現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

大自然!ニュージーランドの人気観光スポット8選

408 views



夏休みにオススメの日本にはない大自然を満喫できる旅行先を教えてください!(大学1年生・男性)






手つかずの自然が残るニュージーランドでは、どこへ行っても美しい風景をみることができます。



ひとつの国の自然風景とは思えないほど変化に富んでいることが大きな特長で

壮大な氷河、息を呑むようなフィヨルド、荒々しい岩肌を持つ山々、広大な平原、活発に活動する火山や地熱地帯、亜熱帯の森林、どこまでも続く砂浜といった様々な景色が見られ、飽きることがありません。

また、島国だけに全長15,000km以上の海岸線も見どころのひとつ。

ニュージーランドで沢山の自然に触れませんか?



 

ロトルア



ロトルアロトルア旅行
出典:http://www.orakeikorako.co.nz/ http://www.newzealand.com/jp/rotorua/


 

ロトルアは、世界でも最も活発な火山活動の続く地熱地帯で、音をたてて吹き上げる間欠泉や沸き立つ温泉など、大地の力を垣間見ることができます。

天然温泉や泥を利用したスパでのんびりとくつろげ、数ある専用施設では温泉プールの利用をはじめ、マッサージや美容セラピーなどのサービスを受けることができます。

また、周囲に数々の湖や森林が広がるロトルアは、アウトドア・アクティビティの宝庫でもあります。

フィッシング、トレッキング、マウンテンバイク、カヤックといったさまざまなスポーツが楽しめます。

さらに、ニュージーランドの先住民であるマオリの文化の中心地であり、自然だけではなく文化にもふれられます。

アクセス

航空便 -市内中心部から車で15分離れたロトルア空港。オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、クイーンズタウンへの航空便を運航しています。

バス - オークランド、ウェリントン、ならびにその他の北島主要地から定期バスが運行されています。

自動車 - オークランドから3時間半(234km)、ウェリントンから6時間(457km)かかります

 

テカポ湖



テカポ湖テカポ湖旅行
出典:https://twitter.com/beautiful_img/status/336104009310019585/photo/1 http://stworld.jp/feature/newzealand/lake_tekapo.html


 

ミルクを溶かし込んだような、ミルキーブルーの湖。

この色の秘密は、氷河が動く際に岩石から削り出す「ロックフラワー」という小麦粉のような粒子が水に溶けているからだそうです。

光の当たり方で色の反射も変わるので、毎日湖の色が微妙に異なるそうなので旅行中何度も行っても良いかもしれないですね。

また、ニュージーランドで一番の晴天率を誇るテカポ。

そこから見上げる星空は、まさに絶景です。

南十字星(みなみじゅうじ座)や大小のマゼラン雲などがきらめく南天の星空が広がっています。

街の人々はその星空の美しさを守るために、街灯には傘をかぶせ、 光害を軽減するナトリウムランプを採用するなど、さまざまな取り組みを行っています。

さらに、星空を「世界自然遺産」に登録しようとする初の試みも現在進行中だそうなので話題になる前に行ってみるのをおすすめします。

アクセス

テカポ湖は、ニュージーランド南島のクライストチャーチとマウントクックの間にある。

クライストチャーチから車またはバスで約3時間半。マウントクックからは、車またはバスで約1時間半。

クイーンズタウンからは、車またはバスで約4時間。

 

マタマタ



マタマタ マタマタ旅行
出典:http://www.newzealand.com/jp/matamata/ http://worldtv.blog.fc2.com/blog-entry-372.html


 

マタマタは酪農とサラブレッドの飼育で有名で、うねるような丘に緑豊かな牧草地が広がっておりファームステイやファームツアーに参加できる町としても知られています。

北島で一番の落差を誇り、153mの高さから流れ落ちる迫力のワイレレ滝も見どころのひとつです。このワイレレ滝のハイキングコースでは、多様な自然の景観を楽しめます。展望台からは、はるかワイカト平野と渓谷の雄大な景色を見晴らすことができます。

また、『ロード・オブ・ザ・リング』で、フロドとビルボの家のロケ地となった場所で、ロケ地をめぐるツアーもありますよ。

アクセス

オークランドから車で2時間30分。ティラウまで国道1号線を走り、国道27号線へ左折。

国内線、国際線がハミルトンまで運航しています。マタマタからハミルトンまでは車で30分。

 

クィーンズタウン



クイーンズタウン クイーンズタウン旅行
出典:http://www.newzealand.com/jp/queenstown/


 

クィーンズタウンはニュージーランドが誇るトップクラスのリゾートタウンです。

クィーンズタウンは沢山のアクティビティができる場所としても知られています。

美しい自然を背景に、多彩なアウトドや究極のスリルを味わえるアクティビティが楽しめます。

乗馬やスキーなど自然を体感してみてはいかがでしょうか。

アクセス

ニュージーランド航空とカンタス航空の直行便がオークランドとクライストチャーチからクイーンズタウン空港へ向け毎日就航しています。

長距離バスでのアクセスとしては、クライストチャーチ・ダニーデン・ワナカ・グレイマウス、ミルフォード・サウンドなどからインターシティ・ニューマンズ社の長距離バスが出ています。

 

テ・ウレウェラ国立公園



テ・ウレウェラ国立公園 テ・ウレウェラ国立公園旅行
出典:http://www.newzealand.com/jp/feature/national-parks-te-urewera/


 

北島最大の国立公園、テ・ウレウェラ国立公園には、美しい湖と森、山々の織り成す大自然が広がっています。

北島東部ベイ・オブ・プレンティ地方とホークス・ベイ地方にまたがり、約21万2,672ヘクタールの面積を誇り、北島に4つある国立公園のうちでは最大で、国内でも4番目の広さです。

最も広い手付かずの原生林として保護されており、高く連なる峰は霧深く、銀ブナや山ブナの木で覆われています。

ニュージーランド固有のほぼ全種の鳥がこの森林に住みついています。キーウイもいるようです。

また、ワイカレモアナ湖のほとりにはDOC(環境保護局)の管理するキャンプ場もあり、トレッキングコースまでシャトルバス/ボートが運行されているので安心です。

アクセス

ロトルアからバスで約3.5時間



ミルフォード・サウンド



ミルフォードサウンド ミルフォードサウンド旅行
出典:http://activities.his-vacation.com/jp/jp/TourLeaf/ZQN0004.htm


 

ミルフォード・サウンドは世界遺産登録地域テ・ワヒポウナムの一部をなすフィヨルドランド国立公園内にある有名な景勝地です。

主な見どころは氷河の侵食でほぼ垂直に削られた周囲の険しい山々と、崖の上の原生林の縁から勢いよく流れ落ちてくる滝、さらにオットセイやイルカなどの野生動物との出会いです。

また、海中は海水と淡水で二層になっているため、比較的水深の浅い場所でも深海生物が生息できる環境になっており、海中展望台から水にぬれることなく独特の海の世界を垣間見ることができます。

アクセス

車、バス:クイーンズタウンから5時間、テ・アナウから2時間。

飛行機、ヘリコプター:クイーンズタウンから約1時間。

 

ベイオブアイランズ



ベイオブアイランズ ベイオブアイランズ旅行
出典:http://www.newzealand.com/int/bay-of-islands/


 

ニュージーランド北部に位置する地域の名前で、有名なマリンリゾートとして知られています。

ベイオブアイランズ とは島々の点在する湾という意味で、この名の通り大きな湾内には大小合わせ144もの美しい島々があります。

ニュージーランドで唯一の国立海洋歴史公園に指定されています。

また、手をつけられていない自然のままの湾内は、野生動物の宝庫として知られ豊富な種類の海鳥をはじめ愛らしいイルカやペンギン、クジラなどに出会うことができます。

アクセス

飛行機:オークランドから約40分

バス:オークランドから約3時間45分~6時間ファンガレイから約1時間20分

 

フランツ・ジョセフ氷河



フランツ・ジョセフ氷河 フランツ・ジョセフ氷河旅行
出典:http://www.realnewzealand.net/outdoor_activities/trekking/trekking_franzjosef.html


 

フランツジョセフは、NZ南島の西海岸にある氷河です。

世界的に見てもまれな海抜標高近くまで降りてきている大氷河 の上を自分の足で歩くことができます。

もちろんガイド付きで安全に氷河上ウォークを楽しめます。

さらに、主な装備も貸し出しつきです。

とても貴重な体験をできる場所です。

アクセス

クイーンズタウンから車で約8時間





いかがでしたでしょうか。

このほかにも沢山の自然があります。

ニュージーランドの大自然で日々の疲れを癒してみては?

2015年3月18日

written

by mayu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop