現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月14日更新

夏目前!今年こそ完璧な「日焼け対策」で絶対美白宣言

254 views

今年はサークルで海にいくのですが焼けるのが怖いです。完璧な日焼け対策ってありますか?(大学1年生・女性)


Sexy female legs at blue water of swimming pool


© Patryk Kosmider - Fotolia.com


じりじりと暑い日も多くなってきましたね。夏はもう目前!夏といえば海。そして山。


思いっきり楽しく弾けたいですよね。


しかし、長時間外にいて肌をさらすとなると恐いのは紫外線。


絶対に焼きたくない!という方は完璧な日焼け対策が必要です。


まずは紫外線を詳しく知りましょう。




紫外線



まず、紫外線には2種類あるのはご存知ですね。


そう、UVA波(老化光線)とUVB波(炎症光線)です。


この2つの紫外線の違いをご存知ですか?




UVA波(老化光線)



A波は老化光線の名の通り、年齢を感じさせるしわやたるみを作る原因となる紫外線です。


お肌の真皮層まで入り込み、お肌のハリを支えているコラーゲン等を破壊するからです。




UVB波(炎症光線)



こちらは表皮層までしか入りませんが、しみやそばかすを作る原因となる紫外線です。


日焼けをしてしまった時に赤くならずに黒くなる方は、メラニン色素が作られやすく、色黒になりやすいので要注意です。




日焼け止め



さて、紫外線の違いをを少し理解していただいたところで、次は日焼け止めについてのお話です。


日焼け止めを買う時に必ず見ると思いますが、SPFとPAの数値で迷うことはありませんか?


私は昔何も知らずに、数値の高いのがいいに決まってる!と勘違いしてそれを使い、肌が荒れに荒れた経験があります。


知らない方も意外と多いんじゃないかな、と思うので少しお話しますね。




SPFとは?



SPFは「Sun Protection Factor」の略称で、UVB波をカットする力を示しています。


ただここで間違えちゃいけないのが、力を示していると言っても、紫外線の強さに対抗する力を示しているわけではないこと。


SPFの数値が表すのは日焼けが始まるまでの時間なんです。


20分の間に、何もつけていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間をどれだけ延ばせるか、という力を示しています。


例えば私が過去に使ったSPF50のものだと、20分×50で1000分、つまり16時間40分まで日焼けが始まる時間を延ばせるということ。


しかし、実際はそうはいきませんよね。


海や山に行けば水に濡れるし汗もかきます。


例えウォータープルーフであったとしても、こまめな塗り直しは必須です。


ただ、やはり長時間外にいて紫外線を浴び続ける場合は少し数値の高めの物を選ぶのがいいですよね。




PAとは?



続いてPAとは、「Protection Grade of UVA」の略称。


こちらは名の通りUVA波をカットする力を示しています。


強さは+で表されていますが、もちろん+の多い方が強いです。


強さは4段階ありますが、普段の生活の中では+や++で十分だと思います。


でも海や山ではやはりそれより上の方が良いでしょう。


特に、日焼けが黒くならずに赤くなるだけという方は、肌を守ろうと生成されるメラニンが少ないためにコラーゲンが破壊されやすいので要注意です。


海などに行かれる際にはやはり++++がいいでしょう。





自宅でのお手入れ



さぁ、紫外線を浴びた後はたとえ日焼け止めをしっかりしていようと、絶対焼かない美白美人はお肌のお手入れをしましょう。


特に肌を長時間さらした日は念入りに。


まずいつも通りのクレンジング、洗顔。


その後に古い角質等をサッと拭き取るタイプのものでいいので角質ケアをします。


紫外線を浴びると、本当ははがれるはずの角質も頑固に残ってしまうからです。


そのままにしておくと、この後に使う美容液等の浸透も悪くなってしまうので、手間ですがオススメします。


そして新陳代謝を上げるためにお顔をマッサージ。


そして美白パックです。


その後に化粧水を入れて、美白美容液、乳液、ナイトクリームの順に手入れを行います。


実はこの順番も大事なんです。


長くなってしまうので、それはまた別のお話で。


あと、お顔だけでなく、できれば体も角質ケアと化粧水、美白美容液でお手入れしてあげて下さいね。


同じお肌なので。


さぁ、夏はもう目前。


少しでも皆様のお役に立てればと思います。



 

 

 

 

2015年3月14日

written

by aya


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop