現在17272個の困ったを解決できます!

2016月10月26日更新

彼氏がついついテンション上がってしまう!!彼女のキュンとする甘え方7選

341876 views

彼氏に上手く甘えられません・・・喜ばせられるような上手な甘え方を教えて下さい!(大学2年生 女性)



笑顔で彼氏に甘える彼女


© WavebreakmediaMicro - Fotolia.com




男の人は彼女に甘えられると嬉しいものです♪


でも、どうやって甘えたらいいのー?って悩んじゃう女の人もいますよね?


なので、男の人がついついテンションあがっちゃうような甘え方を7パターン紹介します!!




1.自分から彼の手をつなぐ


二人で一緒に歩いている時にさりがなーくあなたから彼の手をギュッて握りに行ったら彼も嬉しいに決まってます!


手を彼女とつなぎたいけど、なかなか自分から彼女の手をつなぎにいけない男の人もいますから、あなたから手をつなぎに来てくれたら嬉しくてたまらないはずです!


そうじゃない男の人でも、手をつないでくれたらキュンとくるでしょうし、その手をつないだあとにニコっとスマイルしてあげたら可愛くってたまらないはずです♪






2.彼の洋服の袖などをクイっと掴む


王道ですね!ですけどやっぱろ可愛いですよね!


彼が歩くのがちょっと早いときに「ちょっと待ってよぉ~」と可愛く言われたら彼の心をズキュンと狙い撃ちですよ!


服の裾を持たれるのも可愛いですけど、頼られるのも男の人は大好きなのでダブルパンですね!




3.朝、目覚めたときにくっつく


二人で寝て、朝目が覚めてまだ寝ぼけながらもモニョモニョしながらピトーっとくっついてこられたら男の人は嬉しいそうです!


朝の目覚めから彼女がくっついて甘えてきたら、たまりませんよね♪


きっと男の人は至福の時でしょうね♪




4.寂しい、早く会いたい、もっと一緒にいたい、など素直に言う。


これは言い方によっては凶とでるので気を付けてください!


彼との予定がまだまだ先な時に「寂しいよぉ~早く会いたいな♪あと一週間お互い仕事がんばろっ♪」みたいなプラスな言い方なら相手も言われてもイヤな気分はしないはずです。


「なんで一週間も会えないの?寂しいよ!」では相手が仕事が忙しいから会えないという理由化もしれませんから、ただの面倒くさい彼女になってしまいます!


なのであくまで気持ちを伝えるだけで、「なんで?」など聞かないようにしましょう!




そして、デートの別れぎわに「もっと一緒にいたいよぉ~」も言われたらカワイイですね♪


がしかし、デートの時に毎回言っていたら相手も困ってしまいますし、面倒くさい彼女になってしまうので、本当にたまーに「もっと一緒にいたいな」ってポロっと言ってみましょう♪




おすすめは相手が次の日、仕事など特に予定がないであろうとわかってる日がおすすめです♪


「しょぉーがねぇーなー。もうちょっと一緒にいるか♪」って流れを見据えて。笑






5.胸などが彼にくっつくくらいギューっとくっつく


彼氏の背後からガバっとギューとすると自然と胸もくっつきますよね!


ギューッとされるだけで嬉しいものですが、胸もくっつくことにより男の人は嬉しさ倍増なのです!


彼がテレビを見ているときに、むじゃきに後ろからくっついてこられたらカワイイですよね♪






6.キスを自分からおねだりする


いつもいつも彼女側からだと可愛さありませんが、あまり自分からおねだりしてこない彼女が


「チューしてほしいなぁ~」とか言ってきたら彼氏はスイッチONでやる気満々になること間違いなしです。(笑)


男の人は彼女に頼られたりお願いされると優越感で嬉しくなってしまいますし、ましてやそれが「キス」だったら男の人は嬉しくてたまりません!







7.電車やベンチに座っている時に彼の肩にもたれかかる


二人で座っているときに、さりがなく彼の肩にもたれかかるんです♪


さりげないボディータッチですけど、なにげない状況でもくっついてくるのが嬉しいようです♪




その状態でお喋りするのも可愛いと思います!肩にもたれるくらいならイチャイチャとも周りから見られませんし、良いと思います!!










いかがでしたでしょうか。




女性の小さな仕草ひとつでも、男性はテンション上がってしまいます。


男性は女性から何かをされることをとても喜ぶので、恥ずかしがらずやってみると、彼氏に喜んでもらえると思います。


ただし、常にやっていると鬱陶しく思われるので、ほどほどにすることをお勧めします。




二人の素敵な時間を過ごしてくださいね。

2016年10月26日

written

by みんくす


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop