現在17274個の困ったを解決できます!

2016月9月18日更新

学生の間に取っておきたい!学部別・就活に役立つ資格まとめ

21797 views

就活のために資格を取っておくべきなのでしょうか、またとるとしたらどのようなものを取っておくべきなのでしょうか。
学部の勉強と範囲が被る資格だと嬉しいのですが。(大学1年・女性)

就活に役立つ大学生のうちに取りたい資格

© naka - Fotolia.com


資格そのものは合格に直結していなくても、次の理由があれば率先して取得しておくべきです。

☆同じように並ぶライバルよりも一歩踏み込んだアプローチ

☆履歴書の「資格」欄にひとつでも書いておきたい
☆面接のとき面接官の印象に残しておけるチャンス


就活で忙しい学生の向上意欲と計画性をアピールすることができます。

「御社で仕事を遂行する上でこの資格を活かしていきたい」と具体的な業務の姿をアピールすることは、面接官にとっては即戦力として心に響きます。





取る資格の選び方


勉強する女性



数ある中から大事な時間を資格取得に費やしたのに、アピールには的外れなことにならないよう次のことをチェックして選んでみましょう。




短期間で取得できる


学生とはいえ資格取得に割く時間はそれほど多くないでしょうから、できるだけ短時間の勉強で取れるものが嬉しいですね。


また就活直前の人も、選考に間に合うように長くても数か月で取得できるものを選びましょう。


早いものは数週間で取得が可能なものもあります。


とくに試験会場の日程までみてスタートしないと、間に合わないものを選んでしまう危険性があります。




得意分野かつ合格率が高いものから

入手難易度を考えたとき、合格率10%の資格に四苦八苦するよりも60%ぐらいのものに力を注いだほうが効率良く取得できます。

ほぼ確実なものから選びましょう。


また、あえて自分の苦手な資格を取得しようとする理由はありません。


先に得意分野の資格を取り、時間がある時に苦手分野に取り組みたい人はそうすればいいと思います。





面接官に響くもの

選考時のアピールを考えたとき、何のために取ったのかを自分の言葉で説明できないと逆にアピールの足を引っ張ってしまうことにもなりかねません。

向上心を持って就活に臨んでいるという姿勢が伝わるよう、志望度が高いと思わせられる資格を選びます。


また、みんなが取っている資格だと優劣をその中でつけられてしまいます。


ある程度知られている資格ながら、取っている学生が少ないものを選ぶのも、戦略的にアリでしょう。




仕事に直結するもの

就職活動のアピールだけを狙って資格を取得してしまうと、元の木阿弥となってしまいます。

面接官もそれぐらいのことは見抜いてしまいますので、自分自身の数年後の姿をアピールできる資格を選びましょう。


入社後に研修として取得をすすめられる資格も多いですが、学生時代から取っておくと周りと差がつくスタートにもなります。


その仕事に絶対につきたい、という意志の強さもアピールできて一石二鳥です。





おすすめ資格


たくさんの参考書




普通自動車免許

外勤の業務があると思われる企業を受けるのであれば、普通自動車免許をお勧めします。

どの学部でも共通して東京・大阪など大都市圏の人や女性は持っていない人が多いかもしれません。


しかし全国に支店をもち、転勤も条件に入っている企業であれば営業車両などの運転を必要とする日が必ず来ます。


しかも社会人になってから取得しようとすると、自動車練習場に日中通う時間をつくることが極端に難しくなることがわかります。


面接官も地方での業務も含めて選考しますので、そこで溝を開けられることを事前に阻止しておきましょう。





簿記

経済学部や経理志望の学生には必須となる簿記ですが、それ以外の業種志望のあなたにも必ず力になってくれる資格です。

そもそも簿記とはお金の流れを把握するための資格、ということは売掛・買掛など営業での常識用語が満載。


販売でも自分の売り上げが会社にどれだけ貢献しているかを知る知識ともなります。


経済・経理職以外を志望する学生でも日商簿記3級であれば1か月での取得も可能ですので、通信教育や資格取得専門書籍に目を通してみましょう。


アビバで簿記資格について調べる





TOEIC/TOEFL

海外志向の企業が増えてきているので、英語が話せる社員を育てることに力を入れているところもあります。

なかでも文学部、特に英文学部では常識の英語力を数値化して評価・判断できるTOEICとTOEFLの重要性は面接官もしっかり見ています。


一般職でも600点は最低ほしいところですので、海外進出の方向性を出している企業には率先的に履歴書に書いておきましょう。


新TOEIC(R)テスト600点攻略プログラムを見てみる
TOEIC(R)テスト 800点攻略プログラムを見てみる
挑戦900点 TOEIC(R)テスト攻略プログラムを見てみる




MOS

工学部・経済学部ではすでに取得済みという学生も多いかと思われますが、業務の効率化を図るためにはPC力は必須。

なかでもMOS(マイクロオフィススペシャリスト)という資格がもっとも有名。


基本的なことから学べるうえ、マスターしておくと入社してOfficeを使用する場合はかなり作業効率が変わります。


特にPCが苦手ということでなければ、1か月もかかることなく取得できます。


アビバでMOSについて調べる




いかがでしょうか。


もちろん学生時代は友達との思い出づくりも大切だと思いますが、時間のある学生の時間を上手に使って、スキルアップにつなげてくださいね。

2016年9月18日

written

by ドルフィン�%8


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop