現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月20日更新

【トルコ】妖精が住む場所!?カッパドキアを楽しむ5つのコツ

438 views

今度トルコに行くんですが、カッパドキアってどんなところですか?(大学2年・女性)


トルコにある有名な世界遺産カッパドキア。

その広大さゆえにどう楽しめばいいのか迷いますよね。

ここではそんなカッパドキアを楽しむための5つのコツをご紹介いたします!

カッパドキア

© naruto_japan - Fotolia.com

歴史、特色を知る



 

カッパドキア
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%89%E3%82%AD%E3%82%A2


 

カッパドキアができた経緯や特色を知ることでよりその場を楽しみましょう。

カッパドキアは、人間の手によって加えられた美しさと融合し、想像をはるかに超えた類まれな自然の驚異が、訪れる人の目の前に贅沢に繰り広げられています。

“妖精の煙突”、地下何メートルもの深さに広がっている都市や教会などのすべてがカッパドキアの幻想的な景観を生んでいます。

 

何百万年もの昔、カッパドキアの3つの山、エルジイェス、ハサン、ギュルルは活火山でした。

噴火は中新世後期、すなわち7,000万年前以降に始まったとみられ、その間に火山から流れ出た溶岩が新第三紀に生じた湖に沈みました。

主に火山の噴出物でできた凝灰岩の台地は、より小規模で穏やかな噴火が繰り返される間に、絶え間なくその姿を変えていきました。

鮮新世後期以降、こうした凝灰岩の層は雨に打たれ湖や川によって浸食されて現在の姿となりました。

洪水時に勢いを増して谷間を流れる水と強風が柔らかい溶岩を切り裂き、変化に富んだ固い地層がむき出しになった結果、“妖精の煙突”として知られる奇岩群を形成しました。

 

 

 

歩き方を知る



 

カッパドキア
出典:http://happy.ap.teacup.com/jumadiary/816.html


 

カッパドキアはカッパドキアは面積およそ100k㎡(諸説あり)標高およそ1000m以上の高原地帯です。

ここでは、おすすめの歩き方をご紹介いたします。車などではなく自分の足で歩いてみるとまた違ったものが見えると思いますよ。

 

ギョレメ村からウチヒサールまで
ギョレメ村は村自体が奇岩群の中にあります。なので、歩いているだけで面白いです。

村にはギョレメ屋外博物館があり、屋外博物館の壁面のあちこちに穴があいているのですが、これはキリセと呼ばれる岩窟教会で異教徒たちに教会の存在がわからぬよう、岩をくり抜いて造られています。

キリセの内部では美しいフレスコ画を見ることができます。また、中心のホテル街から5分ほどです。
今度は北東へ約5kmのゼルヴェ屋外博物館。


歩いているとまず現れるのがチャウシンで、ここでは廃墟となった村や多くの岩窟教会を見ることができます。

続いて見えてくるのがパシャバー。

奇岩といってもいろいろな種類があり、ギョレメのような巨大な岩と違い、ここの岩はキノコ型のものです。

そこから1kmほどでゼルヴェ屋外博物館です。

ここは峡谷になっていて、岩壁に無数のキリセや住居跡が並んでいます。


さらに、南西約5kmにあるウチヒサール。

ギョレメから見える穴だらけの奇妙な山がウチヒサールです。

この山の穴、鳩をおびきよせるための穴で、鳩の糞を集めてぶどうの木の肥料にしていたそうです。

また、ギョレメ・パノラマなど道中には絶景スポットがいくつもあります。

 

 

空から見る



 

カッパドキア
出典:http://ameblo.jp/onlyseed/entry-10405930577.html


 

奇岩群を空から眺めるのはいかがでしょうか。

カッパドキアには気球に乗って奇岩群の上を飛ぶツアーがあります。

歩くのとはまた違ったカッパドキアの表情がみられるはずです。

是非、気球でゆっくりとした時間をすごしてください。

 

 

宿泊施設



 

カッパドキア宿泊
出典:https://www.tabikobo.com/tour/TTRTK6CI-ANA-YE


 

カッパドキアの一つの名物でもある洞窟ホテル。

キリセのように岩をくり抜いて造られた部屋を貸し出している「洞窟ホテル」がたくさんあります。

今回はそのひとつをご紹介いたします。

ギョレメ屋外博物館のすぐ近くにあるアタマン・ホテル。

洞窟ホテルの典型的な形で、ツインで150ドル前後からです。

Ataman Hotel(アタマン・ホテル)

ホームページ:http://www.atamanhotel.com/jp/

住所:50180 Goreme, Nevsehir, Turkey

TEL:+90-384-271-23-10

 

 

ベストシーズン



 
カッパドキア


出典:http://4travel.jp/travelogue/10803540


 

観光をするならやはりベストシーズンに行くのがおすすめです。

カッパドキアは、冬は積雪のためウフララ渓谷などのトレッキングは行うことができません。

また、ゼルヴェ屋外博物館なども入り口付近しか入れなくなってしまいます。

12~3月の夜はマイナス10度を切ることもしばしばあります。

なので、冬より夏がおすすめです。





いかがでしたでしょうか。

事前に十分リサーチするとより、旅行が楽しめますよ。

 

2015年3月20日

written

by mayu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop