現在17272個の困ったを解決できます!

2016月4月9日更新

留学に行きたい方必見!TOEFL対策におすすめの単語帳&単語勉強法

32336 views



留学のためにもTOEFLの勉強をしないといけないのですが、単語帳と参考書はどれがいいのでしょうか。おすすめを教えてください。(大学1年生・女性)






Image courtesy of Stuart Miles / FreeDigitalPhotos.net




TOEICはとは「Test Of English International Communication」の略です。こちらは英語による実践的なコミュニケーション能力が評価されるテストです。試験はリスニングとリーディングで構成されており、日常会話やビジネス会話がよく出題されています。そのため日本においては、英語能力を重視する外資系企業や大手企業の海外事業部で、TOEICスコアの提出を求められることが多くなっています。
また、TOEFLは、「Test Of English as a Foreign Language」の略です。日本をはじめ、英語を母国語としない国の人たちを対象に実施されているテストです。TOEFLは海外留学のための試験で、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの教育機関において入学・卒業の基準として用いられています。 これに準じて試験もアカデミックな内容となっており、先に述べたTOEICとは異なる勉強法が必要だといえます。


なので、要求される語彙力も専門性の高いものになります。




そこで今回はTOEFL対策におすすめの単語帳と、効果的な単語勉強法をご紹介します。




TOEFL対策:おすすめ単語帳





TOEFLテスト英単語3800




網羅性と的中率の高さからTOEFL対策の単語帳の定番とも言える本書。




単語は難易度順に収録されています。




TOEFLテストに特化し、効率を優先したシンプルな構成です。




数多ある単語帳から一つ選ぶならば本書をおいて他にないでしょう。




TOEFL TEST 必須英単語5600




機械的な暗記が苦手で、文脈から単語を定着させるという




コンセプトが好きな人におすすめなのが本書。




文章で覚えるタイプの単語帳です。




難易度も高く、収録語数も5600語と他の単語帳と比べて多いのが特徴です。




完全攻略! TOEFLテスト英単語4000




スコア別、分野別に頻出語彙を収録し、ゴロ合わせ・語源・例文など




単語を記憶にとどめるフックが特徴的な本書。




覚えやすさに定評があります。




単なる羅列や長い例文で単語を覚えるのが苦手な人は、




覚える工夫が随所にこらされた本書を試してみてはいかがでしょうか。







単語学習法




単語帳を買っても、ただ漫然と読んでいるだけでは




効果的に覚えることはできません。




そこで次に効率的な単語学習法について紹介します。




知らない単語をチェックする




単語帳を買ったら、まず一通り時間をかけずに全体を読んで、




知らない単語をチェックしましょう。




既に覚えている単語を何度も確認する必要はありません。




効率的に単語を覚えるには、まだ覚えていない単語を知ることが重要です。




ここでの目的は覚えることではなく、覚えるべき単語を洗い出すことです。




短期間で大量に、を繰り返す




単語を覚えるためには、一つの単語に数多く触れること、




そして同時に多くの単語に触れることが重要です。




例えば300語を30日で覚えるとしましょう。




1日10語を完璧に覚えれば30日で300語です。




しかし最初に覚えた単語の一部は30日後には忘れてしまっているでしょう。




記憶を定着させるには、短期間で何度も繰り返す必要があります。




全部を完璧に覚えられなくても1日100語を見直せば、3日で300語を見直せます。




これを10回繰り返せば、30日後には殆どの単語を、ぼんやりとでも覚えているでしょう。




ここで大事なことは1語1語に時間をかけずに数をこなすことです。




例えばリーディングの問題を解いているときに、




正確な意味を覚えていなくても、




なんとなく見覚えがありニュアンスは覚えている単語があれば




文脈から意味を推測できるでしょう。




たとえ間違えたとしても、全く意味を推測できない単語よりも




記憶の引っかかりがあるために、




復習のときに意味を調べなおすことで記憶を補強しやすくなります。



少ない単語を完璧に覚えるよりも、多くの単語を一度に見直しましょう。




それでも混同しやすい語は




何度繰り返しても、それだけでは覚えられない単語があるでしょう。




特にスペルが似ていたり、同じ意味の単語が複数出てきたりすると




混同しやすくなります。




そういうときは、もう一工夫して単語カードに書きだす、




例文を利用するなどして記憶の定着をはかりましょう。




最初から全ての単語をカードにしたり、例文で覚えようとすると大変ですので、




効率を重視するのであれば、これらは最終手段にしましょう。





今回はTOEFL対策におすすめの単語帳と勉強法をご紹介しました。




語彙力は英語力の基礎です。




早い段階から語彙力を固めることで英語力の総合的な向上につなげましょう。

2016年4月9日

written

by jaroslaw


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop