現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月6日更新

魚介類が美味しい!日本人がはまると噂のポルトガル料理ってどんなの??

74 views

ポルトガルの料理が口に合うか心配です。ポルトガル料理の特徴をおしえてください。(大学3年生・女性)

はじめに


世界には美味しい料理がたくさんありますが、最近日本で大注目の料理があるってご存知ですか?
それはずばり、ポルトガル料理です。



実はポルトガル料理は新鮮な魚介類をふんだんに使ったメニューが多く、日本人好みの物が多いのです。
ポルトガルの人々は日本人と同じく魚介類が大好き!そのため様々な種類の魚介類がテーブルに並びます。
そして肝心の味付けも、かつての植民地原産の多種多様な食材を取り入れており、奥深く、不思議と日本人の口にも合うのです。


今回はそんな最近日本で注目されつつあるポルトガル料理を、
『魚介類が美味しい!日本人がはまると噂のポルトガル料理ってどんなの??』
と題してご紹介してまいりたいと思います。


それでは、どうぞ!




Kenneth




ポルトガル料理とは?


まずはポルトガル料理とは一体どんな料理なのかをご紹介してまいりましょう。
ポルトガル料理とは、読んで字の如く主にポルトガルで食べられている料理のことを言います。




パプリカやバニラといった、かつての植民地原産の多種多様な食材を取り入れていて、奥深い味の物が多くなっています。
また、かつてポルトガルを数100年に渡って支配してきたアラブ人などの食文化も多大に影響しており、シナモンやサフランも多用されています。




ポルトガル料理では、オリーブオイルを調理と味付けの両面で多用することが基本。
同じく多用される物として玉ねぎやにんにく、じゃがいも、トマト、パセリやコリアンダーなどが挙げられます。
西ヨーロッパ各地の料理の中でもコリアンダーを多用する料理は珍しく、異彩を放っています。


先程、ポルトガル料理とは主にポルトガルで食べられている料理だと言いました。
もちろんその他の国でも食べられています。


かつての植民地や大航海時代にポルトガル人が接触を持った国がそうで、そういった国の中にはポルトガル料理をルーツに持つ料理が今でも広く食べられているようです。
日本にもそういった物があるということをご存知でしょうか?


その答えは、誰もが知っているカステラとボーロです。
原型とされるお菓子と日本のカステラは全く異なる物なのですが、ポルトガル人によってもたらされた物が日本風にアレンジされて現在の形になったと言われています。




Bob Kingsley




ポルトガル料理に欠かせない物


ポルトガル料理を語る上で外せないのが、鱈の塩漬け「バカリャウ」です。
このバカリャウは様々な料理に使われており、ポルトガル料理に欠かせない食材となっています。



日本ではあまり馴染のない食材のため、ぱっと思い浮かぶ人はなかなかいらっしゃらないと思います。
ただ、鱈は日本人も食べなれている魚ですので、バカリャウ料理は割と食べやすいメニューであると思います。


このバカリャウが使われたポルトガル料理としてよく知られているのが、バカリャウ・ア・ブラスです。
バカリャウと玉ねぎ、じゃがいもを細切りにして卵でとじた物。
定番のポルトガル料理の1つとなっています。


その他にも代表的な家庭料理として知られているのがパスティス・デ・バカリャウと呼ばれる、バカリャウを使ったコロッケです。
前菜として定番のメニューであり、ラグビーのボールのような形が特徴的です。




Portugal




お肉もお魚も!


ポルトガル料理には多くの魚介類が使われていると冒頭でも触れたのですが、もちろん魚介類以外にお肉だってたくさん食べられています。



大胆にカットされた大きなお肉のステーキや、ソーセージや白いんげん豆と一緒に牛の臓物を煮込んだポルトの名物料理、ポルト風もつ煮も絶品です。
ポルトガルの腸詰には様々な種類があり、どれも美味しく頂けます。


もちろん魚介類もふんだんに使われており、イワシやタコ、イカ、エビやロブスター、ムール貝や牡蠣もよく使われる食材となっています。
筆者のおススメはカタプラーナと呼ばれる、様々な魚介類をトマトとニンニクで煮込んだポルトガルの鍋料理です。
これは魚介類大好きの日本人には持って来いのメニューであると思います。


ちなみに、ポルトガル料理は意外にも素材の味を楽しむ料理であり、多種多様なハーブや香辛料などが使われている割には“濃い"と感じることはあまりありません。
筆者も実際に食べましたが、確かにな、という感想です。
そういった点も日本人の口に合うと言われる所以なのかもしれません。


和食にも調味料や香辛料は様々ありますが、素材の味を楽しむ料理であり、調味料や香辛料は素材の味を引き出すための物です。
ポルトガル料理も同じなのです。




Chiara Cabrera





まとめ


『魚介類が美味しい!日本人がはまると噂のポルトガル料理ってどんなの??』と題して、ポルトガル料理についてご紹介してまいりました。
いかがでしたでしょうか?




味付けや調理法などは和食とは異なる部分の多いポルトガル料理。
素材の味を楽しむのが好きな日本人がはまってしまうと言われるのにもうなずけてしまいます。


お魚やお肉の料理だけでなく、デザートにもよく知られているメニューは多くあり、エッグタルトはその代表格でしょう。
かつてポルトガルの植民地であったマカオでも定番のデザートですので、実際にポルトガルに行ったことはないけれど知っている!
という人も多いと思います。


その他にもプディン・フランと呼ばれる練乳を使った濃厚な味わいのプリンなど、美味しい物が多くあります。


最近では日本でもポルトガル料理のお店が増えてきており、日本にいながら本格的なポルトガル料理を楽しむこともできます。
もちろん、ポルトガルを訪れた際には本場のポルトガル料理を心行くまで堪能してみて下さい。
きっと、はまること間違いなしです。


それでは、良い旅を!




Meg Zimbeck

2015年10月6日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop