現在17274個の困ったを解決できます!

2016月10月26日更新

洋書初心者でもスラスラ読める!!英語力アップできる外国の作品10選

178731 views

英語力をつけるために洋書を読んでみようと思います。初心者におすすめの洋書を教えてください。(大学1年生・男性)





英語力をあげるために洋書で勉強!そんな人も多いのではないでしょうか。


英語ですらすら本が読めるようになったらカッコイイですよね!


でも、何て書いてあるのかさっぱりでは、面白くもないですし、意味もありません。






そこで今回は洋書初心者でも読み切れるおすすめ10作品を厳選して紹介します!









1.『HOLES』



Louis Sachar(著)


出版社:Yearling,Reisue版(2009/5/9)








無実の罪で砂漠の矯正施設に入れられた少年スタンリーが、大地に穴を掘るだけの苦行の日々から脱出し、不幸を幸運へ逆転する冒険へと踏み出す感動の物語。本自体が分厚いので敬遠しがちですが、英語力が低くても単語が易しいのですいすい読めてしまいます。



Amazonで購入する









2.『Charlie and the Chocolate Factory』





Roalld Dahl(著)


出版社:Puffin(2004/4/12)


Amazonで購入する








あの映画化された「チャーリーとチョコレート工場」の原書です。貧しい家庭で育つ少年チャーリーがチョコバーの包装紙の中に入っていた世界一有名な謎のチョコレート工場への招待券を手に入れることから物語は始まります。子供向けの本なので英語力が高くなくても、読み進めることが出来ます。特に映画を見た方であれば内容も頭に入っているので、多少分からない単語や文法があっても容易に読了することが出来ます。







映画版はこちらです!合わせて楽しむのもおすすめです。(画像をクリックでAmazonにジャンプします)











3.『Winnie-the-Pooh』







A.A.Milne(著)






出版社:Puffin,Reissue版(2005/12/29)


Amazonで購入する



あの大人気ディズニーキャラクター「くまのプーさん」シリーズ第1作目。プーさんやクリストファーロビンなど、お決まりのキャラが活躍する楽しいお話です。英語自体も難しくないので洋書初心者にはおススメの一冊です。可愛い挿絵も入っているので、持っているだけでほっこりする洋書です。









4.『There's A Boy in the Girl's Bathroom』



Louis Sachar(著)


出版社:Yearling,Reprint版(1988/8/12)


Amazonで購入する








上記で挙げた「Holes」の作者Louis Sacharの作品。クラスの問題児ブラッドリーが、スクールカウンセラーや転校生との交流を通して変わっていく、涙なしでは読めない物語です。「Holes」よりは易しい英語で書かれているのと、内容の素晴らしさにすらすら読めてしまう一冊です。









5.『How to Stop Worrying and Start Living』












Dale Carnegie(著)






出版社:Pocket Books,Revised版(1990/9/15)


Amazonで購入する








日本でもロングセラーになったカーネギーの「道は開ける」の原書。小説はちょっと・・という方には、こういった自己啓発本もいいかもしれません。特に悩みグセのある方にとってはその苦しみを少しでも減らすための言葉がたくさん出てくるのでおススメです。TOEIC頻出語も多いので、英語力をアップさせたい方にも効果的な一冊です。









6.『The Catcher in the Rye』







J.D.Salinger(著)


出版社:Little,Brown and Company,Reprint版(1991/5/1)


Amazonで購入する








邦題「ライ麦畑でつかまえて」を読んだことがある方もいるのではないでしょうか。16歳の少年ホールデンがプレップスクールを退学になった後、大人の世界でさまようことによって感じる疎外感をうまく表現した思春期の主人公の物語。この有名過ぎる作品を、英語で英語のまま理解して原書の素晴らしさを実感したいですね。英文自体も難しいものではないので、大学生のうちに読んでおきたい一冊です。









7.『Master of the Game』


Sidney Sheldon(著)





出版社:Grand Central Publishing,Reprint版(1988/7/2)






Amazonで購入する








洋書初心者には必ず読んで欲しい一冊。物語は南アフリカのダイアモンド・ラッシュ時代にイギリスの田舎から一攫千金を夢見て南アフリカへやってきた青年がある裏切りによって復讐を始めるサスペンス。洋書を読み始める際の入門書としても挙げられているので、比較的分かりやすい英文が使われています。この厚い本を読めれば自信がつくこと間違い無しです。









8.『Logan's Choice』


Richard MacAndrew(著)






出版社:Cambridge University Press(2000/12/7)


Amazonで購入する








はじめから長い話は苦手なあなたはこちらの本をおススメします。ある有名なレストランのオーナーが風呂場で死亡しているのが発見されるが、その不審な点がある遺体に、女性刑事ローガンが挑む推理小説。語彙が800語程度と指定されているので初心者でも問題なく読み進めることが出来ます。しかし、内容はしっかりしているので物足りなさもなく楽しく読み切れるでしょう。









9.『Heidi』







Johanna Spyri(著)






出版社:Puffin(2009/3/5)


Amazonで購入する








誰もが知っている有名なアニメ「アルプスの少女ハイジ」の原書。ほとんどの人が内容を知っているため、多少英語で分からない文法が出てきても予想して読むことが出来るので、初心者にはピッタリの洋書です。位置づけは児童書ですが、こういった簡単で知っているものから読んでいくことで挫折することなく、もっと上のレベルの洋書にステップアップ出来ます。










10.『The Little Prince』


Antonie de Saint-Exupery(著)





出版社:Mariner Books


Amazonで購入する





最後に紹介する本は、あの「星の王子さま」の原書です。サハラ砂漠に不時着したパイロットが、小さな王子様と出会い不思議な体験をする物語。英語はとても美しい言葉で書かれており、英語力がないと感じている方でも読みやすい一冊です。(原書はフランス語です。)


子供から大人まで様々な年代に長年愛されるこの本を、一度英文で楽しんでみてはいかがでしょうか。










いかがでしたでしょうか。




洋書初心者におすすめの10作品を紹介しました。




お気に入りの一冊は見つかりましたでしょうか。




英語で書かれてるからといって怯むことはありません。中学生レベルの単語を知っていれば前後の文脈から読み取っていくことができるので、辞書なしでも読むことが出来ます。




また、そうすることによってあなたの英語力はぐんぐん上がっていきますし、洋書に苦手意識がなくなれば、まだ日本では発売されてない素晴らしい本に出会うこともできます。




洋書はどんな学習本より、勉強になるツールです。楽しく読めるようになれば、英語力も段違いに上がります。是非あなたも一冊手にとって挑戦してみましょう!

2016年10月26日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop