現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月10日更新

部屋のニオイが気になる方に!簡単な消臭対策5選

1839 views



今週末友達を呼んでうちでホームパーティをします。気になる男特有の臭いを消す方法を教えてください!(大学3年生・男性)






なんだか臭い。と部屋の匂いが気になる人のための基本的な消臭対策です。


部屋のニオイ簡単な消臭対策




匂いのもとを特定する



一番大切なのが、匂いのもとをきちんと特定することです。何が匂っているのか分からなければ対策も立てられません。


そこでまずは外に出ましょう。一度家の外に出てしっかりと深呼吸をしてからもう一度家に入ってみましょう。


どこからどんな匂いがしていますか?自分の家・部屋からはどんな匂いがしますか?


普段は麻痺してしまって分からない匂いも客観的に集中して嗅いでみることで気づけるかもしれません。もちろん誰かに協力してもらって嗅いでもらうことも良いですが、客観的に自分の部屋の匂いを感じる癖をつけておくことは、消臭対策として大切なことです。




換気をする



換気をするというとなんだそんなことかと思われるかもしれませんが、消臭対策として、一番簡単で効果があるのが「日常的に換気をすること」です。


空間に漂う匂いの粒子が匂いのもとで、それが布類など付着しやすいものについて消えづらい匂いとなります。


では、何かに付着する前に換気で外に出してしまえばいいのです。まずは換気を毎日10分でいいからしてみましょう。




ものの匂い



では付いてしまった布製品はどうすればいいか。単純に洗濯して清潔を保ちましょう。


カーテン・布団・ソファ・座布団・洋服など、ひとつひとつは大した匂いではないかもしれませんが、合わさると結構な匂いになってしまいます。


洗濯物を溜めない、カーテンやカバー類をきちんと洗濯することが大切です。


ラグや座布団などもできるだけ洗濯対応のものをそろえましょう。手軽に自宅で洗濯できるということが何より臭いにおいを放置させないコツです。




ゴミの管理



匂いのもとで一番強い匂いなのがゴミです。しかし、きちんと対策さえしておけば大丈夫です。


まずは生ごみを放置しないこと。キッチンシンクの排水溝の受け皿や三角コーナーにネットを付けて放置しておけば、確実にそこから匂うだけでなく、コバエの発生源になってしまいます。


そもそも、古いマンションなどでは排水溝から上がってくる匂いがある場合があります。排水溝には専用のクリーナーを使うしかないとして、そこに生ごみ臭を加えてしまわないことが大切です。


そこでとれる対策は2つ。


一つは生ごみを冷凍してしまうことです。冷凍すれば匂いは発生しません。自炊で出た野菜くずなどならすぐにビニールに入れれば衛生的な問題もありません。


しかし、問題は冷凍庫には限りがるということと、腐った野菜や冷凍庫に入れたくないものはどうするのかということです。


そこでもう一つの対策が、密閉型のゴミ箱を使うことです。



http://item.rakuten.co.jp/livingut/4974908640636/


このような、匂いをシャットアウトしてくれるタイプのゴミ箱は大変有効です。


本当に匂いを遮断してくれるので、ペットのゴミ入れや赤ちゃんのオムツ用にも使われているようです。


しかし、油断しているとゴミ箱自体に匂いがついて開けるたびに異臭が!ということもありえますので、こまめに洗浄することが大切です。





ほんのり香らせる



消臭したら次は香らせましょう。空間をやさしい匂いに変えてしまいたいならこれです。



http://item.rakuten.co.jp/labbing-store/10005340/


まずはアロマディフューザー。


精油を使い、空間自体にいい香りを漂わせることが可能です。


精油はそれぞれ効能などもあるので調べてみると面白いです。例えばグレープフルーツはやる気を、ラベンダーは安眠を、などその時の自分の調子に合わせられることは嬉しいですね。



http://item.rakuten.co.jp/satya-do/01-002-e/


お香です。インド香と呼ばれるもので、特にチャンダンは定番で誰にでも好かれる香りです。


気を付けたいのはものによってはかなり強い香りのものもあるので、実際に店舗などで嗅いでみて決める方がいいでしょう。




http://item.rakuten.co.jp/aimere/1243/

こちらは紙のお香「パピエダルメニイ」です。

フランスのお香で空気清浄効果があるとされています。紙なのでかなり簡単に扱えるのも嬉しいところです。


「香らせる」ということで一番重要なのは何か一つに絞るということとやりすぎないということです。嗅覚というのは長時間いることで麻痺します。


自分がいい匂いだと思っていても実際には強すぎたり、いろいろな匂いが混ざって気分が悪くなったりということもないわけではありません。


きちんと清潔を保ち、匂いのもとを断ち、ほんの少し香らせるということが一番良いバランスなのではないでしょうか。


どうでしょう?試せる対策はありましたか?


きちんと消臭対策をとることで友達を呼んでも恥ずかしい思いをしなくて済む、居心地のいい部屋を作りましょう。

2015年3月10日

written

by imakyu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop