現在17272個の困ったを解決できます!

2014月7月11日更新

男性が思う女子力と女性が思う女子力の5つの違い

3645 views

女子力を挙げたいのですが、よくわかりません。そもそも女子力ってなんなんでしょう。(大学1年・女性)


「女子力」という言葉は、ここ数年女性によく使われるようになりましたが、最近は男性も口にするのをよく見かけるようになりました。

ですが、男性と女性では捉え方や意味がちょっと違っているようです。

例えば、男性が思う「女子力」というのは、最終的に結婚などを考えた男性へのアピールであるという意見もありますが、一方で女性は結婚や出会いなどは意識しなくてもキレイでありたい、美しく健康的で素敵な女性になりたいと思う過程に存在しているという意見があります。

女子力

© LanaK - Fotolia.com

では、他にどんな違いがあるのか男性と女性が思う「女子力」の違いについてまとめてみましょう。

1.「女子力」とは、男性にとっては「願望や理想」、女性にとっては「目標や希望」

男性に「女子力」とは何かと聞くと、大人の色気、上品さ、品格、美しさ、セクシーさといった男性を引き付ける力であったり、気遣いや思いやり、家庭的、女性らしくあろうとするつつましさやおしとやかさなど、女性ならそうあってほしいという願望や理想といった回答が多いようです。

女性は、美容、メイク、ファッション(センス)、体型、仕事、家事など今よりもっと上を目指したいという目標や希望といった答えが多いです。

2.「女子力」は男性にとって「女性が本来もつ自然なもの」、女性にとっては「レベルUP」

男性と女性では、「女子力」のスタート地点が違うようです。男性にとっての「女子力」は本来の女性らしさといったもともとの本質的なものであり、優しさや母性など潜在的能力と捉えていることが多いようです。なのでタイプであったり好意をもった女性などに対し「あの子は女子力高いな」と思うようです。

女性であっても憧れる女性にはそう思うものですが、自身であればスタート地点は本質と言うよりも、現在の自分から、知識を得て学んだり運動やダイエットをしてレベルをUPさせることで「女子力」を上げると考えます。

 3.「女子力」は、「男性のためか」、「自己実現のためか」

男性は女性の男性を引き付ける力、気配りや優しさといった性格上の本質的能力や家事能力といった生活で備わった教養などを女子力と思っている人が多いようです。

それに対し、ほとんどの女性は誰かのためというよりは自分のため、自信を持つために女子力を上げようとしています。もちろん好きな人のため恋愛のために女子力を上げようとする人も多いのですが、失恋や失敗をした時など今よりもっと強い自分になったり、自信を付けてもっといい恋をするなど前向きな自分になるための力として使うこともあるのです。

4.家庭的な女性と、キャリアのある女性

男性はそもそも理想で女子力を判断する人が多いので、家庭的な女性を女子力が高いと思う方もいるようです。一方、女性は魅力も生かしながら女性が自信をもって社会を歩いて行こうとする姿に女子力を感じることがあります。一昔前ならできる女性はかわいげがないと言われていましたが、今はできる女性は輝きを持ち女子力が高いと言われ、そこを目指す女性も多いのです。男性に求めていた知識や金銭力は今は女性自らが誰に頼ることなく、自分の力で得ようと日々努力し、認められようと頑張っている方も多いのです。

5.女性らしさとカッコよさ

男性と女性の思いにかかわらず、女性は女性らしさが魅力的なもの。ただ、男性は美しさや品格、身だしなみといった外見と女性らしい内面に女子力を見つけますが、女性は外見や内面の他にも知性や行動、体力、運動能力などの部分にも女子力を見つけます。

守ってあげたくなるようなか弱い女性は男性にとってかわいく女性らしいと思いますが、女性にとっては何でもこなせるかっこいい女性に魅力を感じることもあり、本来の女性像とそうありたいと思う願望に女子力が存在しているのです。

 

「女子力」という言葉の意味は曖昧なもので、男性女性に限らず人の数だけ意味があり、捉え方もそれぞれに違ってくると思います。げんに中には男性の言う女子力を参考にしている女性もいますし、一人の女性として、妻として、母親としてなど、立場やシチュエーションによっても女子力の意味は違ってくるのです。

ただ、女子力と言うくらいですから女性らしさを忘れないようにしましょう。無理をしすぎたり、体に負担になるようなことは女子力UPとは言えません。不調は内面だけではなく外見にも少なからず影響がでますので、あまり型にはまることなく充実した生活をおくることが女子力につながると思います。

素敵な女性になるために今より少しだけ女子力UPを目指しましょう。

 

 

 

2014年7月11日

written

by uematu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop