現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月22日更新

大人の定番!美術館デートを楽しむ7つのコツ

5207 views



彼女に美術館にデートに行こうと誘われました。実際美術館デートってどうなんでしょう?(大学2年・男性)






美術館


© Brian Kinney - Fotolia.com


美術館デートというと「若い二人が楽しむにはちょっと物足りない」「楽しめないんじゃないの?」そんな風に敬遠しがちな皆さん!



美術館は実は絵などにあんまり詳しくない方でも、案外良いデートスポットなんです。

温度管理は徹底していますし、屋内なので天気も気にしなくてオッケーです。

美術館自体がおしゃれな雰囲気なので、雰囲気だけでも味わえたりしちゃうんです。

そこで、美術館デートを楽しむためのコツやポイントのご案内です。

国立西洋美術館 国立西洋美術館(上野)

1.美術館を選ぼう!



美術館と一言で言っても、色々な美術館があります。


西洋画専門・東洋専門・モダン美術専門などなど・・・


二人の興味がそそられるものをチョイスしてみることをお勧めします。


たまに自分のすごく興味がある方を案内してあげるのもいいかもしれませんが、どちらかが対して興味がない場合、興味がない方はとてもつまらない思いをしてしまいますよ。


絵本の原画展などもあるので、お互いの思い出の絵本原画などを見に行ってもいいかもしれません。




2.エキシビジョンをビジョンを楽しもう!



美術館は広いです。広い中をゆっくり展示を見て歩くので、慣れない方は非常に足が疲れます。


ソファーやいすが置かれていますが、人がいっぱいで座れない・・・足が痛くて楽しめない・・・


そんな結果にならないために、まずはじめにエキシビジョン(特別展示)に挑戦してみてください。


特別展示では、通常の展示よりも短いことと、展示内容が絞られているため、わかりやすいんです。


例えば「ピカソ展」「モネ展」などなど・・・


更に有名な絵画が展示されることも多いので、「これ知ってる!!」などと言いながら二人のお気に入りの作品を探してみるとよいかもしれません。




3.バッグはロッカーに預けよう!



盗難などの恐れもありますが、バッグを預けることによって身軽になります。


ただでさえ慣れない方にはつかれる美術館です。楽しむ余裕もなくてはいけません。




4.疲れない靴を履こう!



デートになると、女性はおしゃれしてヒールの高い靴を履く方も多いです。


よほど履きなれていればいいのですが、疲れてしまう場合はあまりお勧めしません。


休めるところが少ないので、なるべく疲れない靴で回ることをお勧めします。




5.お目当ての作品をお互いで確認しよう!



お互いが興味のある作品、見てみたい作品を確認しておくことをお勧めします。


美術館の中でも「見たいって言ってた作品があったよ。」「近くで見ると違うね。」などと声をかけて話題の一つにすることができます。同じものを目当てにしている場合は、もっと話が弾むかもしれません。




6.館内のおみやげ売り場を楽しもう!



館内には美術品に関連するお土産物が結構豊富にそろえられているんです。


ポストカードやマグカップなど・・・


現代アートや絵本原画展などではキャラクターもののかわいいグッズが売られていたりするので、自分たちのお気に入りの作品グッズを手に入れることができちゃいます。




7.カフェは事前に調べよう!



美術館の中にも雰囲気が良くてデートにぴったり!なカフェはありますが、混んでいるかもしれません。


すぐ近くにカフェがあるのか確認しておきましょう。


歩き回って疲れた後に、「つぎどうする?」なんて声をかけても、疲れていたら雰囲気が悪くなってしまいますよね。美術館の素敵な雰囲気を味わった後は、甘い飲み物やデザートでも食べながらのんびりするのも結構乙ですよ。





番外編



美術館内は結構人が多いんです。特にエキシビジョンなどは結構人が多くて歩きづらかったりします。


少し目を離しているうちに恋人や思いを寄せている人がどこかへ行ってしまうかもしれません。


はぐれそうになったら手をつなぐチャンス!だったりします。


遊園地や映画館では難しい「結構混んでるから」といって手を差し伸べることが案外成功しちゃうかも。


人が少ない美術館でもご安心です。静まり返っているのでかえって二人でこそこそ話すことができて距離がちじまるかもしれません。


参考美術館検索サイト:http://artscape.jp/exhibition/schedule/exhi_schedule_result.php?area=8

2015年3月22日

written

by midd


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop