現在17271個の困ったを解決できます!

2014月6月27日更新

【新社会人へ】人気業界で生き残るための資格・業種別10選

1350 views

新社会人になるのですが、資格はやっぱりとっておいた方がいいのでしょうか?(大学4年生・男性)





あなたは就職活動時に希望企業先へ入社するため、いろいろな情報を集めて資格などを取得してきましたか?しかしその資格は、入社後も会社からずっと求められる資格であり続ける保証は全くありません。もしかしたら社会人としての基礎となる資格であったとすると、それは入社3年のうちに当たり前なものとして経歴とは言えなくなってしまいます。

せっかく掴み取った内定から、入社・就業を経てさらに特化した業務形態に合わせた会社に必要とされる人材となるためには、多様な業種に合わせた資格を取得していく必要があります。今回は志望業種に合わせた、社会人としてお勧めする資格を紹介します。

 

 アパレル業界



アパレル業界とは、衣服素材を製造する繊維メーカー、その素材を元にした服飾の製造・卸業のメーカー、衣服を販売する小売業をまとめて言います。繊維・製造の両方に通して有利になる資格は、和裁技能士や染色技能士の資格があります。どちらも製造過程での裁断から縫製・色彩知識などをマスターすることで新しいデザインや製品を生み出す力となりますが、どれも経験が重要とされているので働きながら自分のスキルアップとその先の人生を見据えた計画的な勉強が必要となります。

 

商社など会社員



まずは簿記。売掛金・手形貸付金・当座預金など聞き覚えはあっても人に説明できるほどは知らないお金の知識を、社会人としての共通知識として勉強しておきましょう。目安は簿記2級レベル、それ以上は社内の経理部や公認会計士に任せてもいいでしょう。TOEICは900点を目標にしておくと社内での株は絶対的に有利になります。帰国子女や外資系企業ともなると、メールや電話応対が英語必須となってきますので隙間時間で勉強は続けていてください。

 

輸送業や機械工業メーカー



空輸などの運輸業・自動車製造業・精密機械業などは海外への進出と支援に力を注いでいる業界なので、必要な資格としては国際物流管理士・物流技術管理士とがあります。海外物流輸送に関する知識を試すもので、この資格は国際的にも認められており高く評価されます。

 

金融や保険関連企業



金融に関しては人生設計と繋げてアドバイスできるファイナンシャルプランナーが有名ですが、株式や債券の価値を評価する証券アナリストもその分野では必要とされる専門職です。ほかには保険料の掛け金を算出する専門職アクチュアリーという資格も専門性が高く、銀行によっては融資・渉外・投資信託の専門知識を問う銀行業務検定試験の資格取得を義務付けているところもあります。

 

医療福祉系



経営・経理に必要な医療事務、これからの高齢化社会に対応するものは社会福祉士が求められてきます。どちらも法定医療点数に関する知識だったり法改正に伴って取得後も勉強が必要となる資格であるため、常に向上心を持ってスキルアップを目指しましょう。

手帳 ペン

社会人になると学生時代のように勉強時間をしっかり確保することはほぼ無理です。残業をこなし家事をこなし、子供もいたらそれこそリラックスタイムもどうなるか。そんななか勉強時間を確保するアイデアとして、出社まえに近くのカフェで勉強してみてはいかがでしょうか。オフィス街のファストフード店やカフェは勉強している大人が結構見受けられます。勝手に仲間意識を持って勉強すると、怠け癖も顔を出さなくなるかもしれませんよ。

2014年6月27日

written

by ドルフィン�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop