現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月20日更新

カンボジアの英語教育ボランティアとは?

1058 views

カンボジアでボランティアをしたいのですが、どんなものがありますか?(大学2年・女性)


カンボジアと聞いて、一番に何を浮かべますか?「アンコールワット!」と答える方が多いと思います。そういう観光スポットに人が絶えず行くこともさることながら、実はカンボジアは観光地ながら、あまり裕福な国ではありません。勉強がしたくてもできない子供たちもたくさんいますし、その日の食事に困る方たちもたくさんいます。そこで、今の我々にできることはないか、と考えたとき、有力になるものはあります。学生の方にできることとして挙げられるのが、英語教育ボランティアです。今回は、そんなカンボジアの英語教育ボランティアについてついてご紹介します。

 

英語教育ボランティアとは?



恵まれないこどもたちを支援するためのボランティアのことです。内容は、英語を学びたい子供たちのために、英語を教える、といったものです。カンボジアでは、無料の学校などが開かれていますが、そこはたくさんの子供たちであふれていて、学校に入れない子供たちがまだたくさんいます。その一方で、カンボジアの英語教育の需要はとても高くなってきています。そこで、NGOが開いた学校などで、英語を無料で教える、といったボランティアが生まれました。あくまでボランティアなので、教員免許等は必要ない為、英語をかじった方であればレッスンができますし、それだけでなく、生活面で子供たちをサポートすることも大切です。

では、実際にカンボジアの英語教育ボランティアを開催している企業についてご紹介していきます。

 

 プロジェクトアブロード





プロジェクトアブロードでは、いくつかの現地のNGOと共に、恵まれない子供たちの生活向上のために活動しているところです。ここでは、ボランティアに参加する際、必要な書類があります。それは、「犯罪なき証明書(警察証明書)」です。子供を相手にするため、そこはしっかりとしています。これは発行にアメリカに代行申請するため、手数料と年月がかかりますので、注意しましょう。

参考WEBを貼っていおきます。詳しいことはこちらをどうぞ!

http://www.projects-abroad.jp/projects/teaching/teach-english/cambodia/

 

ボランティアプラットフォーム



こちらでは、カンボジアのシェムリアップ郊外にあるトンレアップ村、コムルー村で活動しています。この地域は、アンコールワットがある観光地なので、英語の需要がさらに高いです。子供たちがここで英語を使えれば、観光業に参加でき、就職に優位になるため、大人になって働くためにとても重要です。こちらは19日間のプランで、大体10万円前後で参加することができます。又、オプショナルツアーでアンコールワットを観光できるたのしみもあります。

http://volunteer-platform.org/cambodia/

JHP-学校を作る会



少々脇にそれますが、実際に学校建設に携わることができるのがここです。こちらは1ヶ月派遣されることで、遊具を作ったり、教育を支援したり、学校建設事業に参加することができます。こちらは学生だけでなく、シニアの方や主婦の方も参加できます。

http://www.jhp.or.jp/katsudo/volunteer/cambodia/

 

いかがでしたか?今主流なボランティアを行っているところを主にご紹介しましたが、何か興味を持った方はいらっしゃるでしょうか?もしそうなら、ぜひ参加してみてください。ただし!半端な気持ちで参加するのは、失礼に当たりますので、よしましょうね。

 

2015年3月20日

written

by yasuko


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop