現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月20日更新

通学にも使える!大学生におすすめの原付二種(125CC)5選

26270 views

車は高いし買えないのでバイクを買おうと思っています。安くておすすめの物ってあえりませんか?


お金はないけど、旅には出たい!車は買えないけど、原付なら何とか買えるかな?

そんな学生さんは、ぜひ、原付ではなく、少しだけ背伸びして原付二種を購入してみてはいかがだろうか?

今回は、ツーリングも旅も通学も!低コストでなんでもこなしちゃう優等生、原付二種(125CCのおすすめを紹介したいと思います。

 

 

1.HONDA PCX



 

原付二種

 

http://www.honda.co.jp/PCX/

価格:329400円

まるでビックスクーターのようなフロントマスク。なんといってもカッコいい!!フロントフェイスにはLEDポジションランプなども使用し、メーターパネルには燃費計もついてしまう装備の豪華さ。さらには、スマホも充電できるアクセサリーソケットも装備しており、長時間のツーリングでもスマホの電池を気にせずにナビアプリなど使用できる。また、このクラスでは初めて、アイドリングストップ機能を搭載。スタイル、燃費、エンジンパワー、乗りやすさ、至れり尽くせりの装備、どれを取り上げても申し分ない完全無欠の一台。

 

2.SUZUKI アドレスV125(V125S)



原付SUZUKI アドレスV125



http://www1.suzuki.co.jp/motor/uz125l3/index.html

価格:243000円

パッと見原付。だが、それは羊の皮を被ったオオカミで、97㎏の車体に125㏄の4ストエンジンを載せた化け物である。装備や機能は必要最低限ながらも、価格はPCXより8万円も安い。「V125はなんかおばちゃんくさい!」という方にはV125Sがおすすめである。車体価格は2万6000円ほど高くなるが、ヘッドライトは逆スラント形状で他の125CCバイクでは見られない特徴的なカットとなっている。また、フロント、リアウインカーもクリアレンズタイプであり、デザイン性に優れる。メーターパネルもデジタル時計やデジタルのオドメーターが付いており、LED証明で視認性が向上している。さらに、街乗りの学生には嬉しい、盗難抑止アラームがついており、駅での駐輪も安心だ。

 

3.YAMAHA シグナスX



原付3YAMAHA シグナスX

 

http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/scooter/cygnus-x/

価格:286200円

車体の大きさはPCXとアドレス125Vを足して2で割った様な感じという印象のシグナスX。まさしく、2台の中間、両車両のアドバンテージをいいとこ取りの存在だ。足つきや取り回しの良さはアドレス譲りで、収納性や精悍なスタイリングはPCX譲りである。価格もアドレスV125Sから1万8000円ほどプラスで一回り大きな車体と考えれば、とても割安である。隠れた最大の特徴はYAMAHA純正の装備の多さかもしれない。125㏄であるにも関わらず、HIDヘッドライトにすることができたり、中低音のサウンドと常用域のパワーアップにこだわったマフラーなどが装備でき、カスタマイズが可能である。また、ナックルバイザーやグリップヒーターなどもあり、冬や雨の通学用にカスタマイズすることも可能だ。

4.YAMAHA YBR125



YAMAHA YBR125

http://www.ysp-members.com/lineup/foreign/ybr125_2014/index.html

価格:282960円

せっかくバイクに乗るなら、マニュアル車じゃないと!って方にお勧めしたいのが、中国で生産され、日本に逆輸入して販売されているYBR125である。なんといっても最大の特徴は、ギア車であり、安いことである。車体はほぼフルサイズのバイクで、原付二種というカテゴリーで乗ることができるのでとても経済的である。また、車体価格もYSPショップでなければ新車で乗り出し25万以下で買える。特徴らしい特徴を持たないが、燃費もよく、燃料タンクも13L備えており、ロングツーリングも難なくこなす。通学の運転もツーリングも楽しみたい方に最適!

 

5.KAWASAKI KLX125(D‐トラッカー)



原付YAMAHA YBR125

http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/klx125/

価格:348840円

125㏄といえど、バイク乗りの一番の楽しみは冒険なのだ!というあなたはこれをおすすめしたい。クラス唯一のオフロード車KLX125。小型で取り回しが良く、オフロードながら通学にもツーリングにも使える一台である。ただし、積載能力はほとんどないので注意が必要だ。普段、峠や砂利道やダートを走ることなどほとんどないであろうが、道なき道を突き進むことの出来る125㏄はKLX125のみであるといっても過言ではない。また、少々こける位では壊れる心配はいらない頑丈さもオフロードの魅力である。バイクで遊びたい方は、さまざまなシーンで役立つであろう。

 

いかがでしたか?125㏄原付二種といっても、様々なタイプがあり、個人の用途や使用シーンによって良いものをセレクトすることが一番です。ここで紹介したものはどれも筆者おすすめの一台です。どれも所有欲を満たしてくれるよいバイクであることは間違えないですので、読んでくださった方のバイク選びの参考になれば幸いです。

 

2015年3月20日

written

by ka-kun


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop