現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月29日更新

あれ...もしかして好きかも…。女性が恋愛対象外の男性を好きになる瞬間6選

45167 views

今までなんとも思ってなかった人を好きになることってあるんですか?(大学3年生・男性)


急に隣のこを気になり始めた二人


© Syda Productions - Fotolia.com



恋の駆け引き…なんて言葉があるように、恋を成就させるには、勉強やスポーツのように、ただ頑張ればいいと言うものではありません。
恋は、とてもデリケートなものなのです
相手に意識してもらい、好きになってもらえるようなきっかけ作りを考えてみましょう。






1.気が合う事をアピールする



同一化と言う言葉があります。
自分と似たような人に好感を抱き、一緒に過ごす時間が長いと、お互いだんだん似てくると言う現象の事です。これは、集団生活をする生き物に備わった本能です。
この本能を利用して、きっかけを作ると良いでしょう。気になる女性がいたら、服装の好みや趣味などをこっそり観察します。そして、その女性の隣に並んでしっくりくるような服装をしてみます。
その際は、色に注目して下さい。
パステルカラー系か、原色系かなどを見て、自分も同じような系統の服を選ぶと良いでしょう。
そして、趣味なども勉強して話題をふってみましょう。
「私達、気が合うね。」なんて言葉がでてきたら、好印象を持たれた可能性大です。ただ、あまりに露骨にやりすぎるとわざとらしく感じるので注意して下さい。






2.困った時に現れる



私の知り合いの女性から聞いた実際の話なのですが、彼女には、会社の同僚で、最初は特に気にしていなかった男性がいたそうです。
その彼は、彼女が困った状況の時、何度か助けてくれました。それ以来、彼女は彼を意識するようになったそうです。女性は頼りがいのある男性に弱いと言う事がよく分かる話です。
ただ、困った状況っていつ?…と、思いますよね。職場の同僚なら困っている状況にすぐ気づくかもしれませんが、そうでない場合、なかなか気づくものではありません。
なるべく近くにいて困った状況に気づいてあげて下さい。ささいな事でかまいません。
荷物が多くて大変そうとか、雨なのに傘がないとか、所持品が壊れて困っているとか…そういう状況ならあるかもしれません。
ただ、一歩間違うとストーカーになってしまうので注意が必要です






3.緊張感を演出する



恋のドキドキは、脳内物質ノルアドレナリンを分泌させ、恋の喜びはPEAと言う物質を分泌させるそうです。
そして、この2つが組み合わさると、人は恋に落ちると言われています。
これらの物質は、心が安定している状態では分泌されません。緊張感を感じないと分泌されないそうです。
では、具体的にどうするか?まず、自分の長所をアピールし、彼女に好意を持ってもらいます。
好意を持たれたと感じたら、彼女の事を褒めるなど、喜んでもらえそうな事をします。
つまり、恋のドキドキと喜びを意図的に作ると言う事です。ちょっと難易度が高いでしょうか…。






4.体に軽く触れる



これも一歩間違うと、セクハラ行為を疑われるので注意が必要です。
後ろから呼びかける時、軽く肩を叩いたり、元気がない時、慰めるように頭を優しくポンポン叩いてあげたり…。この程度なら問題ないでしょう。
女性は触れられる事で、皮膚感覚が頭に残り、知らず知らず意識するようになってしまうそうです。






5.満腹中枢を刺激する



人間の脳内にある満腹中枢と性中枢は、隣り合わせの位置にあって、片方が満たされるともう一方も影響を受けるそうです。気になる女性を食事に誘うと言うのは理にかなっていると言えます。
目的を、「おいしい食事で彼女の満腹中枢を刺激する。」と言う事のみに絞って、それ以上の下心はシャットアウトして下さい。
何度か一緒に食事をする事で、少しずつ恋に発展するかもしれません。







6.まわりの友達を味方につける



ちょっと回りくどいやり方ですが、女性は人の噂が気になるものなので、誰かが「あの人はとってもいい人。」なんて言っていたら、意識してしまうものです。
気になる彼女の友人にも親切にして、味方につけましょう。と、言っても意図的に親切にするのは感心しません。
普段からまわりの人に対して、優しい気持ちを持って接していれば、きっと彼女にも誠意は届くはずです。



いかがでしたでしょうか?

女性に好意を持たれるような服装や、美味しい食事、親切にする事など、人と接する当たり前のマナーとも言えます。
恋は、地道に自分をアピールする事で成功するものなのかもしれません
今回紹介した6つのパターンを意識して、チャレンジしてみてください!

2016年8月29日

written

by キタガワ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop