現在17271個の困ったを解決できます!

2014月7月18日更新

今話題!痩せ体質になれる体幹トレーニングダイエットの方法

432 views

最近体幹トレーニングという言葉をよく聞きます。このトレーニングを使ったダイエット法を教えてください!(大学1年生・女性)


トレーニングをする女性

© taka - Fotolia.com

 

最近「体幹」という言葉をよく耳にしませんか?スポーツ選手の口からもよく聞く体幹トレーニング。このトレーニングはダイエットにもとても有効です。


そもそも体幹って何?どんなトレーニング方法で、どうやったらダイエットに効くの?と思っている方も多いのではないでしょうか。


ここで体幹トレーニングを知り、健康的に痩せ体質になってリバウンドの恐怖から脱出しましょう!



 

体幹が注目され始め、私達もよく目や耳にするようになったのは最近です。


しかし昔から武道やバレエの世界では体幹を重視した稽古やレッスンを行っています。


これは体幹が安定していると手足が自由に使え、動きが多彩になるからです。体幹を鍛える事は動作にも大きく影響してきます。




体幹とはどこの事を指しているのか



体幹とは文字通り体の幹になる部分を言います。


簡単に言うと、頭、手、脚を抜いた胴体と言われる部分をさします。


腹腔と呼ばれるお腹のあたりの部分だけを指す場合もありますが、正確には腹腔と胸腔(肋骨で覆われている部分)を合わせて体幹と呼びます。



 

体幹トレーニングをして効果が見えやすいのはお腹周りです。


腹腔の深層部にある筋肉を鍛えると骨格がない為効果が見えやすく、サイズダウンが早いのです。


また体幹を鍛えると姿勢が正しくなり歪みがとれる為、腹圧が上がりぽっこりお腹が解消されます。


体の歪みがとれ、体幹部分の筋肉が鍛えられると代謝もあがり痩せやすい体質になるというわけです。


しかし、体幹は鍛えるのが難しい場所です。



 

体幹にある筋肉は意識して動かしにくく、さらにウォーミングアップがしずらく、温めずらいのです。


体幹トレーニングをする時は普段の運動以上に入念にウォーミングアップをして血流アップを促しましょう。


ではいくつかストレッチや簡単なトレーニング方法を紹介します。




ストレッチ



・背中からお尻のストレッチ



1、床で仰向けになり両腕をあげます。(床でばんざいをしてる姿勢)
2、肘を反対の手でもち背中の筋肉を伸ばします
3、その姿勢のまま両膝を揃えてま曲げて膝を胸に引き寄せて1分キープ
4、肘をもつ手を替えて3を繰り返す。

・腹部のストレッチ



1、床にうつぶせになり両手をついて体を支え上体をそらせ、キープ。(骨盤をうかせない)
・股関節のストレッチ
1、床で仰向けになり、片方の膝を胸に引き寄せる。
2、曲げている膝を両手でくるむように持ってさらに胸を引き寄せキープ。(伸びている脚は膝を曲げないようまっすぐ伸ばし、お尻を床からうかせない。)
3、脚を替えて1、2を繰り返す

・トレーニング方法



1.床で仰向けになり両脚を肩幅に開き、膝を90度に曲げます。両手は床にまっすぐおいたまま、おへそを見るように顎を引いて頭を浮かせます。肩甲骨が床から浮く程度の場所で15秒キープ。
2、床に四つん這いになります。対角にある腕と脚を床と並行になるように上げ、(左腕を上げたら右脚を上げる)15秒キープ。腕と脚を替えて15秒キープする。
3、床に横向きに寝て、両脚はまっすぐ揃えて伸ばします。床側の腕側の肘をついて上体を起こします。(反対の手は腰に当てておく)床についている骨盤を床から引き上げ頭から足首まで一直線になるように保ちそのまま10秒キープ。左右を替えて10秒キープする。
4、床で仰向けになり片脚をあげる。膝、股関節をそれぞれ90度に保ち上体を上げ、対角の腕を上げている脚の膝の外側に伸ばす。曲げている膝を引き寄せながら上体をひねり、ゆっくり戻る。(逆の腕はは床においたまま横に広げる。)これを左右10回ずつ。

以上が体幹トレーニングの基本的な方法です。

慣れてきたらキープする秒数を増やしたり、回数を増やしてみて下さい。

ここに書いてあるものだけでは物足りなくなってきたら、様々なトレーニング方法がネットや書籍で調べられるのでぜひ挑戦してみて下さいね。

2014年7月18日

written

by reiko64


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop