現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月19日更新

要注意!彼女との喧嘩で絶対言ってはいけない7つの言葉

4707 views

最近彼女と喧嘩することが増えてきてしまいました。喧嘩しても絶対に言ってはいけない言葉があれば教えてください。(大学4年生・男性)


喧嘩する二人

喧嘩するほど仲が良い、とはよく言いますが、彼氏・彼女と付き合う時間が長くなれば成る程、相手の事をより深く知っていくと同時に喧嘩の回数も増えてしまうのが世の定めではないでしょうか。ほんの些細な事から大喧嘩に発展してしまう事もしばしば。気が許せる相手同士だからこそつい言い過ぎてしまう事もあるでしょう。それまでに育んできたお互いの信頼のもとに仲直りできればいいのですが、これを言ったら一貫の終わり?!修復不可能になる可能性大の、彼女と別れたくないならば絶対に口にしてはいけない、絶対禁句・タブーの言葉を7つご紹介します!

 

1・「あいつの方が良かった」「あいつならこんなことしない」という元カノと比較する言葉



喧嘩中に元カノの話題を出すなんて無論、しかも自分と比較して元カノを持ち上げるような発言は絶対にしてはいけません。
やっぱりこの人は私より昔の女の方が好きなんだ、今でもそれは変らないんだと彼女に思わせますし、女にとっては別の女と比べられる事は最大の屈辱のひとつです。
元カノのほかにも、自分の母親を礼賛なんてのも絶対にいけません。一気に冷められてしまうかも。

 

2・「最初から付き合わなければよかった」



出会いから今までの全てを無に返す最強の一言。本当はそんな風に思っていない、冷静に考えるとわかるだろ?と思うかもしれませんが、頭に血がのぼっている相手にはそんな理屈通用しません。今までの時間を返してよ、それじゃあこれ以上無駄にしないように今すぐ別れましょう、そんな言葉を彼女から引き出してしまう魔法の、いえ黒魔術的な一言です。

 

3・「別にはじめから好きじゃなかった」



こちらもふたりの歴史を全否定する言葉。あなたが思っている以上に女子を傷つけてしまうのがこの言葉なのです。

 

4・「お前といるメリットが無い」という打算的発言



付き合ってても意味が無い、などという何かの為に付き合っている主旨の発言は、あなたの人間性を疑われてしまいます。この人は自分の利益の為に人付き合いをする人だったんだ、そんな寂しい人間と一緒になって私はこの先幸せかしら?と二人の未来をも一発で破壊してしまうダイナマイトがこの一言です。

 

5・「もう別れよう」



これは本当は別れるつもりのない人がつい言ってしまいがちな超リスキーな一言。自分のほうはまさか本当に別れまい、と思っているが故に簡単に発してしまい、相手に「別れ」という考えを与えてしまう究極の言葉なのです。

 

6・「それは君の甘えじゃない?」という頑張りを認めない言葉



こっちはこんなに頑張っているのに!誰が認めてくれずとも、近しい彼にはせめてわかって欲しい自分の頑張り。彼には味方でいて欲しいのに、こんなに一緒に居てもなにもわかってくれないんだ、結局私は独りなのね。。と思わせ、せっかく築いた信頼にヒビや欺瞞が生まれてしまうかも知れません。

 

7・「これだから女は」



相手の言う事を少しも理解しようとせず、頭ごなしに相手や相手の人格を否定してはいけません。もし彼女にフェミニストな一面があったとしたら、一気に冷められる、または激怒される可能性大有りです。いえそんな人で無くてもかなりの割合で冷めてしまいます。この一言を言われたら最後、この人には実は普段から女性を下に見ていて、理解しようという態度が微塵もないと思われてしまいます。もし仲直りできたとしても、この人は女性に対して共感や理解の気持ちがない人なんだという印象は彼女の頭の片隅に残ったままなのです。

 

いかがでしたでしょうか?

いつもヒートアップしてしまう彼氏さんも、関係にジ・エンドを迎えたくないのならばこれらの言葉は後生絶対に発してはいけませんよ!

2015年3月19日

written

by いちはら


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop