現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

絶対買いたい!ウィーンお土産のおすすめランキング

2585 views

オーストリアのウィーンを今度旅行で訪れます!
お土産になにがいいのかいまいちわからないので教えてください!(大学4年生・女性)


オーストリアの首都である「ウィーン(Wien)」は「音楽の都」と呼ばれています。




世界で最も有名な歌劇場の一つである「ウィーン国立歌劇場」や多くの美術館・博物館もあります。




カフェ文化も根付いており、色々な楽しみ方をすることができる場所です。




そんなウィーンで、お土産を買う際の参考になるような、おすすめ土産をまとめました。




モーツァルト(Mozart)のチョコレート









superscheeli




スーパーでも空港でも、色々な場所で買うことができてばらまき用にぴったりなのが、モーツァルトのパッケージのチョコレートです。




モーツァルトは人気でモーツァルトのチョコレートといっても様々な種類がありますが、定番は丸いボール型のチョコレートです。




「モーツァルトクーゲルン(MOZART KUGELN)」と呼ばれており、中にピスタチオを入れたグリーンのマジパンが入っています。




よく売られておりお手頃価格なものは金と赤の包みの「ミラベル社(Mirabell)」のもので、オリジナルは銀の包みに青いモーツァルトが描かれた「フュルスト社(FURST)」のものとされています。











Heather Cowper




フュルスト社のものは未だにハンドメイドにこだわっていて、美味しいですがお値段も少し高めになっています。




よく見かけ、お値段的にも買いやすいのは機械生産のミラベル社のものです。




綺麗な箱入りのものはお土産用で値段は高め、プラスチックケースのものは中身は同じで値段は安めに設定されています。




両方を食べ比べてみて、好みの方を買ったり使い分けても良いかもしれませんね。




マンナー(Manner)









Patric Jedamzik




1890年創業の老舗お菓子メーカーで、ウィーンでは知らない人がいないほど、地元民に愛されています。




ウエハースが有名ですが、チョコレート菓子や焼き菓子もあり、「モーツアルト・クーゲルン」も自社製品を扱っています。




シュテファン大聖堂の近くには本店があり、イメージカラーであるピンクのボールペンなどのグッズを買うことができます。




定番商品はスーパーでも安く購入することができるので、安く買いたい場合は、スーパーを見るのも良いですね。




スワロフスキー(Swarovski)









foeoc kannilc




世界的に有名な高級クリスタルガラスのメーカーである「スワロフスキー」はウィーンに本店があります。




ばらまき用、とはいきませんが日本よりだいぶ安く購入することができるので、見る価値はあるのではないでしょうか。




置物やアクセサリーの他にもハンドメイド用のパーツや比較的安く買えるボールペンなどもあります。





ザッハトルテ(Sachertorte)









Christian Stangier




チョコレートケーキの代表的存在である「ザッハトルテ」はウィーンに行ったことがなくても聞いたことがあるのではないでしょうか。




古典的なチョコレートで世界各国で食べることができますが、ウィーンの「ホテルザッハー(Sacher)」のものが本場であるとされています。




ザッハーは高級ホテルですが、カフェでケーキを食べたりお土産に購入することができます。











m-louis .




ザッハーと人気を人気を二分する店に「デメル(Demel)」があります。




こちらは洋菓子店で「スミレの砂糖菓子」「デメルトルテ」なども名物として地元民や観光客に愛されています。






ウィーンでのおすすめ土産をまとめましたがいかがでしょうか。




スワロフスキーやザッハトルテなど、聞いたことがあるものも多かったかもしれませんね。




ウィーンへ行ったら、ぜひ本店を訪れてみてくださいね。

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop