現在17271個の困ったを解決できます!

2014月7月13日更新

大学生必見!バイトやインターン情報満載のWantedlyとは?

5144 views

アルバイトを探しているのですが求人誌を見てもなかなかやりたいバイトがありません。他に見つける方法はありますか?(大学1年生・男性)


仕事をする女性

© yo- - Fotolia.com

学生中のアルバイトといえば、飲食店・アパレル・ホテル・ケータイショップなどの接客や塾講師など選択肢が限られているように感じることが少なくないかもしれません。自分の本当にやってみたいお仕事を見つける方法の一つにwantedlyを活用してみるというのはいかがでしょうか?

 

Wantedly とは?



Wantedlyとは、facebookで簡単に無料登録ができるインターン・アルバイト募集サイト。

wantedlyは従来のリクルート・サイトとは異なり、今までにない少し変わった方法で求人者と求職者を結び付けてくれるプラットホームです。

「シゴトでココロオドル人をふやす」というミッションを掲げ、斬新さを兼ね備えたwantedlyの使い方をcheckしてみましょう。

 

Wantedlyの使い方



1 Wantedlyのサイト(https://www.wantedly.com/)にアクセスし、無料登録をする



facebookのアカウントがあれば、簡単に登録が可能です。

 

2 気になる募集を見つけて、応募する



Wantedlyには、学生歓迎のアルバイトや、長期のインターンシップの情報などが盛りだくさん。

まず目につくのは、クックパッドやエキサイト等、有名企業の求人。

街中でもらえる求人誌には絶対載っていない求人情報が多く掲載されています。

また、大学生があまり使っていないため、就活生はインターン探しに便利かもしれません。

面白そう!と思った会社や、ワクワクする求人があれば、ぜひエントリーしてみましょう。

 

3 オフィス訪問や面接への招待



エントリー後、企業側もあなたに興味を持った場合、オフィス訪問や面接への招待が届きます。

Wantedlyのプロフィールを充実させておくと、会社の方からオフィス訪問の招待が来る可能性も!

 

4 オフィス訪問や面談



招待を受けたら、日程調整の後にオフィス訪問に行くことができます。

あなたと会社がマッチすれば、プロジェクトメンバーとして加わったり、会社にインターン生や社員として参加することになるかもしれません。

wantedlyでやるべきことはこのたった3つの手順のみ。

この3つを行うだけで、

・自分の将来のビジョンを広げる

・自分にマッチした仕事に出会う

・学生らしいアルバイトという枠組みを超えてのインターンに参加する

・人の知らない、大学の中ではあまり聞かない情報をゲットする

などなどのメリットがあるのではないでしょうか。

自分らしい、本当にやってみたいと思えるお仕事を便利なwantedlyで見つけてみましょう。

 

ちなみにwantedlyには

・就活メール・テンプレ / 例文 Web版(https://www.wantedly.com/campaign/shukatsu_mail_template

・できる履歴書(https://www.wantedly.com/resume)

・履歴書の書き方(https://www.wantedly.com/resume/way_of_writing)

など就活のシチューエーション別の例文や履歴書の書き方に関するコラムも掲載されています。

これは就活をいずれ控える学生に使わない手はありません。

さぁ、さっそくwantedlyに登録してみましょう。

2014年7月13日

written

by mana


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop