学生生活の「困った」を解決するウェブマガジン

就活・キャリア

3612 views

Medium 3c23ea00ee fotolia 36044025 subscription monthly m 599x399

TOEFLライティングのコツ!絶対知るべき文章の型とは



TOEFLが難しすぎてやばいです。特にライティングを教えてください!(大学3年・男子)







TOEFLのライティング


© sakura - Fotolia.com


読む・書く・聞く・話すという英語の四技能が試されるTOEFLテスト。


ライティング対策は万全でしょうか?


今回は基本的な英文ライティングのコツと、


TOEFLに使える文章のパターンをご紹介します。






文章の型



学術的な論文やレポートの書き方は形式が決まっています。


TOEFLのライティングで課される小論も同様で、


大体次のような構成になります。




導入



問題文を読んで、それに対する講義内容をまとめるIntegrated taskにおいては


問題とされている主題は何かを端的に述べ、


講師の主張・反論を整理して提示します。


ある質問に対して自分の意見を述べるIndependent taskにおいては


賛成か反対かを明確にし、続く本文でその理由を述べることを明言します。




本文



Integrated taskにおいては講師の主張を、


講義で挙げられた具体例に沿ってまとめます。


Independent taskにおいても、自分が何故その主張をするのか


3つ程度の具体例を挙げながら、理由を述べます。


具体例によって主張が肉付けされるので、


主張と具体例との論理的つながりを意識するようにしましょう。




結論



導入で述べた主張やポイントをまとめ、結論を述べます。


導入の単なる繰り返しにならないように、


言い換えを駆使して理由と主張を簡潔にまとめましょう。



 

テンプレートの利用は盗作とは異なり、文章の構造を分かりやすくし、


自分の意見を明確に表現するための有効な方法です。


またテンプレートを使うと他の人と似たような解答になってしまい


減点されないかと心配する人もいるかもしれませんが、


たとえ300語程度の短い小論を同じテンプレートで書いたとしても


他の人とまったく同じ文章になることはありえません。


安心してテンプレートを使いましょう。




導入に使える表現



Integrated taskの導入



The lecturer talks about, (argues, claims, explains, etc…)


According to the lecture,


In this lecture,


It is said in the lecture that,




Independent taskの導入



I agree (disagree) with,


I think that,


In my opinion,




本文で使える表現



列挙



First (of all) (第一に), For instance (example) (たとえば)


Second (第二に), Secondly (第二に), Furthermore (さらに), Next (次に)


Third (第三に), Thirdly (第三に), Finally (最後に), Lastly (終わりに)



論理的に文をつなぐ表現

追加



In addition (加えて)


Similarly (同様に)


Analogously (類似して)




対照



In contrast (対照的に)


By contrast (反対に)


On the contrary (それどころか)




帰結



Therefore (それゆえ)


Consequently (したがって)


As a result (結果として)




否定



However (しかしながら)


Although (だけれども)


Whereas (ところが)




言い換え



In particular (特に)


In general (一般に)


Altogether (要するに)




結論に使える表現



In conclusion,


To conclude,


To sum up,


In short,


The point is,



 

ライティングの勉強方法



テストを作成しているETSは、


受験者のためにライティングトピックを公開しています。


上で紹介した、導入・本文・結論のテンプレート構造を意識しながら


これらのトピックに対して解答を作成してみましょう。




言い換えで表現力を磨く



ライティングにおいて同じ表現の繰り返しは好ましくありません。


そのため、言い換え表現を多く知る必要があります。


そこで使えるのが類義語・反義語検索サイトです。


自分でエッセイを書いていて、同じ表現を繰り返してしまうときは


類義語を利用して表現力に幅をつけましょう。




無料の添削サービス



自分で英文を書いてみたはいいものの、


それがどの程度正しいのか分からなくて困る場合もあると思います。


ライティングの正解は一つではないので、


ネイティブに添削してもらうのが望ましいですが、


身近にネイティブの知り合い・先生がいない場合は


英文チェッカーを利用しましょう。


文法・スペルチェックだけでなく、


別の表現方法も提案してくれますので非常に便利です。



 

今回はTOEFLライティングのコツと、勉強方法についてご紹介しました。


英文の表現力を養う助けになれば幸いです。

Written by jaroslaw

関連記事

おすすめ記事