現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月7日更新

原宿で大ブーム!ニュージーランドからやってきたクッキータイムとは

1089 views



原宿にあるクッキータイムというお店が人気を博しているようですが、どんなお店なんでしょうか。(大学1年生・女性)



近年、海外で人気のお店が日本に出店することが多くなってきました。


日本にいながら海外で人気のお店を楽しむことができるとあって、行列ができることも珍しくないようです。


オープンしたばかりだと数時間待ちのブランド店もあるのだとか。



ニュージーランドへ行ったことがあればご存知の人も多い、「クッキータイム」。


実はこのお店も日本に上陸しているのです。


場所は若者の街、原宿。




今回はこのクッキータイムについてご紹介してまいります。



Vinay Bavdekar


クッキータイムとは?




日本に上陸したクッキータイムをご紹介する前に、まずは本国ニュージーランドのクッキータイムについてご紹介してまいりましょう。


クッキータイムはニュージーランドで人気のクッキーメーカーです。


無添加・無着色、オーガニックにこだわったクッキーで有名であり、ニュージーランドではいたる所で目にすることができます。




パッケージにはクッキータイムのキャラクターである「クッキーマンチャー」が描かれているのですが、そのデザインはまるでクッキーを頬張っているようなデザインとなっています。


そしてこの独特のデザインのパッケージに入ったクッキーは、ホテルのルームバーや大概のスーパーには並んでいるという、ニュージーランドでは何ともメジャーな商品なのです。


肝心のクッキーはと言いますと、バターの味がしっかりするクッキーには大粒のチョコチップがゴロっと入っていて食べごたえは十分です。



パッケージを開ける前から甘い匂いが漂ってきそうな、そんなクッキーです。


ちなみに種類は豊富で、どのフレーバーにしようか迷う時間もとても楽しいものです。


クライストチャーチから車で20分程の所に本社工場があり、そこにもショップが併設されています。



ちなみにこちら、割れたクッキーをお得なお値段で購入することができるため、大変人気となっています。


ちなみにショップ内でコーヒーを飲むこともでき、購入したクッキーを一緒に食べることもできます。



Brenda Anderson







日本初上陸!クッキータイム


それではいよいよ、日本初上陸となったクッキータイムの第一号店である原宿のお店についてご紹介してまいりましょう。


2013年の冬にオープンしたクッキータイム原宿店は、オープンしてから1年以上経った今も多くの人で賑わっています。


週末ともなればその賑わいは一段と増すとのことでした。



ちなみにこの原宿店、クッキータイムの海外初進出店だそうです。


以前からクレープなどの「食べ歩き」の文化が浸透していた原宿で、このクッキータイムは瞬く間に人気となりました。


一番人気のメニューは定番のチョコレートチャンク。




表面はカリッ、中はしっとりの甘い生地に、これまた甘いチョコレートがゴロッと入っています。


なかなか食べごたえのあるサイズであり、チョコレートもしっかり入っているので1枚食べると結構お腹がいっぱいになります。




気になるお値段ですが、ミニサイズが1枚80円~です。


食べごたえのある大きなサイズは1枚240円~ですが、たくさんのフレーバーを楽しみたい人はミニサイズで数種類、お気に入りを思う存分楽しみたい人は大きなサイズでしっかりと堪能…という買い方がオススメです。


お手頃なお値段で焼き立てのクッキーを楽しめるというのは甘い物好きな人にとっては嬉しいかぎりでしょう。




このクッキータイム原宿店はクッキー以外のメニューも充実しています。クッキーでアイスを挟んだ物やサンデー、そしてシェイクなども楽しめます。


もちろんコーヒーやアイスティーなどのソフトドリンクもありますので、お茶をするのにもぴったりです。


テーブル数が少ないので混雑時にイートインするのは難しいかもしれませんが、駅から程近い立地であるため、待ち合わせなどにも使えそうです。



Moira Clunie






いかがでしたでしょうか。


筆者はクッキーが大好きで、もちろんこのクッキータイムのクッキーも大好きです。


海外のクッキーらしく大判の、外側はかりっとしていて中はしっとり、とっても甘くてチョコレートやフルーツがゴロゴロ…というところも心惹かれる点なのですが、クッキーマンチャーの愛らしいパッケージも心惹かれる点となっています。




この原宿店でクッキータイムのクッキーの美味しさを知ったなら、是非次は本国ニュージーランドで思う存分クッキーを楽しんで頂ければと思います。


その時は本社工場へ行ってみることをオススメします!



Thomas Hawk

2015年10月7日

written

by tabisapo


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop