構成されている


「レッド・アップル」は2009年に建てられました。


 


名前は、ニューヨークの「ビッグ・アップル」とリンゴ市場が


近くにあったことから名づけられました。


 


 


 


 


ロッテルダムの近代建築をご紹介しました。


ロッテルダムやロッテルダム以外にも、オランダには


ユニークな建築物が沢山あります。


 


建築に興味がある人も、そうでない人も、日本にはなかなか無い


デザインなので、充分に楽しめるのではないでしょうか。


 

2015年3月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop