現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

台湾のお土産はカラスミが有名!日本ではなかなか食べられない珍味を買おう!

1566 views

台湾へ今度旅行へ行きますが、おすすめのお土産ってありますか?
教えてください(大学2年生・男性)

「カラスミ(英語:Botargo。イタリア語:Bottarga)」という食べ物を食べたことがありますか?




カラスミはお酒を飲む方やパスタが好きな方は、食べたことがある人が多いかもしれませんね。




カラスミは日本では高級な珍味として売られており、日常的に食べている方は、あまりいないのではないでしょうか。




そんなカラスミが台湾でなら、お土産として安く買ったり、気軽に食べることができます。




日本ではなかなか食べることができない高級珍味、台湾土産として買って損はない「カラスミ」をご紹介します。




カラスミってどんな食べ物?









Ellen Bouckaert




カラスミはボラなどの卵巣を塩漬けにして塩抜きをした後に、脂肪分を取り除きながら天日干しを繰り返して乾燥させた食べ物です。




中国伝来の墨である「唐墨」に形が似ていたことから「カラスミ」と呼ばれるようになりました。




作る過程で圧力をかけて水分を減らすことで、硬くて濃厚なカラスミが出来上がります。




あまり塩辛くなく、味が濃厚で生臭くないものが美味しいとされています。




どうやって食べるの?









Gaspar Torriero




ねっとりとして塩辛く、おつまみとして食べたり、薄切りにしてお茶をかけて茶づけにしたりします。









Shunichi




イタリア料理の「スパゲッティ・アッラ・ボッタルガ(Spaghetti alla Bottarga)」はサルディニア島のカラスミを使ったパスタです。




スライスしたりほぐしたものをパスタとあえて食べることが多く、ボラだけではなくタラやマグロなどの卵巣を使うこともあります。





台湾のお土産はカラスミが定番?









黄 基峰




台湾ではカラスミは「烏魚子」と書き、北京語で「ウーユーズー」、台湾語で「オーヒージー」といいます。




台湾での食べ方としては、薄い膜を取ったあとに酒を表面に塗ってから裏表を軽くあぶり、カリカリに焼きあがったら薄くスライスして食べています。




大根やにんにくの芽と一緒に爪楊枝に刺して食べることも多く、夜市の屋台でも焼いたカラスミを手軽に食べることができます。




台湾のお土産の中では高い部類なので、空港や観光客用の土産店で高めに売られていますが、問屋街ならもっと安く買うことができます。




漁獲量が下がったことにより、養殖ものやブラジルなどからの輸入ものも売られていますが、やはり味は天然ものが一番だといわれています。




天然ものやサイズの大きいものはそれなりに値段は高くなっていますが、天然ものにこだわって買いたい人は確認して買いましょう。




台湾の「油化街」などには味にこだわった天然もののみを扱っている老舗のカラスミ店もあり、試食をすることもできます。




台湾で売られているカラスミはほとんどが真空パックで売られているので、持ち帰りやすく日持ちもして、お土産に最適です。






台湾のお土産におすすめなカラスミをご紹介しましたが、いかがでしょうか。




台湾では日本よりもかなり安く手に入れることができるので、お土産の一つに加えやすいですね。




ご両親や御年輩の方、お酒のみの方へのお土産にも喜ばれると思います。




カラスミ未経験でも、台湾でカラスミを食べたら案外はまってしまうかもしれませんね。

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop