現在17272個の困ったを解決できます!

2014月7月11日更新

これだけ!iPhoneでカッコいい写真を撮るちょっとしたテクニック

708 views

iPhoneでカッコいい写真を撮ってみんなに自慢したいです!どうしたら上手く撮れるでしょうか?(大学1年生・男性)


 

iPhoneで写真撮影をする女性

© ondrooo - Fotolia.com

 

iPhoneで気軽に写真を撮って、SNSにあげて共有するのが当たり前の世の中になりました。


気軽に撮れるからこそ、良い写真を撮りたいですよね。


たとえiPhoneでもカッコいい写真を撮りたい!そんなあなたに、ちょっとしたテクニックを教えちゃいます。



 

まずは「手ブレ」を防ごう



 

シャッターが切られる瞬間を意識する!



 

どんなに被写体が素晴らしくても、ブレてしまっては台無しですよね。


まずは、良い写真への大きな一歩、「手ブレを防ぐ方法」を紹介します。



 

iPhoneでは、撮影ボタンを押した瞬間ではなく、離した瞬間にシャッターが切られます。


そのため、撮影ボタンを押しながら被写体を見極め、「ココだ!」という瞬間にパッと指を離すことで、手ブレを大幅に軽減することができます。



 

また、iPhoneを両手で持つことも、手ブレを防ぐための基本中の基本です。


手ブレを防止して、しっかりとピントの合った写真を取りましょう!



 

「構図」で差をつけよう



 

キーワードは「三分割」!



 

「三分割法」という言葉をご存知ですか?


タテ・ヨコをそれぞれ三分割して、それらの線上、もしくは線の交点上に被写体を配置することで、安定した構図が得られるというものです。


言葉では少しわかりづらいと思いますので、下の画像を見てみてください。



 

三分割法

画像出典:wikipedia

 

この写真の主役である木が、線の交わったところにちょうどありますよね。


これによって、写真全体が引き締まり、雰囲気のある写真になっています。



 

また、iPhoneでは画像のようなグリッドをカメラ画面に表示することも可能です。


[設定]>[写真とカメラ]>[グリッド]をオンにするだけ!簡単ですので、ぜひお試しくださいね。



 

 

視点を変えてみよう



 

1回の撮影じゃもったいない!



 

写真を撮るとき、1枚だけ撮ってオワリ、という方は多いのではないでしょうか。


もし良い写真を撮りたいのなら、それではもったいない!



 

少ししゃがんでみたり、iPhoneを傾けてみたり、思いっきり近づいてみたり…


いろいろな角度で、視点で、何度も撮ってみましょう。


被写体の新たな魅力に気づいたり、思いがけない良い写真が撮れるかもしれません。



 

 

「光」を意識しよう



 

写真の善し悪しを決める、光の向き



 

光と写真は、切っても切れない縁にあります。


そこで、光の「向き」を意識して写真を撮ってみましょう!



 

被写体のサイド、もしくは斜め上から光が射すようにして、写真を撮ってみてください。


陰影が強調され、自然なのにどこか雰囲気のある、そんな写真が撮れますよ!



 

 

いかがでしたか?


気軽に撮れるiPhoneだからこそ、「いいな」と思った瞬間を簡単に残すことができます。


ここはiPhoneで撮る写真の大きな魅力のひとつです。



 

何気ない日常でも、写真を撮って残すことできっと素晴らしい思い出になるでしょう。


今回紹介したテクニックを実践して、iPhoneでの撮影をもっともっと、楽しんでくださいね!


そしてSNSなどで友達に自慢して、人気者になっちゃいましょう!



 

2014年7月11日

written

by 345


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop