現在17272個の困ったを解決できます!

2016月10月6日更新

手書きメッセージで愛を伝えよう♡女性が喜ぶ名フレーズ15選

144926 views

記念日なのですが、彼女の思い出に残る方法は何かありますか?(大学3年・男性)




彼女への記念日プレゼント


© sarajyu - Fotolia.com







メールやラインが、恋愛ツールの一つになっている今、大事な日に、大事な時に、大事な人に、大事な気持ちを「手紙」で伝えてみませんか。









「手紙」は、削除できないし、捨てない限り必ず手元に残っていてくれます。メールやラインを保存しても、携帯電話の機種変更をしたら、大事なメッセージも消えてなくなりますよね。









忘れてほしくない、ここぞというときに書く「手紙」、女性が最高に喜ぶメッセージをご紹介しちゃいます。










彼女の誕生日。花束と一緒に。








大事な彼女の誕生日。プレゼントはどうしようと、そればかり考えてはいませんか?もちろん,プレゼントはもらって嬉しいです。でも、プレゼントと一緒に、手紙と小さな花束と一緒に渡してみませんか。









手紙は、小さなメッセージカードだけでもいいんです。手書きで「おめでとう」と一緒に気の利いた言葉を書くだけで、彼女は喜びますよ。









「一緒に祝えて嬉しいよ。」








「来年も一緒に祝おうね。」








「大好きだよ」








というストレートな優しい言葉も、彼の字で書かれていると嬉しいですね。









「来年の誕生日も、俺のそばにいろよ。」








「来年も俺が祝ってやるから!」








いつもは優しい彼が、メッセージに「俺が」「〇〇しろよ」という男性的な言葉が書いていると








そのギャップにキュンとしますよね。









「〇〇年後の君も祝いたいな」








「今日だけじゃなく、毎日幸せにするからね」








なんていう結婚をほのめかすメッセージもキュンとします。










自分の誕生日。彼女へサプライズの手紙。








彼女からプレゼントをもらったり、一緒に祝ってもらったら「ありがとう」の一言と一緒に、彼女への想いを込めた手紙を渡してみませんか。









「俺の誕生日に一緒にいてくれてありがとう。」








「一緒にいれてスゴク嬉しい。」








「今までで一番幸せな誕生日だよ。」








というお礼の言葉は、大事ですよね。どれだけ嬉しいかを素直に書きましょう。









「大好きな〇〇に祝えてもらえて俺は幸せ。俺も〇〇を幸せにするからね。」








「〇〇が俺の彼女で幸せすぎる。これからも〇〇をずっと守るから。」








「今日みたいな日が、ずっと続くように〇〇を大事にするから。」








お礼の後は、普段恥ずかしくて言えないことを、思い切って書いちゃいましょう。








彼女は、まさか彼の誕生日に手紙をもらえるなんて思わないから、すぐに友達に自慢しちゃうかもしれませんよ。何よりも、嬉しくて、感動するはずです。







記念日やクリスマス。プレゼントと一緒に






記念日や、クリスマスは恋人がいるならではのイベント。
一緒に迎えれる喜びを伝えましょう。



「〇〇と過ごした一年はとっても幸せでした。来年も一緒に迎えよう。」


「付き合った時より、もっともっと好きです。」


イベントならではの工夫も加えるとさらになお良しです。









大事な想いは,形に残そう。








「手紙」や「メッセージカード」は、形に残ります。もらった人が捨てない限り、ずっと存在しているものです。「手紙」は、薄いのでスケジュール帳に挟んだり、日記に挟んだり、持ち歩けるので、もらった人が読みたいときに、すぐに読める優れものです。









字を書くのが苦手だから、字がへたくそだから、という理由があったとしても、メールやラインの何倍もの想いが伝わります。どんな字でも、丁寧に書けば、彼女にその熱意は伝わります。彼の字から、彼の声が響いてきますよ。








もし結婚して何年もたってから、そのときの手紙が出てきたら、昔の熱い想いを思いだしたり、懐かしく思えるんではないでしょうか。二人で、当時を思い出して盛り上がったり、子供に見せて自慢したり、一人読んでニヤニヤしちゃったり、良い思い出にもなりますね。何よりも、今も昔も幸せだなと、改めて、お互いの存在が大事だと、認識しなおせるかもしれません。







「手紙」を書くときは、くれぐれも、誤字をしないようにしてくださいね。メールの変換機能に慣れているので、実は最近の人は、漢字を書くのが苦手になっているんです。
ちょっとした間違いならくすっと笑えて可愛いものですが、名前や日付、思い出の場所などを書き間違えては一気に冷めてしまいます。
不安な漢字は、すぐに調べて、恥ずかしい手紙を彼女に渡さないようにしましょう。




それでは、思い出に残る1通ができますように。

2016年10月6日

written

by ぱあこはな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop