現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月4日更新

沖縄の人気スポット"青の洞窟"で神秘的な美しい空間を堪能しよう☆

167 views


沖縄に旅行に行くのですが、せっかくなら自然の神秘を味わえるスポットに行きたいです。
どこかオススメはありませんか?(大学2年生・男性)
画像出典:ダイビングリゾートオキナワ

青の洞窟を知っていますか?




沖縄県恩納村の真栄田岬にある洞窟です。




神秘的な青の世界に魅せられ、日本中からダイビングやシュノーケリングを目的とした観光客が集まります。




今回、「青の洞窟」の魅力と楽しみ方を探っていきたいと思います。




アクセスの良さ


青の洞窟の魅力の1つに、アクセスの良さが挙げられると思います。


沖縄本島の恩納村にある「真栄田岬(まえだみさき)」に青の洞窟はありますが、那覇市内から1時間位の距離です。


那覇から高速道路を使うなら、「石川IC」で降ります。高速道路を使わない場合は国道58号で北上します。


名護からも、車で1時間位、こちらは南下します。那覇空港からも1時間半。180台収容の1時間100円の駐車場もあります。


綺麗なシャワー設備や、180台収容の1時間100円の駐車場もあります。


ツアーやショップなどでは、恩納村の真栄田岬の駐車場に集合して行く事が多いようです。


青の洞窟へは、この真栄田岬から、100段近い階段を上り下りして、洞窟に入ります。ダイビングスポットの多くは船での移動が必要な事を考えると、船の苦手な人にはとてもありがたい事ですね。


又は、階段を使用せず船で移動する方法もあります。(ツアー等に含まれます)





画像出典:沖縄青の洞窟




住所:沖縄県恩納村真栄田469-1


①那覇市内 約1時間
②那覇空港 約1時間30分
③石川インターチェンジ 約15分




何と言っても美しさ




画像出典:沖縄青の洞窟



真栄田岬は、景勝地としても有名なのですが、白い砂浜のビーチではなく、断崖絶壁なんです。


真栄田岬の崖を整備された階段で降りていくと海中に続く洞窟が出現します。


洞窟内には自然が作りだした神秘的な光景がひろがり、 手軽にツアーに参加できることから、今、沖縄で一番 人気のあるスポットとなっています。


青の洞窟が青く光るのは、太陽の光が洞窟に差し込み、その光が海底に反射して水面を青く光らせているからです。


青の洞窟内の海底は、石灰質を含んだ砂地(白い砂地)となっているため、太陽の光をよりきれいに反射させる重要な要因の1つとなっています。


地形や砂、太陽の光など様々な自然の偶然が重なり合って生み出された光景は、言葉では表せないほど幻想的で神秘的です。


また洞窟内には、様々な生物も生息していて、キンメモドキやリュウキュウハタンポの群れなどに遭遇できることもあります。




シュノーケリングで手軽に楽しむ




画像出典:沖縄青の洞窟



シュノーケリングは、水中メガネや、シュノーケル(水中に顔をつけたまま呼吸をするための用具)、フィン(足ひれ)を装着した状態で、海中をのぞき込みながらプカプカ水中を散策するマリンスポーツです。


深く潜る事は出来ませんが、子供でもちゃんと指導してくれて参加出来るショップもあります。


道具もショップで貸してくれますし、ボートで洞窟まで連れて行ってくれる方法を選べば、より楽に楽しめます。


水と光が織りなす美しさを味わえ、又、青の洞窟にいる魚達は人に慣れているので、魚達の方から寄ってきてくれます。


餌付けも楽しめます。




ダイビング





画像出典:沖縄青の洞窟




青の洞窟は、沖縄のダイビングスポットとして最も人気のある場所の1つ。


深度もさほど深くなく、初めて沖縄でダイビングをする方には絶好のスポットです。


青の洞窟は、サンゴの種類が豊富で、そこで暮す魚たちは人に慣れています。


そのため、「魚たちが物陰に隠れてしまって、全く魚を見る事ができない」というケースは殆どありません。


海の美しさだけでなく、生き物たちをたくさん見ることができるというところが青の洞窟が人気の理由です。


ダイビングは様々な機材を使用しますので、基本的にはライセンスが必要です。


でも、体験ダイビングであれば、ライセンスも機材も持っていなくてもダイビングが出来ます。


インストラクターと一緒にゆったりと楽しむことが出来ますので、安心です。


水中カメラやビデオをレンタル出来るサービスもありますので、美しさをその目や心だけでなく、形として残せるのは嬉しいですね。




夜光虫ツアー




画像出典:沖縄青の洞窟




3月~10月のみ開催になりますが、夜光虫を青の洞窟で見るなんてツアーもあります。


夜光虫は水中に無数に居るプランクトンの仲間です。通常目では見る事が出来ないほど小さな生物ですが、水に振動を与えると一瞬の間、青白く発行するプランクトンです。


条件が良い時には、手をひと掻きするだけで100匹以上の夜光虫を見る事が出来ます。


沖縄では一年中見る事が出来ますが、水温がやや高い季節に多く見る事が出来ます。


昼間と違い、外からの光の射さない青の洞窟の中で、夜光虫の光だけが輝く、神秘的な世界を味わう事が出来ると思います。


又、昼とは違う夜行性の動物たちの生態を見る事も出来ます。


洞窟から出れば満点の星。


きっと忘れられない思い出を作る事が出来るでしょう。


このツアーはシュノーケルと、ダイビング両方あるようですので、ショップなどにお問い合わせ下さい。





青の洞窟いかがでしょうか?


青の洞窟の魅力や楽しみ方、挙げてみましたが、チャレンジしてみたいものはありましたか?




ダイビングは基本的にはライセンスが必要ですが、体験ツアーであれば初心者でも参加出来ます。




又、シュノーケルでも、ダイビングでも、機材はショップ等でレンタル出来る所が多いので、前もって確認しておけば、水着とタオルとサンダル位の準備で楽しむ事が出来ますので気軽に体験出来るようです。




青の洞窟では、餌をあげれば寄って来るそうなので、魚に囲まれた写真を撮って貰うのもいいですね。




旅行会社やショップを選ぶ際に細かく聞いて、最高の思い出を作って下さいね。

2015年10月4日

written

by ichaman


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop