現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月8日更新

世界的な名所なのに…驚くべきガンジス川の現状

2630 views

以前は「一人旅」の目的地としてよく選ばれていた「インド」ですが、


現在は犯罪も多く、特に女性の一人旅はハードルが高くなっています。


 


そんなインドの有名な川と言えば「ガンジス川(The Ganges)」です。


歴史的にも重要な場所で教科書にも出ています。


 


そのガンジス川がとんでもないことになっています。


インド人にとって神聖な場所であるはずのガンジス川が


どのような状態になっているのでしょうか。


 


世界的な名所なのに…驚くべき


ガンジス川の現状をお伝えします。


 



もともと、ガンジス川ってどんな川?




Naresh Rao


 


ガンジス川はインドの亜大陸を流れる大河で全長は2525kmもあり、


バングラデシュやネパールも流域となっています。


 


ガンジス川流域は、世界で最も人口密度の高い土地の一つで、水が豊富なため


肥沃な土地も多く、米や麦、綿花などの栽培が盛んです。


 


流域人口は4億人を超えていますが、流量が多いため洪水の被害も激しく、


食糧生産に被害をもたらすこともしばしばあります。


 


豊富な水と急流を利用して水力発電が行われており、川に


栄養分が豊富なので漁業も盛んです。


 


ガンジス川はヒンドゥー教で「ガンガー(Ganga)」という女神だとされており、


ガンジス川自体が「聖なる川」とみなされています。


 


信者が沐浴をしたり、死者に対する最大の敬意の意味で、遺灰を川に


流したり、時にはそのまま遺体を流す「水葬」も行われています。


 



 ガンジス川の驚くべき現状




Paul Simpson


 


ガンジス川では近年、水質汚染が深刻な問題になっています。


世界で最も汚染された川の5つに入っており、人間の健康被害や


ガンジスイルカなどの生き物にも影響を与えています。


 



Ronald Woan


 


女神の名前や神聖な川、というのも台無しなほど


汚染は深刻になっています。


 




ガンジス川はどうしてこうなってしまったのか



 



skizofrenias


 


水質汚染の原因の一つに「水葬」があります。


ガンジス川は「聖なる川」とされているので、亡くなったら


母なるガンジスにかえすという考えがあるようです。


 


本来は火葬したあとに遺灰を川に撒くところ、子供や妊婦、


事故死の場合は遺体をそのまま流してしまうようです。


 


貧困層が火葬代を払えずに焚き木で燃やし、


燃え残った遺体を川に流すことも…。


 


2015年の1月にはガンジス川に100体以上の遺体が漂流したり


流れ着いているのが見つかりました。


 


遺体は腐敗し、犬やカラスの餌になっていましたが、


周辺地域での深刻な健康被害が懸念されています。


 


この他にも動物の死体や腐敗したお供え物、、生活ごみや排泄物、


汚染物質を垂れ流している工場が水質汚染の原因となっています。


 


地元の人間の健康被害も問題になっていますが、免疫のない人間は重大な


感染症にかかるおそれが大きいので、川に入らないように気を付けましょう。


 


 


 


 


 


 ガンジス川の現状をご紹介しました。


教科書にも載っている神聖な川がこんなことになっているのは、


他の国の私達でもがっかりしてしまいますね。


 


儀式や生活習慣など、その国の人にとっては大切なことも多いと思いますが、


現状に目を背けずに、世界に誇れるような川に戻って欲しいものです。


 

2015年3月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop