現在17272個の困ったを解決できます!

2016月4月30日更新

悩める就活生のための、スマホとPCの使い分け方

15882 views

PCとスマホ





就活にでスマホを使うと有利になる!ということを最近耳にするのですが、本当ですか?また、なぜそう言われているのでしょうか? (大学3年生・男性)



いつの間にやら、就活必須のツールとさえ言われている「スマートフォン」。


場所を選ばない情報収集、いつでもどこでもの手軽さが大きな魅力となっている。


"就活をキッカケにスマホに買い換える"という学生も結構多いだろう。


今回は、スマホ活用の就活に焦点をおいて考えてみましょう!





ビジネスマンの世界と、学生の世界



博報堂DYホールディングスの調査によると


※全国ソーシャルメディアユーザー1000人調査


端末別のSNS利用時間ではスマホ派が104分、PC派が58分という結果が出ている。



電車に乗れば、ほとんどの人が何らかの端末を取り出す。


そして、自分ワールドに突入したら最後…


人の足を踏もうが、寄りかかろうが気付かない(苦笑)


学生もビジネスマンも、主婦もおじさんも、そこは一緒。



でも…学生には見えない「ビジネスの世界」ではどうだろう?



ビジネスマンはオフィスに戻れば、そこは真剣にパソコン画面に向かう世界。


企業間のやり取りはもちろん、


企画書や報告書作成、クライアントの企業研究などなど


ほとんどの業務はPC上で行われている。



SNS…?


業務以外の目的で、社内PCで繋がっていたら、大目玉ッを喰らう!


※「秘密保持」違反の罰則規定にさえ抵触する


つまり正しいビジネスマンは、社内と社外とでは気分転換も兼ねて


自分自身のスイッチをも入れ替えているのだ。



しかし…学生生活ではどうだろう?



自宅でも大学でも、はたまた授業中でも休み時間でも


いつだってスマホ全開!!


残念ながら、日に一回もPCを開かない…という人だって多いんじゃないかなぁ?



果たして、そのまま就活に向かっていくと


どんなことが起きてくるだろうか…。





企業人事さんが口を揃えるのは




採用現場において、採用担当者が口を揃えて言うのは



「企業研究が甘すぎて、採用の土俵にのせられない」


「薄っぺらな業界知識のまま参加されても…」



人事さんはニコニコ笑いながら応じていても


心の中ではそう思っているのだ。



スマホの小さな画面で●●ナビの求人情報を見て説明会に参加。


事前に、企業のHPまで行き着く就活生は極少数。


はたまた、人事の声よりもSNSの声に耳を傾けて


"企業の良し悪し"を探る。



…こんな就活生になっては、危険!






「出来る就活生」のネット活用術




情報化社会で生き抜く大切な力は


「ITリテラシー」そして「情報リテラシー」。


※ITツールを使いこなし、そこから得る情報をどう使いこなせるか



人が羨むぐらいに内定をいくつも貰ったり、


第一志望の企業に見事に入社していく学生たちは


いったいどんな情報戦略を実践しているのだろうか?



一言で答えを言えば…「端末の使い分け」


スマホもPCもそれぞれの利点をしっかり理解して


必要に応じて活用しているのだ。



・先を争う人気企業の説明会予約


・エントリー


・企業との電話やりとり


そして


・学生同士の情報交換は…「スマホ」



・企業研究


・業界研究


・企業とのメールやり取り…は「PC」



少なくとも、使い分けが出来ている就活生の知識は


深く、正しい場合が多い。。。そして就活マナーも良い。



逆に、スマホ一辺倒の就活生の持っている知識は


浅く、偏っている場合が多い。。。就活マナーにさえ悪影響を及ぼす。



当然、そこから湧き出る「志望動機」には大きな大きな差が出る。



浅い情報は"常に不安が伴う"から


マニュアルにすがったり、人の意見に左右されたりしがち。


そこに!決定的な結果の差が生まれてしまうのだ。



目の前の就活の取り組み方から


将来の仕事の取り組み方は容易に想像できてしまう。



簡単に言えば…



大きな画面で、いくつものウインドウを同時に開くことが得意なPCは


情報を深く調べていくためには、好都合のツールなのだ。


さらに、メール文書のマナーにも格段の差が出てくる。


相手は企業…必ずPCで開いて読む。



「手のひらの上から発信された文章」は


「手のひらの上で転がされてしまう」…と心得ればいいね。



いい就活を演出するのは、情報端末ツールの使い分けだ!


2016年4月30日

written

by ヒゲ教授


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop