現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月8日更新

ベルギーのお土産といえばチョコレート!おすすめショップガイド

263 views

ベルギーに今度行きますがお土産のチョコレートをどこで買おうかと調べるとチョコレートショップが多すぎてどこがいいのかわかりません!
おすすめのチョコレートショップを教えてください!(大学4年生・女性)


ベルギーはあの有名な高級チョコレート店「ゴディバ(GODIVA)」に代表されるように美味しいチョコレートのお店がいくつもあります。




ベルギーといえば「チョコレート」というくらい定着しているので、お土産にもやはりチョコレートを期待されることが多いのではないでしょうか。




ですが、ベルギーはどこに行っても美味しいチョコレートがあるので、どれを買おうか迷ってしまうと思います。




そこで、自分用にもお土産用にもおすすめのベルギーのチョコレートショップをまとめました。




ガレー(Galler)









Robyn Lee




1976年に「ジャン・ガレー」によって創業された、比較的新しいチョコレート店です。




ジャン・ガレーは数々のコンクールで受賞をかさね、1994年に「ベルギー王室御用達」に認定されました。




画材のようにカラフルなこちらは、お店の看板商品の一つにもなっているスティックタイプのチョコレートです。




ガレーのチョコレートにはプラリネやムースが入っており、口の中でとろけます。




ベルギーやフランスなどに何店舗かありますが、ブリュッセルには本店があります。




ヴィタメール(WITTAMER)









sakura_chihaya




1910年に「アンリ・ヴィタメール」が創業し、当初はパン屋から始まり、1960年代に3代目がチョコレートを作り始めました。




チョコレート好きの間では「ゴディバより上」といわれることもあり、1990年には日本にも支店ができました。




本職は洋菓子店(パティスリー)で「ベルギー王室御用達」の洋菓子店としてチョコレートの他に、ケーキや焼き菓子も扱っています。




ブリュッセルのサブロン広場にあるお店の二階ではケーキなどを味わうこともでき、観光客に人気の場所になっています。




ノイハウス(neuhaus)







Lancelot Pierre




1857年に、最初は薬とお菓子のお店として創業しました。




当時、原料のカカオは薬と同じで薬剤師が扱っており、創業者の「ジャン・ノイハウス」も薬剤師でした。




チョコレートの美味しさを追求し、二代目になってチョコレート専門店になりました。




その後三代目が焙煎したナッツ類に飴を絡ませてペースト状にした「プラリーヌ(プラリネ)」を世界で初めて作りだしました。




さらにチョコレート専用の「バロタン」という箱も考案し、プラリーヌとバロタンがベルギーチョコを有名にしたとも言われています。





レオニダス(LEONIDAS)









Zazou.ro Topiti dupa cioc…




ベルギーではあちこちで見ることができ、日本など世界で40カ国ほどに進出しているお店です。




日本では高めなチョコレートですが、ベルギーでは比較的安く地元の定番になっており、量り売りもされています。




ベルギーで好きなチョコレートを聞くとレオニダスの名を挙げる人が多いほどの人気店です。





いかがでしたでしょうか?


ベルギーのおすすめチョコレートショップを紹介しました。



残念ながら夏場のお土産にチョコレートは向きませんが、ベルギーはチョコレート好きにはたまらない場所ですね。




高級なものはやはり、こだわっていて美味しいですし、スーパーで買えるチョコレートもレベルが高いです。




ベルギーを訪れたら、自分のお気に入りのチョコレート店を見つけてくださいね。

2015年10月8日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop