現在17274個の困ったを解決できます!

2016月12月8日更新

【iPhone・Android】証明写真がスマホで撮れる!便利すぎる無料写真アプリ

71436 views

最近何かと証明写真が必要となります。スマホで証明写真がとれるアプリがありましたら教えてください。(大学3年生・女性)














© blanche - Fotolia.com




アルバイトの申し込みや資格試験の申し込みなど、さまざまなタイミングで必要となる証明写真。






正規の写真屋さんで撮ると意外と高く、証明写真ボックスで撮るのもなんとなく近寄り難かったりしますよね。



そもそも証明写真ボックスの場所がわからなくて、困った経験のある方もいるのではないでしょうか。





そんなあなたに朗報です。




なんと、様々なカメラアプリができている現在、証明写真もスマホアプリで撮れちゃうんです。




そこで今回は、証明写真が自宅で撮れる証明写真アプリを5つご紹介していきます。












らくらく 証明写真(Trial)








このアプリは、履歴書用の証明写真を手軽に撮ることができるiPhoneアプリです。















コメント:iPhoneアプリ「らくらく 証明写真」の無料版です。無料版は有料版と比べて、履歴書用のサイズのものしか撮ることができません。しかし、その他の機能は全て使うことができるので、履歴書用の証明写真が欲しい方にオススメです。








このアプリでできること:iPhoneに保存してある写真からの切り抜きや、その場で撮影した写真からの切り抜きができます。また、切り抜いた写真の保存方法は、ネットプリント用と自宅プリント用の2種類の中から選ぶことができます。右上のiボタンからHELP画面に行くことができ、そこでは写真を多用しわかりやすく説明しているので、タイトルどおりらくらく証明写真を撮ることができます。 



こちらのアプリはiPhone用ですのでAndroidなど他の端末を使っている方は使用できないので注意が必要です。







ダウンロードはこちらから(iTunesプレビューへ繋がります)。












証明写真ツール【2分でできる!】








このアプリは、メールで作れるandroidアプリです。















コメント:このアプリの特徴は、メールに写真を添付してそれを証明写真サイズに最適化するところです。メールの件名で単位をmm単位で指定できるのも、マイナーな証明写真を使用する方には嬉しいポイントです。なお、このメールはgmailでも大丈夫なので、メールアドレスの悪用を恐れる方もどんどん証明写真作ることができます。








このアプリでできること:自分のandroidに用意した写真を保存してあることが前提です。アプリを立ち上げると、履歴書写真サイズ、自動車運転免許証サイズ、パスポート証明写真サイズからサイズを選択します。選択後【証明写真を作る】ボタンを押すと、メーラーが立ち上がるので、そのメールに用意した写真を添付し送信します。なお、このときタイトルを[縦サイズ(単位mm)×横サイズ(単位mm)]証明写真ツールにすることで、上記の3種類以外のサイズを指定することができます。数秒後の自動返信メールに、最適化された写真が添付されています。



メール一つで簡単に証明写真を手にいれることができるなんてすごいですよね。
こちらのアプリは、先ほどのアプリと違い、Android専用なのでiPhoneの方は使用することができません。







ダウンロードはこちらから(Google playへ繋がります)。












Self IDPhoto








このアプリは、様々なサイズの証明写真を撮ることができるiPhoneアプリです。















コメント:このアプリの長所は、撮影できるサイズの多さです。履歴書サイズ、パスポートサイズ、運転免許証サイズの他にカスタムとして40mm×50mm、40mm×55mm、25mm×30mm……と12種類のサイズに対応しています。それぞれのサイズが主に何の目的で使われるものかサイズ選択欄に書くことで、とても使いやすくなっています。








このアプリでできること:iphoneの正面カメラによる撮影ができます。このとき画面に人型のガイドラインが表示されるので、証明写真ボックス感覚での撮影をすることができます。 



手軽に証明写真ボックスで撮ったような写真を撮ることができるアプリです。

こちらのアプリはiPhone専用です。








ダウンロードはこちらから(iTunesプレビューへ繋がります)。












かんたん証明写真(体験版)








このアプリは、高速で証明写真を撮ることができるandroidアプリです。















コメント:このアプリは、かんたん証明写真の体験版です。体験版と有料版の違いは、作成後の写真を1シートにつき1枚しか使えないところです。それ以外の写真サイズを自由に設定できる機能などは体験版で使うことができるので、あまり枚数を必要としない方にオススメです。








このアプリでできること:アプリを起動後、早速写真を撮ることになります。このとき、四角の内側に十字の入ったガイドラインが表示されるので、これに合わせて撮影します。サイズの変更は左上にあるボタンからでき、高さ幅共に30mm-70mmの範囲で選択できます。撮影後自動で写真は保存され、自分で印刷することで使えるようになります。



証明写真を複数枚必要とする方は思い切って有料版を購入してみるのもいいかもしれませんね。








ダウンロードはこちらから(Google playへ繋がります)。













証明写真アプリ








このアプリは、二次元コードからの読み取りもできるiPhoneアプリです。















コメント:このアプリは、欲しい機能をまんべんなく抑えているアプリです。








サイズも5種類から選択でき、証明写真の取得方法も選択できる。さらに、撮影時には十字のガイドまで表示されるので、「この機能が無いから使いづらい!」と思うことなく気持ちよく使用することができます。








このアプリでできること:証明写真タイプの取得方法を、二次元コードからの読み取りとリストからの選択の2種類から選ぶことができます。リストから選択した場合、選べるサイズは履歴書サイズ、自動車免許サイズ、パスポートサイズ、国際免許サイズ、ビザサイズの5種類です。証明写真の取得方法は、「カメラでの撮影」と「ギャラリーから選択する」の2種類から選べます。カメラで撮影するときは、右上のカメラボタンにタッチで、背面カメラと正面カメラの変更を簡単にすることができます。また、十字のガイドラインも表示されるので、簡単に撮影することができます。撮影後はトリミングをすることができるので、多少のズレがあっても安心です。








ダウンロードはこちらから(iTunesプレビューへ繋がります)。








以上、証明写真アプリの紹介でした。





いかがでしたでしょうか?


スマホ技術が発達した現代では、わざわざ証明写真ボックスに行かなくてもスマホを使うことで簡単に証明写真を入手することができます。



機会があればこの記事で紹介したアプリを使ってスマホで証明写真を撮ってみてくださいね。

2016年12月8日

written

by kinkuma841


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop