現在17274個の困ったを解決できます!

2016月12月10日更新

男性は意外と繊細。出会いから付き合うまでの恋愛心理の変化

792881 views

最近、大学で好きな人ができました。どういうときに男性が「この人と付き合いたい!」と思うのか、男性の恋愛心理を教えてください。(大学2年生・女性)

好き




「好きな人ができたんだけど、どうしたら好きになってもらえる?男性ってどんな風に好きになるの?」こんな相談を良く受けます。


女の子は自分の気持ちには敏感ですが、やはり男の子の心理は読み切れないというもの。


なんとなく他の女の子に目移りしているように見えたり、いい感じだと思っていてもなかなかデートに誘ってくれなかったり。


付き合うまでのハードルって、結構高いように思えてしまいます。


ですが、男性は意外と繊細なので、態度に出さないだけであなたのことを結構好きだったりもするんですよ。


それを理解するには、出会ってから付き合うまでの男性の心の動きを知ると良いかもしれませんね。


今回はこの「出会いから付き合うまでの男性心理」を説明します。


それをもとに、男性の心をつかむ方法を見ていきましょう。




出会いから付き合うまでの男性心理


男性の心理状態を時間の経過とともに考えてみましょう。


誰かに惚れる前の男性は、同時に何人もの女性に興味を示します。


これは本能的な問題もありますし、複数の女性を気にかけて置くことで、ダメだった時のリスクを減らしているんですよね。


いかし時間がたつにつれ対象となる女性の数が減り、最終的にはたった1人に落ち着きます。


そして、「今だ」と思ったタイミングで、男性はその女性に告白するのです。


ここまで至るためには、この5つのステップをクリアする必要があるのです。


ではそのステップを一つずつ見ていきましょう。






(1)好感を持つ


恋愛の始まりは、出会った時に女性に対して男性が好感を持つ事からスタートします。


男性のストライクゾーンは女性と違いとても広いので、なんと約7割の女性がストライクゾーンに入るという説も!


そう思うと、自分に自信がない女の子でもちょっとは自信が持てるのでは?


残り3割は外れてしまうのか、という話になりますが、こればかりは相性の問題ですのでどうすることもできません。


基本的に万人受けする服装やメイクに気をつけていれば問題ないでしょう。




(2)デートに誘いたいと思う


出会ってから、「デートに誘いたい」と思ってもらうまでが一番の難関です。


「いいな」と好感を持たれても、必ずしも「誘いたい」と思われるとは限りません。


男性は意外と臆病で、断られて傷つくことを恐れています。


「ガードが極端に堅そう」とか、「彼氏がいそう」と男性が感じると、急に視界から外れてしまうことがあります。


逆に純粋な男性からすると、「遊んでそう」と感じた女性も対象外になってしまいます。


ですから、女性からすると男性に「誘いたいな」と思ってもらうのが一番難しいところです。


お目当ての男性を少し特別扱いにすると、それが鏡のように気持ちが跳ね返ってくることがありますよ。




(3)デートに誘う


デートに誘いたいと思った相手に対して、実際に声をかけるのって、男性にとって結構勇気のいることです。


男性も実は臆病なので、女性から誘いやすい雰囲気を作ってあげることが必要です。


男性の勇気に頼るだけでなく、自分から「パフェ食べに行こうよ」とか「おいしいイタリアンに連れて行って」などと軽く声をかけてみてください。


何となく共通の話題を作っておくのも、「この子となら二人きりでもちゃんと話せそう」と思ってもらえるので、オススメです。


ここを乗り切れば、後はかなり順調に進みます。




(4)付き合いたいと思う


最終的に、男性はこのフェーズで一人の女性に心を決めることになります。


デートの後、男性に「付き合いたい」と思ってもらうのは、女性にとってあまり難しいことではありません。


二人きりでデートに行くのは、最終の意思決定をするための確認作業なのです。


あまりに話が合わなかったり、話をしているときに目をそむけられたりさえしなければ、男性はどんどん相手の女性のことを好きになっていきます。





(5)告白する


一人の人に心が決まったからと言って、男性はすぐに告白はしません。


マメにメールの返事を返したり、お洒落なレストランを探し回ったりと、時間をかけてその女性と付き合える可能性を上げようと努力します。


逆に言うと、失敗する可能性を少しでも減らしておく作業をしているんですね。


ここで重要なのは、「付き合いたい」と心を決めてから告白するまでにある程度時間をかけてもらうことです。


なぜなら、男性は苦労して手に入れた女性との繋がりは、そうでない場合よりも大切にする傾向があるからです。


女性からすれば、好きな男性とは早く付き合いたいと思うでしょうが、長い付き合いを望むのであればここはちょっと我慢してみると良いかもしれません。


それに付き合うまでのドキドキを一番楽しめる期間でもありますから。








いかがでしたでしょうか。
この記事では、出会いから告白にいたるまでの男性の心理を解説しました。


多かれ少なかれ、男性はこのようなことを考えながら告白までの道を進んでいきます。


このステップを意中の彼と一緒に進むことができるといいですね。


デートに誘った時点では、決心はまだ付いているわけではなく、そこから徐々に熱が入り始めます。


男性に告白してもらいたいときには、男性の態度に一喜一憂することなく、焦らず落ち着いて過ごすことがポイントです。


あなたの恋が素敵なものとなることを祈っています。

2016年12月10日

written

by odahayato


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop