現在17272個の困ったを解決できます!

2016月1月29日更新

男性のホンネ!女の子のわがまま、「かわいい」と「ウザい」の境界線は?

446811 views

彼氏に「お前ウザい」と言われてしましました。自分では「可愛い」と思ってもらえていると思っていたのに、ショックです。男性心理って難しいですね・・。(大学4年・女子)


一緒にいる彼氏、時にはその彼氏にわがままを言って甘えたいものです。


しかし、そのわがままが彼氏にとって「可愛い」と感じる場合もあれば、「ウザい」と感じる場合もあります。それ故に「こんなわがまま言いたいんだけど、ウザいと思われたらどうしよう…」と悩む女性も多々いるはずです。


そこで、今回は彼女のわがままを「可愛い」と感じるか「ウザい」と感じるのか、その境界線はどこなのかについて男性に聞いてみました。



難しいウザいと可愛いの間を行き来する女子
© Anna Omelchenko - Fotolia.com





「可愛い」と「ウザい」の境界線には3つの要素が存在する!



男性に聞いてみると、彼女のわがままが「可愛い」か「ウザい」か感じる境界線には
3つの要素があることが判明しました。



その3つは以下のとおりです。



お金が絡むかどうか



自分のためだけかどうか



面倒くさいかどうか


これらの要素がわがままの内容に含まれていると、男性は「ウザい」と感じる傾向があります。
逆を言えば、これらの要素が含まれていなければ、
男性は、彼女のわがままを「可愛い」と感じる可能性が高いということです。


それでは、順番に詳しく説明をしていきましょう。





お金は誤解されやすい!



「あれが欲しい!これが欲しい!」というわがままは、
男性にとってみれば、「俺のお金を利用しようとしている」と誤解されやすいようです。



もちろん、彼女からしてみればそのような気はないのですが、
やはりお金というデリケートな問題には男性も警戒を抱いてしまいます。


このようにお金が絡むわがままになってしまうと男性は警戒心を持ち、それが「ウザい」と感じてしまいます。
もし買ってほしいと思っても、それを口にしないようにしましょう。





自己中心的なわがままは許せない!



「歩き疲れたから、私の分まで代わりに飲み物買ってきて」。


このような自分のためのわがまま、言い換えれば自己中心的なわがままも「ウザい」と感じさせます。
心優しい彼であれば1、2回ぐらいは笑顔でわがままを聞いてくれますが、
何度も続くと不快に感じてくる可能性があります。


上記のような自己中心的なわがままではなく、
「一緒に飲み物買いに行こうよ」とお互いが楽しめる(苦労する?)ようなわがままを言うようにしましょう。





彼氏も暇じゃない!



「終電がなくなったから車で迎えに来て!」というわがままも「ウザい」と感じる男性がいます。
しかも、こちらは上記の自己中心的なわがままに加えて突然の頼みであり、
「面倒くさい」わがままになりますので、「ウザい」感は倍になります。


彼氏も自分の時間があり、暇ではありません。
彼女のために何かしてあげたいとは思うものの、自分自身のこともあります。


もし、どうしても面倒くさいと感じるわがままを聞いて欲しければ
「本当に申し訳ないんだけど・・・」、「聞いてくれたら嬉しいな」というように
一言、謙虚さを感じさせる言葉を付け加えるようにしましょう。






「ウザい」わがままを「可愛い」わがままに変える方法



さて、これまで「ウザい」わがままになる要素を紹介してきましたが、
それでもどうしても「ウザい」わがままを要求したくなる時もあります。



そこで次に、男性に聞いた「ウザい」わがままが「可愛い」わがままに感じるパターンを紹介しましょう。





お返しをする



先ほどの例で紹介した「代わりに飲み物を買ってもらう」というわがままをした場合、
これだけでは彼氏も「ウザい」と思ってしまいます。それを「ウザい」を思わせないように次のように言ってみましょう。


「代わりに買ってきて!次は私が代わりに何か買うから!」
このように、「次は自分が代わりに・・・」というようにお返しをすることを約束しましょう。


そうすれば、自分のためのわがままに終わるのではなく、次は「彼氏のために」何かをするわがままに変わります。
男性も「じゃあ、次はお前が買うんだよ」というように妥協をしてくれますので、「
ウザい」わがままと感じる可能性は少なくなります。





愛矯、謙虚さを示そう



どうしても「ウザい」と思われるわがままをしたいときには、愛矯や謙虚さをもって言うようにしましょう。
本当に申し訳ないと思っているのなら、その気持ちをしっかりと表わせば彼氏も理解してくれます。


「本当にごめんね!」、「忙しいのに聞いてくれてありがとう!」といったように
彼氏が「わがままを聞いて良かった」と思えるように心がけましょう。


そうすれば、「ウザい」わがままも男性は許してくれるはずです。


まとめ



いかがでしょうか。男性が許せる「わがまま」の範囲を「可愛い」と「ウザい」という境界線に分けて説明をしてきました。


何よりも大事なのは、相手が不快にならないようにわがままを言うことです。
彼氏にわがままを言うときに、この記事を参考にしてくだされば幸いです。

2016年1月29日

written

by


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop