現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月4日更新

楽しさ500%!沖縄の美しい海でやってみたいマリンスポーツ5選

90 views

今度スポーツ好きのメンバーで沖縄に行きます!
マリンスポーツに挑戦したいと考えていますが、どんなものがありますか?(大学2年生・男性)


画像出典:ODAY




青い空と青い海、美しいこの沖縄の海でやってみたいマリンスポーツを5つ選んでみました。




外国のリゾート地と見紛うようなこのビーチでは、いろんなマリンスポーツが体験出来ます。




今回はシュノーケルとダイビング、サーフィンは王道スポーツで当たり前の物として、それ以外の体験してみたいマリンスポーツを選んでみました。




カヤック&カヌー


まずはおとなし目に、カヤックとカヌーです。


カヌーとカヤック、呼び方の違いであまり厳密につがいはないそうです。


3歳から参加出来るそうですから、女性にも参加しやすいでしょう。


服装も水着や短パンの上に長袖(の方が良いようです)、帽子、サングラスにサンダルと比較的軽装です。


いくらボートでも、濡れるのは覚悟です。


沖縄のカヤックは渓流下を楽しむ本島の船遊びではなく、海の美しさを楽しんだり、マングローブの林の中を進んだり、無人島に上陸したりと、まるで外国で、冒険を楽しむようなことが出来ます。




シーカヤック



画像出典:ACTIVITY JAPAN




写真のようにスケルトンのカヤックもあって、海の中がよく見えます。


スケルトンでなくても、カヤックだと水面が近いので海の中が良く見えるそうです。


初心者でも、最初にパドリング講習をしてくれるのですぐに漕げますし、一人乗りばかりではありませんので親子やカップルでの参加も安心です。


沖縄でのカヤックの楽しみ方は実に多彩です。


カヤックで離島や洞窟を探検するツアー(離島上陸も)、カヤックとシュノーケリングのツアー、カヤックと釣りのツアー、ナイトツアー等、ショップによって多彩展開しています。


特に青の洞窟でのシュノーケリングとコンビのツアーなど、とても人気だそうです。




マングローブカヤック



画像出典:たびらい




こちらは川が中心なので、マリンスポーツと言えるかな?とは思いますが、沖縄ならではの人気のツアーなんです。


亜熱帯ならではのマングローブが繁茂する川を、カヤックでゆっくりとパドリングして進みます。


シーカヤックと比べ、波の影響を受けにくいので初心者でも安心です。


沖縄特有の貴重な動植物の観察をするエコツアーとしての側面もあります。


現在沖縄県内には、200件近くのカヤックショップがあるそうですが、その多くがダイビングショップに併設されたものだそうです。


それは、沖縄のマリンスポーツがダイビング中心に発展して来たという事にあるようです。


ショップを選ぶ時には沖縄県カヤックガイド協会に登録している団体かどうかを確認するのも、安心の基準になるかもしれません。(現在、加盟業者は67事業者)


沖縄県カヤックガイド協会http://kayakguide.ti-da.net




シーウォーカー



画像出典:沖縄のあそび




シーウォーカーは、空気を送ってくれるチューブのついたヘルメットを被り、海底を歩くというアクティビティです。


海底を歩くので、泳げなくてもOK!


さらに、大きめのヘルメットを被るので、眼鏡やコンタクトをつけたままでも大丈夫。


ヘルメットの中は濡れないので、お化粧も取れませんし、髪も濡れません。


ダイビングNGのお子さんんも、8歳から参加OKです。


ポイントまでボートで行き、ヘルメットを被って海底に降りると、美しい沖縄の海の中やお魚に囲まれた世界を堪能出来る人気のスポーツです。






パドルサーフィン(スタンドアップパドルボード)



画像出典:シーナサーフ




パドルボード(SUP)は、サーフボードの上に立ったまま乗り、オールを使ってパドルする(パドルで漕いで進む)最近話題のアクティビティ。


サーフィンと違いボードに立ったまま海の上を進むので、まるで水面を歩いているかの様な感覚を楽しめます。


波のない穏やかな海や川でも楽しめるので、泳ぎが苦手という方でも安心。
また、サーフィンと比べゆったり楽しめるので、のんびり海上散歩をしたい方におすすめのアクティビティです。


遊び方はいろいろ!


のんびりと洋上クルージング、気に入ったポイントでシュノーケリング、釣りをする事も出来ます。


無人島や洞窟、マングローブの林の中へ探検に向かうプランもあります。


お子様からご年配の方まで、年齢・性別を問わずボードスポーツ初体験の方でも楽しめる新しい海遊びです。


パドル(オール)を使うことで上半身、 不安定なボードの上でバランスを取ることで下半身を鍛えるなど、 全身の筋肉を効果的にインナーマッスルから鍛えることも出来て、 ダイエットや足腰のシェイプアップ等のエクササイズとしても広く浸透してきました。




パラセーリング



画像出典:サラダツアー




専用ボートで引っ張られるタパシュートに付いたブランコに乗って30メートル以上の青い空での空中散歩はコバルトブルーの海一面が見渡せ最高の開放感と感動を味わうことができます。
基本的には4歳(身長120cm)以上から参加可能です。
パラセーリング専用ボートは、ウインチを搭載しているのでゆっくりにロープが伸びていき、戻って来る時も、ロープを巻きあげボートの後方デッキに到着するので、基本的には海につかることはありません。
※安全上まれに海に着水する事もありますので、濡れても良い服装でのご参加をおすすめします。
空中散歩は約10分位ですが、1〜3人で一緒に乗る事が出来ます。
仲の良い仲間で最高の瞬間を思い出にしてみませんか?



フライボード



画像出典:asoview



フライボードはフランス発祥の最先端マリンスポーツ。
水上バイクの強力な出力で水中・水上を自在に舞う、エキサイティングなウォータースポーツです。
初心者でも5分ほどの練習で浮遊に成功し、操作次第では海面9mもの浮上も可能になります。
CMやバラエティでで話題沸騰、アメリカではプロ選手権がおこなわれるほど人気となっています。ライフジャケットを着用するので、泳げなくても大丈夫。
力も不要。
女性や初心者でも出来ます。
インストラクターがアクセルを操作し、高さ制限をしながら安全に空中に送りだします。
危険度は極めて低いマリンスポーツです。
空を飛び、海を見下ろす快感を味わいませんか?




マリンスポーツの新しい風


沖縄は他ではなかなか体験出来ない最新のマリンスポーツが体験出来るスポットです。



今回挙げた5つのマリンスポーツの他にも、フライボード、潜水スクーター、フライフィッシュ、ラディン等、続々と新顔が登場していますが、初心者でも体験しやすい物を紹介してみました。


沖縄に行って挑戦してみたくなりましたか?

2015年10月4日

written

by ichaman


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop