現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月18日更新

女性から「つまらない男」と思われてしまう話題5選

1643 views

気になっていることもうすぐごはんを食べに行くことになったのですが、上手くトークするコツを教えてください。(大学1年生・男性)


つまらない男と思われた男性

気になっていた彼女と,デートまでこぎつけた!トークは得意だから,絶対彼女と


次の展開にすすむぞー!なんて思っている,あなた。



 

本当にトークは,大丈夫?ただ,うるさいだけじゃない?


そのトーク,本当は彼女に「つまらない」と思われていない?



 

女性が,「もう帰りたいな」「次はないな」と思わないようにトークをすすめないといけません。


そのためにも,女性が思う「つまらない」と思う男性の話題について5つご紹介しちゃいます。



 

自分大好き!自分のことが一番話題!



 

彼女とのデートが楽しくてしょうがないからだとしても,自分のことばかり,自分の話題ばかり


話すような男性。どんなに聞き上手な女性でも,「もういいわ」と思いますよ。



 

「今日が楽しみで,昨日〇時に寝ようとしたけど寝れなくて,テレビつけて・・・どうのこうの」


女性が笑ってくれるのは,最初だけです。永遠,そんな話をされても,女性は,あなたの


話題に心を奪われませんよ。



 

自分のことを話すにしても,女性をメインに考えて,彼女に質問しながら自分の話も


織り交ぜ,上手に会話をしてほしいです。




自分の良いところを知ってほしい。「自慢」が話題!



 

自分を良く見せたくて,焦ってはいけません。


女性は,あなたの良さに会話の中で気づきますから,


自慢のオンパレードで,彼女を疲れさせてはいけません。



 

特に,何かで賞をもらったことがある,みんなが俺をこういうんだよね。


家庭環境の自慢。特にお母さんの自慢が始まったら,


女性は,もう2度と二人では会ってくれないと思いましょう。




 「それ,何の話?」 自分の周りだけの「内輪ウケ」の話題。



自分の身のまわり,例えば,バイト仲間の人の話,仲良しの男性,元カノの話。


一緒にいる女性には,全く興味のない話であり,ひとつも笑えない,


よく言う「内輪ウケの話題」ですね。一緒にいる女性が笑っていても,愛想笑いです。


気を付けましょう。



 

それ以上に,お母さんの話を多いのも,ちょっと色々考えてしまいます。


家族を大事にしている感じを出したいのはわかりますが,間違っても


お母さん大好き,うちのお母さんは,おもしろい。会ったら笑うよ。


などの,お母さん推しはやめましょう。




「うん。」って言えないの?女性の話題を否定&横取り



せっかく女性側が,話題を提供しても,「うーん。そうかな。」と上から否定し,


「俺はさ・・・」が始まる。話題は,男性の考えで進み,女性はポッカーンです。


俺なりの考えを話すのは,悪くはありません。でも,女性の話を聞かないで,


この話してる俺かっこいい!!と,自分に浸っているそんなあなたに,女性は


嫌気がさしますよ。



 

何か言わないといけないと思い,自分の考えを言っているのかもしれないのですが,


いいえ,女性は,「うん。そうだよねえ。」「俺もそう思う!」の相槌が欲しいだけです。


もちろん,嘘はいけませんが,自分の考えと違っていても,いったんは,女性を,


認める発言をしてくださいね。



 

人を馬鹿にして,口から文句しか出てこない。



 

カフェに入ったら,お店の悪口。テーブルがイスが汚れている。店員さんがなってない。


食べ物には,持論を持ち出し,これはまずい,この野菜の切り方はダメだ。等々。



 

本人は,批評家ぶっているのでしょうが,ここは,デート中。相手は,気になる女性。


悪口,文句,ばかり言っていて,自分を強く見せているのでしょうが,負け犬の遠吠えです。


女性も一緒にいる時間が苦痛です。「私といるのがそんなに嫌なの?」となりますよ。



 

一緒にいった女性にも,周りにも優しい男性でいてください。



 

女性が心から笑ってくれる,女性が心から喜んでくれる,そういう


話題を出していけるように心がけましょう。きっと自分も,相手に


上記5個のようなことをされたら,イライラしちゃうと思いますよ。



 

そうならないように,一緒にいる女性の反応を,きちんと見ながら


会話して,会話上手になりましょう。



 

 

 

2015年3月18日

written

by ぱあこはな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop