現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月27日更新

嫉妬深い女性は嫌!男性が思う「直して欲しい彼女の性格」6選

3935 views



彼氏に嫌いになったって言われてしまいました。何がいけなかったのでしょうか?教えてください。(大学1年生・女性)






涙を流す女性


男性の価値観や考え方について、女性にとっては永遠のテーマといっても良いほど全てを理解するにはとても難しいものです。
男性が女性のどんなところを好み、嫌うのか、これを知っているだけで今後のあなたの恋愛は大きく変わってきます。
あなたは無意識にこんな“女”になっていませんか?
男性が直して欲しいと思う彼女の性格を6つご紹介します。



 

1,強く束縛する



優しい彼にメールや電話を1日に何回も要求したり、彼のSNSをのぞき見て、彼の友達に嫉妬したり、彼に八つ当たりしてはいませんか?
彼も大好きな彼女のリクエストには出来るだけ応えたいと思いつつも、これがずっととなるといずれ彼にとっては重荷となります。じわじわとこの重荷は彼を苦しめていきます。
常に自分の動向を監視されているのも、いくら彼女とはいえ受け入れがたいものです。
彼のことが好きだからこそ気になってしまう、そんな女性は多いはずです。
しかし、彼が忙しくて会えない時には、あなたも何かに集中して取り組むチャンスです。
恋愛と自分の時間のバランスをうまくとり、どちらも充実させる素敵な彼女になりましょう。

 

2,ネガティブ思考



自分を必要以上に貶めたり、自信が無くて何に対しても消極的な態度をとってしまってはいませんか?
彼には素直な自分を見せられると思っていても、彼の方からしたら一緒に居ても楽しい時間は過ごせません。
たとえ自信が無くても、その不安を口に出すのを止めてみましょう。
失敗か成功か、結果なんて二の次です。2人でプロセスを楽しんでください。



 

3,恥じらいが無い



時と場所にふさわしくない音量の声で話をしたり、慣れからおならやげっぷをしても平気な様子でいたり、ハンカチを忘れて洋服で手を拭う様な女性です。


声がもともと大きい方はハンカチや手で口元を覆い、声量を調節しましょう。とてもおしとやかな女性に映ります。
生理現象は健康を害する事もありますので、決して我慢する必要はありません。ただ、彼への配慮を忘れてはいけません。『失礼しました。』と恥ずかしそうに一言添えるだけで、女性らしい印象を与えます。
ハンカチを忘れてしまった時の為に、ポケットティッシュなど代用出来るものを必ず忍ばせておくと助かりますよ。道で配っているティッシュをもらっておいて、中身だけ抜いてポーチにしまっておくのもいいでしょう。



 

4,悪口をいう



男女問わず、悪口は横で聞いていて良い気分にはなりません。
悪口で長時間盛り上がって話が出来るのは女性だけです。
男性は女性と悪口を話して一緒に盛り上がることはありません。
むしろ、悪口を言っている女性は男性には醜く見えます。。
大好きな彼女がそんな醜い女に成り下がるなんて、彼氏には耐えられないでしょう。


可愛い彼女でいたければ、悪口よりも明るい前向きな会話を心がけましょう。
また、どうしても彼に話したければ相談という形で、客観的に話をすると耳を傾けてもらえそうです。



 

5,頑固である



頑なに自分の意見を貫き通す女性は、男性の入る隙を与えません。
ポリシーは曲げる必要はありませんが、他人のアドバイスには耳を傾ける努力をしましょう。
しっかりとアドバイスは受け入れた上で思考し、そのうえで決断すればいいのです。
また、譲れるところと譲れないところの線引きは大切です。
あなたの希望通りでなくても何も問題が生じないような場合は、彼の意見を聞き入れ、彼を立てるように努めると彼にとって可愛い彼女でいられます。



 

6,お金に執着する



お金は天下のまわりものです。
お金は大切ですが、執着すると良いことはありません。


ついつい損得勘定で物事を判断してはいませんか?
お金を基準に物事を判断していると、彼のこともそうやって選んだのかと誤解されることになりかねません。
あなたの価値観を見直して、普段から意識して改めてみましょう。
ひとつひとつの選択は小さくても、辿り着く先は大きく違ってくるものです。


彼氏の為に自分の信念を曲げる必要はありませんが、普段のひとつひとつの所作や配慮の違いであなたの印象はがらっと変わります。
あなたが生活の中で無意識にしてしまっていること、彼は意外にも厳しい目で見ています。
彼の前ではいつでも愛らしい彼女でいたいものですね。

2014年6月27日

written

by ringorin


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop