現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

好きな人にLINEをするときに気をつけたいことベスト5

35601 views

好きな人へ「何て送ろう・・・」と悩んで悩んで悩んで結局大したことを返せません…どうしたらいいでしょう?(大学1年・女性)


 

LINEの内容に迷う女性

今回はそんな好きな人へ送るラインで気をつけたいことベスト5を紹介します!

 

 

スタンプをやたら送らない



これ、結構やってしまっている人いると思います。

これは確実に避けるべきですね。カップルやかなり仲のいい友人同士ならすごく面白いやりとりにもなるかもしれませんが、

相手が好きな人であれば避けた方がいいです。

自分は考えに考えぬいてスタンプを送ったのかもしれませんが、適当なラインというイメージにしかなりません。

スタンプは文章につき1個くらいでいいと思っていた方が良いですよ!

 

既読に敏感にならない



既読がつくのを待ってしまって、ずっと開きっぱなしだったりすることってあると思います。

実は結構そのタイミングって見られています。

相手はわざと時間をずらしたのかもしれません。そんなときに既読が速攻ついてしまえば相手は待っていたの?といろいろ考えてしまいます。

テンポがいいやりとりのときはそれでも問題ないのですが、普段のゆっくりしたやりとりであればある程度こちらも時間を考えて送るようにしましょう。

相手に「既読」という負担を感じさせてしまうのがラインの悪いところでもあると思うので、それを考慮した上でやりとりしましょう!

 

がつがつしない



いくら好きといっても、自分本位でがつがつ向かっていっては確実に引かれていく一方です。

スタンプだったり一文だったりしても気軽に送れるのがラインです。

つい勢いだったり、テンションだったりでがつがつしたことを送ってしまいがちですが、それはひとまず置いといて冷静にやりとりをしましょう。

何回も送ったり、長文だったりすれば、がつがつされてるなーと感じてしまう人もいます。

相手の見えないところでがつがつして距離を縮めましょう。

 

誤字脱字に気をつける



早く返信をしてしまう人によくあるのが、誤字脱字。

手軽に返信できる分、誤字脱字の確認をせず送ってしまっていることってありますよね。

誤字脱字がしょっちゅうだと適当な返信というイメージや、ちょっとばかっぽい印象を与えてしまうことがあるので、極力なくすように気をつけましょう。

ただ、これうまく使えばちょっとしたギャップになるんですよね。

普段はしっかりしたラインをしていた子が、慌てていたり、飲んだあとの帰りだったり、気を抜いたときのラインにかわいい程度の誤字脱字が入っていたらちょっと身近な存在になった感じがするので場面で誤字脱字の気をつけ方を変えるといいかもしれませんね。

 

写真が多い



自分が見た物だったり、自分の写真だったり、とにかく写真も手軽に送れるのがラインです。

つい、「これ見せてあげよー」と思って写真を送りがちですが2人の間で盛り上がっている物限定にしましょう。

相手の興味がまったくないものを送っても写真こそ反応に困ります。

どうしても見せたい物があったときは、写真の説明をわかりやすく入れてなぜ送ったかをちゃんと説明してあげると相手も何に反応していいか分かると思うので親切です。

 

 

どうでしょうか。

結構基本的なことだと思うのですが、好きな人にと考えると空回りしてやりがちなことだったりしますよね。

そして、ラインの手軽さも手伝って勢いもつくのでやりがちなことだったりすると思います。

こういった点を気をつけながら、好きな人と距離を縮めていけたらいいですね!

 

2015年3月18日

written

by lusa


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop