現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月19日更新

【就活でも使える】証明写真の作成・編集を自宅で行う方法

4751 views

就活用の証明写真のことで相談です。パソコンを使えば自分で作れると聞いたのですが詳しく教えていただけませんか?(大学2年生 女性)


こんにちは!和@nago_fukです。

就職活動の必須アイテムが証明写真。 そして就職活動中、初期の段階でびっくりするのもこの証明写真ではないでしょうか?
というのもこの証明写真、写真館で取ってもらおうと思ったら、なんと1枚あたり1000円近く費用がかかることもあるんです。
ですが就職活動をしたにも関わらず、 わたしはこの証明写真を撮りにいっていないんです。
というのもわたしは自分で写真を加工したからです!
全体の流れとしては ①写真を撮る ②PCヘ取り込む ③加工する ④印刷 の4工程です。

 

写真を撮る際の注意点が2つ。
まず【背景は白が好ましい】ということです。
写真の主役であるご自身の顔が栄えるようにとりましょう。

そして【画質がいいカメラをつかうこと】です。
もちろん加工にあたってカバーは可能ですが 元の写真の画質が荒いと、どうしても印刷時に写真が汚くなります。

この2点を抑えたら加工にいざチャレンジです。
今日は証明写真加工に使えるフリーソフトを2種類ご紹介します。

 

 

①Adobe Photoshop



Photoshop_CC_icon
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

写真加工といったらみなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
Adobe Photoshop、わたしたちが普段目にする広告などの編集にも用いられています。
とても有名でなんでもできちゃうソフトなんですが1つ問題が。 なにせ高いんです……。
ですが実はAdobe、30日間のお試し期間を用意してくれています!
最初の30日以内に証明写真加工を行えば問題はありません。
ただしこの場合はPDFやimgファイルなどに変換して保存するのを忘れないようにしてください。
そうでなければファイルが開けず、この後画像を使えなくなってしまいます。
*ちなみにPhotoshopですが、ほかにもAdobeは色々なプランをだしているので
学生のうちにゲットしておくと随分お得に使うことが出来るかもしれません。

 

②GIMP



ダウンロード
http://www.gimp.org/

こちらも有名な画像処理ソフトです。 全体の使い方としてはphotoshopよりも少し使いやすいかもしれません。
というのも、基本動作がwindowsに入っているペイント機能に似ているためです。
ダウンロード画面が英語なので少々不安になるかもしれませんが 知っている単語にそってダウンロードすれば問題ありません。
継続的に画像編集などの勉強をしたい人をのぞけば、GIMPで十分ではないかと思います。
それぞれのソフトで検索をかけると証明写真用の編集の仕方がたくさんでてきます。
みなさんがダウンロードされたソフトのバージョンに気をつけて編集をされてください!
あまり大きく写真加工をしたくないという方は、 全体の肌色を変えること、髪型を整えること等で抑えてもいいかと思います。

 

【印刷の話】



これらの写真データ、最近はコンビニへUSB経由でデータをもっていけばさくっと印刷が可能です。
コンビニの種類によっては携帯電話のデータを送るだけで印刷可能なものもあります。
画質は少々落ちてしまうのですが経験上少々画質が悪いところでわたしの場合は問題ありませんでした。
とはいえ、実物の自分と大きな差がない程度にきれいにすることも大切かとは思います。
移動にどうしても費用がかかってしまうので、証明写真の加工くらいは 自分でトライしてもいいかもしれませんね。
自分の写真と数時間見つめ合うことさえ出来れば加工そのものはそれほど難しくありません。
みなさんが充実した就職活動をおくれますように!
それではここまでありがとうございます! 和@nago_fuk でした!

2015年3月19日

written

by nagominago_fuk


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop