現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月13日更新

疲れにくい!ヒールの正しい歩き方

6966 views

 


ヒールを履いていると、いつも疲れてしまいます。どうしたら快適に履けるでしょうか?


 

ヒールの正しい歩き方© NinaMalyna - Fotolia.com

 

ショップに並ぶうっとりする様なデザインのパンプス。オープントゥにポインテットに奇麗な湾曲のウェッジソールにピンヒール・・・カラフルなものもシックなものも。


たくさん並べられてるパンプスは見ているだけでも幸せな気持ちになります。



 

素敵な一足に出会えていざ購入!ヒールは脚を奇麗に見せてくれて、お気に入りの靴は履くだけで気分を上げてくれます。
お気に入りのパンプスを履いていざ出かけてみたら、あれ?ふとガラスに写る歩き姿がかっこよくない。



 

しかも段々足が痛くなってきた、疲れた!もう脱ぎたい!なんて事よくありませんか?
靴には合う合わないがありますが、ヒールは体重が分散されない為ぺたんこの靴より疲れやすいのは確かです。



しかし自分に合った靴を選び姿勢を正せば見た目も美しく、しかも疲れにくくなります。



足の指のストレッチ



まずハイヒールを履く前に素足でかかとを上げてみます。この時に足の指5本全てがしっかり伸びているかを確認します。


指先が曲がっているようなら、椅子に座って片足ずつ、足の指を伸ばすようにします。これは足の指のストレッチになります。


しっかりと足の指で踏ん張れるようになります。



 

正しい姿勢を知る



ヒールを履き続けて姿勢が悪くなっていると、疲れやすいだけでなく、体の歪みにつながり、様々なトラブルを起こしやすくなります。


きちんと正しい姿勢をマスターしましょう。


まず姿勢のチェックです。



 

壁にかかとと背中を合わせて、立ちます。壁にお尻と肩甲骨もつくようにしてまっすぐの姿勢をキープします。


以外と辛くありませんか?この姿勢がきついと感じるのは日頃の姿勢も崩れている証拠。


この姿勢を普段から自然と保てるようになると悩んでいたぽっこりお腹も解消される事もありますよ。






歩き姿を美しく



歩く時はこの姿勢を意識して前のめりにならない様、先ほどの姿勢をきっちりキープします。


そして一本の線の上を土ふまずで辿るイメージで。足を着地させる時はつま先とかかとを同時に着地させます。


アウトソール(靴底部分)の真ん中、土ふまずのあたりから足を落とすイメージです。


内股にならないように、内くるぶしを見せるようにします。



 

ヒールで歩いていると膝が曲がって前のめりに歩いている人をよくみかけますが、膝はまっすぐに保ち腰から前に持っていくように歩きます.


奇麗な姿勢を保つ事で余計な筋肉を使い体がバリバリに硬くなってしまう事や膝や腰を痛めてしまう事も回避できます。


しかし、普段からこの歩き方を意識していなかった場合、最初は少し辛いと思います。



 

筋肉痛になったりする場合もありますが、自然とこの歩き方ができるようになれば、ヒールによる疲れはかなり軽減されますよ。


しかも靴の減りも少なくなり、お気に入りの靴が長持ちします。



 

疲れづらい靴を選ぶ



また、靴の選び方も重要です。


仕事や就職活動などのシーンで使う場合は、立ちっぱなしや、たくさん歩きまわる等の事も考えできるだけヒールが5cm以内で太めの安定性があるものを選ぶと良いでしょう。


プラス足の甲をしっかり包んでくれるものや、ベルトがついているものはさらに歩きやすく、疲れにくくなります。







奇麗な歩き姿イコール疲れない歩き方です。美脚効果もありますし、靴も傷めづらいです。


しっかりマスターして、お気に入りの靴をはきこなしましょう。

2014年6月13日

written

by reiko64


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop