現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月11日更新

なんで彼氏は甘えてくるの?男性心理と接し方

31193 views



最近やたらと彼氏が甘えてきます。かわいいけど・・何かあったのでしょうか?(大学2年生・女性)






自転車に乗ったカップル


© vvvita - Fotolia.com


学校にいるとき、人前にいるときの彼氏はしっかりしていて頼りがいがあるカッコイイ人。


しかし、あなたと二人でいるときはそれが嘘のように甘えてくる。


最初はそのギャップに驚くかもしれませんが、実はあなたに甘えてくることは良い傾向でもあります。


それでは、何故男性は好きな相手に甘えてくるのでしょうか、その男性心理をお教えいたしましょう。





男性だって弱みを見せたい



男性というものは本能的に誰よりも有利に立ちたい、と思っている人間です。だからこそ、何か仕事をするときや人前で何かをするときは必死に頑張って周りから尊敬されようとします。


もしかしたら、あなたが彼氏を好きになったきっかけもそのような姿に惹きつけられたからではないでしょうか。


しかし、そんな男性も頑張り続けることは疲れるもの。たまには誰かに愚痴を言ったり、無気力になったりしたいと考えるのです。そして、誰かに慰めてほしいという願望が生まれます。


そのようなことから、傍から見て尊敬できる彼も時には癒しを求め、慰めて欲しいのです。





一番信頼できる人に弱みを見せる



それでは、男性はどのような人に弱みを見せて甘えたいと思うのでしょうか。まずは母親です。これまで育ててきて自分自身のことを最初から今まで見てくれていた母親だからこそ、甘えたいと考えます。


そして、もう一人は恋人です。恋人というものは男性にとってみれば誰よりも頼りにしたい相手でもあります。もしあなたに対して彼氏が甘えてくるのであれば、それはあなたを信頼しており、自分の全てを見せてもいいと思われているからです。


つまり、恋人であるあなたに甘えてくるということは、それほどあなたのことを信頼しており、自分の弱みを見せてもいいから慰めて欲しいという彼のサインなのです。



 

まずは甘えさせること



甘えてくることは、あなたのことを頼りにしているサイン。あなたに癒しを求めたいと考えている彼氏を「気持ち悪いから」と言って突き放してしまうことは避けた方が良いです。もし突き放してしまうと、頼れる人が母親しかいなくなります。しかしそうは言っても、もう大人である男性は恥ずかしいという理由でなかなか母親には甘えにくいものです。そうなると、甘える人がいなくなりストレスが溜まってしまいます。結果、彼氏が不機嫌になりそれが恋人関係にまで及んでしまうことも・・・





安心するような言動をかけてあげて



そうなることを防ぐためにも、まず甘えてきたら満足するまで甘えさせましょう。頭を撫でであげたり、抱きしめてあげたりなど、彼氏が安心するような行動をしてあげましょう。


そこに加えて、「頑張ったね」、「疲れたね」、「もっと甘えていいよ」と労いの言葉を言ってあげると彼氏はますます安心します。


彼氏が満足するまで甘えさせる。これは恋人関係を長く続ける一つの秘訣でもあります。



 

慰めるように言うことが大事



それでも、甘えてくる彼氏にウンザリしてしまうこともあるでしょう。人によっては「気持ち悪い」と思うかもしれません。


それでは、甘えてくる彼氏に出来るだけ甘えさせないようにするようにはどのようなことを行えば良いのでしょうか。


肩もみをする女性


ポイントは「慰めるように」言うことです。


あなたが彼氏に甘えたときに、彼氏から「甘える暇があったら頑張れよ」と言われたら不快な気持ちになると思います。彼氏が甘えたときも同じです。よって、甘えるのをやめてほしい場合はトゲのある言い方ではなく、優しく言うようにしましょう。


例えば、「甘えるあなたも好きだけど、頑張るあなたはもっと好きだよ」と、どちらの姿も好きだけど、頑張る姿が好きだ、というように「好き」を比較して言う方法があります。他にも、「週1回だけなら存分に甘えていいから他の日は頑張って!」というように、甘えさせないのではなく、甘えさせる回数を減らすという方法もあります。


このように、出来るだけ彼氏が不快にならないような対応をすることが大事です。



 

如何だったでしょうか。彼氏が甘えてくるということは、それはあなたを信頼して癒しを求めている証拠。そのような彼氏を突き放す対応はやめ、時には甘えさせ、時には激励するようにして彼氏が気持ちよく過ごせるような対応を心がけましょう。

2015年3月11日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop