現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月3日更新

【スタバ】日本では飲めない!海外にしかないおすすめメニューまとめ

1655 views

海外のスタバ限定のメニューがあることを最近知りました!
どんなメニューがあるんですか?教えてください(大学3年生・女性)

はじめに






すっかり日本でもお馴染みのコーヒーチェーン店になったスタバことスターバックスコーヒー。
日本の様々な都市に出店しており、気軽にコーヒーを楽しむことができるお店として人気をよんでいます。
日本にスタバができて今年でもう19年になろうとしていますが、どの店舗も相変わらずの混雑ぶり。
お茶の時間には席を探してキョロキョロする人を多く見ます。




コーヒーチェーンですのでコーヒーのメニューはもちろん充実していますが、フードのメニューも豊富なところがスターバックスの魅力の1つであると思います。
コーヒーも季節によってその季節限定のシリーズが発売されていたり、フードもそれに合わせて少し変わったりと本当に飽きません。
すっかり日本にも浸透しています。




今回はそんなスターバックスコーヒーのメニューについてご紹介してまいりたいと思います。
スターバックスコーヒーのコーヒーメニューは基本的には世界共通となっている物が多いようですが、中には日本では飲めない、海外にしかないメニューがあるってご存知でしたか?
海外に行った時にしか飲むことのできないメニューについて、まとめてご紹介してまいります。



題して『【スタバ】日本では飲めない!海外にしかないおすすめメニューまとめ』。


それでは、どうぞ!










H.C Huang




海外にしかないおすすめメニューまとめ






では早速、日本で飲むことのできない、海外にしかないおすすめメニューについてご紹介してまいりましょう。



…と、その前に、反対に日本でしか飲めない限定のメニューについてはご存知でしょうか?
いかにも日本的な名前のついているあれです。
そう、それは毎年春頃に出る「桜シリーズ」だそうです。
日本の心である「抹茶シリーズ」については、海外にも一部飲むことのできる所があるのだとか。



これは日本でしか飲めないシリーズですので、海外では飲むことができません。
海外から来た友人は桜シリーズという日本を感じることのできるシリーズに大興奮でした。
その国を感じることのできるメニューというのは、やはり人気なのですね。
少し話がそれましたが、日本で飲むことのできない、海外にしかないおすすめメニューについてみていきましょう。




フロレスタ・ネグラ・モカ・フラペチーノ






まずご紹介したいのは「フロレスタ・ネグラ・モカ・フラペチーノ」です。



これは筆者が愛してやまないブラジルのスタバのメニューなのですが、日本でも置いてくれないかな…と思う程のメニューです。
ダークチェリーとチョコレートのフラペチーノになるのですが、チェリーとチョコレートの相性が抜群で、チェリーの酸味とチョコレートの甘みが混ざり合った風味はクセになってしまいます。
クリスマス時期のメニューとなります。



フルーツ×チョコレート風味のメニューは鉄板で美味しく、以前はヨーロッパの一部地域限定だったオレンジ×チョコレート風味のメニューが日本でも期間限定で販売されていましたね。
ヨーロッパの一部の国ではオレンジ×チョコレートの組み合わせが定番で、人気だそうです。











Leonardo Augusto Matsuda




ヨーグルト・フラペチーノ






続いてご紹介したい日本未発売メニューは、フランスの「ヨーグルト・フラペチーノ」です。



ちなみに「赤の果物のヨーグルト・フラペチーノ」と「バナナのヨーグルト・フラペチーノ」の2種類があります。
赤の果物の方は見た目もほんのりと赤と言うか紫と言うか、なかなか女心をくすぐる見た目をしています。
バナナの方はしっかりとバナナの風味がしており、どちらもさっぱりとしていて美味しいです。



ヨーグルト風味はさっぱり飲めますし、何だか健康にも良さそうということで人気がありますよね。
さっぱりとした口当たりが夏にぴったりですし、デザート感覚で飲めるメニューです。











celine ☆




ヘーゼルナッツ・マキアート






日本にもありそうでない、オーストラリアなどで販売されている「ヘーゼルナッツ・マキアート」。



ヘーゼルナッツの甘くて香ばしい風味がたまりません。
見た目はキャラメルマキアートです。
日本でもカスタムすれば似た感じのドリンクを楽しむことはできます。
ヘーゼルナッツシロップの追加でできますので、気になる人は是非試してみてください。










sumeshbg9




海外にしかないおすすめメニュー~フード編~






スターバックスと言えば、飲物だけでなくフードも注目を集めるアイテムとなっています。
実はこれも世界共通ではなく、一部でしか販売されていない物もあるのです。
こちらでは、数あるメニューの中から日本未発売のフードメニューについてご紹介してまいりたいと思います。




クランベリー・ブリス・バー






これぞアメリカ!という感じのフードです。
ドライクランベリーがたっぷりとトッピングされた、ケーキのようなクッキーのような不思議な焼菓子なのですが、ドライクランベリーの酸味とクリームチーズの甘味が絶妙にマッチしています。
赤と白という、見た目にも華やかなメニューでとても美しいです。
甘さが強めですので、強めのコーヒーによく合うと思います。











tanja van den berg-niggend




ミンス・パイ






「ミンス・パイ」はイギリスでクリスマス期間に販売されている小ぶりのパイです。
濃厚なバターの風味が食欲をそそるサクサクの生地の中には、これでもか!というくらいのレーズン。
パイ生地自体は厚さが薄目なのですが、その中にぎっしりとレーズンが入っています。
シナモンやナツメグ、コリアンダーといったスパイスがとても効いていて、独特の風味が特徴となっています。
レーズン好きにはたまらないメニューです。











Mandy Willard





まとめ






『【スタバ】日本では飲めない!海外にしかないおすすめメニューまとめ』と題してスタバのメニューについてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?



アメリカ発のスターバックスコーヒーですが、今や世界の様々な都市に店舗展開しており、様々な国であのロゴを見ることができます。


日本でしか飲めないメニューがあるように、世界にもその地域でしか楽しむことのできないメニューがあります。



海外旅行に行った際は是非、その国のスタバに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?




その地域でしか販売されていない、日本未発売の素敵なメニューに出会えるかもしれません。


ちなみに、筆者のおススメは中南米のスタバです。


メキシコのスタバはなかなか独自路線を行っていて良いなぁと思いましたよ。


それ以外の国でもなかなかガツンと来るメニューが多いので、とっても甘い物やがっつり楽しみたい人にはおススメです。


それでは、良い旅を!










Ivana Di Carlo

2015年10月3日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop