現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

女性をキュンとさせる「男らしさ」を発揮できる7つの場面

7733 views

よく女の子に女々しいと言われてしまいます…でも男らしさってどうアピールしたらよいのでしょうか。(大学2年生・男性)


 

男らしさを発揮したい男性

© 2013 Ondrej Barva

 

男らしい男性って魅力的ですよね。日焼けしていて、包容力のありそうな体型で、腕が筋肉ムキムキだと外見は男らしいかもしれませんが、内面はどうでしょう。そんな内面の男らしさを行動で女性に向けて発揮できる時があると、男らしさポイントupですよね。では、具体的にどのような時でしょうか。今回は、女性をキュンとさせる「男らしさ」を発揮できる場面を7つご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。




1:女性が重たいものを持っている時に「持つよ」と持ってくれる



何か重いものを持っているときに、さっと手を伸ばして「持つよ」と言いながら持ってくれるとキュンとしますよね。また、重い荷物と軽い荷物が沢山ある時に「これとこれは重いから、〇〇はこの軽い方を持ってね。」と重い方を運んでくれると優しいな~と感じますよね。このジェントルマンさにキュンとするでしょう。




2:何かで迷っているときに「じゃあ、~にしようよ。」と決めてくれる



レストランでメニューを選んでいるときに、2つの物で迷うことがありますよね。例えば、マルゲリータとクアトロ・フォルマッジのどちらも食べたいけれど1つに決められないと女性が言っていたら、「じゃあ、僕がマルゲリータ注文するから、シェアしようよ。」と女性の希望が叶うように決めて行動してくれることです。この決断力と気遣いにキュンとしますよね。




3:大勢が集まるコンサートなどではぐれないように手をつないで引っ張ってくれる



大勢が集まるコンサートなどに行くと、人がギュウギュウではぐれてしまわないか少し不安ですよね。そんな時に手をつないで、引っ張りながら移動してくれたら、頼りになる人だな~とキュンとしますよね。また、旅行時に知らない大都市でずっと手をつないで他の人にぶつからないようにリードしてくれたりすると守られているな~とキュンとするでしょう。




4:女性がしたくないことでウジウジしていたら「もう、しょうがないな~」と代わりにしてくれる



虫がいて退治したいけれど触れない時に、「もう、しょうがないな~」と虫を外に出してくれるとキュンとしますよね。因みに筆者は、レアなケースですが、鶏の丸焼きを頂いたものの鶏の形が目の前にあると切り分けられないとウジウジしていた時に、「もう、しょうがないな~」とササッと切り分けてくれた時にキュンとしました。潔い行動力がポイントですね。




5:女性が手が届かなくて物が取れない時に「はい、これ。」と取ってくれる



背が低いと高いところに陳列されているものに手が届きにくいことがありますよね。手を伸ばし届きそうだけれど届かない…という場面で、サッと取って「はい、これ。」と渡されるとキュンとしますよね。自分よりも背の高い男性限定ですが、一般的には女性の方が男性より背が低いでしょうから、このシチュエーションも大いにありでしょう。




6:歩道が狭いところで「危ないから前歩くね」と守りながら歩いてくれる



どこかを歩いていると急に歩道が狭くなるところがありますよね。そういう時に縦一列になって歩かないと危ないですが、その時に「危ないから前歩くね」と言いながら前に移動し、守りながら歩いてくれるとキュンとしますよね。車が来たら腕でカバーしてくれたり。この包容力と頼もしさにキュンとしない女性はいないでしょう。





7:女性が寒いと言うと自分の着ていたものを貸してくれる



女性はおしゃれのために薄着をしがちですよね。でも、急に肌寒くなった時に羽織るものを持っていなかったらどうしましょう。そんな時に、男性が気付いて「これ、羽織りなよ。」と着ていたものを貸してくれたらキュンとしますよね。因みに筆者は、デート時に長袖の服を貸してもらい、パートナーが半袖の下着のような白いTシャツだけで街中を歩いてくれたのを特によく覚えています。


いかがでしたでしょうか。


女性をキュンとさせる「男らしさ」を発揮できる場面を7つご紹介しました。意外といつでも発揮するチャンスがあると感じませんか。ぜひ、参考にして、今日から実践してみてくださいね。

2015年3月18日

written

by boel


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop