現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月20日更新

初めての海外旅行でも安心!女性だけでも行きやすい「親日国」まとめ

3611 views

女友達と初めての海外旅行に行くのですが、どこかおすすめの国はありますか?(大学2年・女性)


初めての海外旅行では女性だけだと不安ですよね。

そこで、女性だけでも安心な親日国をまとめました。

 

トルコ



 

親日国トルコ
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Flag_of_Turkey.svg


 

黒海、エーゲ海、地中海に囲まれた国トルコ。

ヨーロッパとアジアの交わるところに位置するその地理的状況と同様に、文化的にもアジアとヨーロッパが交じり合う場所です。

アジアとヨーロッパをつなぐ町イスタンブール、世界遺産に登録されているカッパドキア、世界で愛されるトルコ料理など、沢山の魅力があります。

 

「エルトゥールル号遭難事件」

1890年、演習を兼ねて日本を訪れていたオスマン帝国(一部の地域が現在のトルコ)の戦艦エルトゥールル号が、和歌山県沖で遭難。


日本は遭難者の救助に当たり、生き残った乗組員たちを日本海軍の戦艦で母国に送り届けました。


この出来事がきっかけで、トルコと日本に友好的な関係が生まれたといわれています。




モンゴル



 

親日国モンゴル
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E5%9B%BD#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Flag_of_Mongolia.svg







モンゴルで有名なのは、どこまでも広がる草原。


南には中国まで広がるゴビ砂漠、北にはロシアへ続く針葉樹林と湖が美しい地帯と大自然を感じることができます。


首都ウランバートルは都市化が進んでおり、街歩きやチベット寺院や宮殿観光がおすすめです。


「共産主義からの脱却」


近年では、元横綱の朝青龍や現横綱の白鵬、日馬富士などのモンゴル出身の力士が活躍していることも影響していますが、モンゴルが共産主義からの脱却の際に日本が援助を行ったことが親日の要因です。


また、その後の日本からのODAで発展を遂げたこと、ニュースなどで日本から援助を受けたことを大きく報道していることも影響しているようです。






ポーランド



 

親日国ポーランド
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Flag_of_Poland.svg


 

ポーランドとは「平原」という意味をもっていますその名のとおり、森や湖など手つかずの自然が残された美しい国です。

王国の形成は10世紀。16~17世紀には「ポーランド=リトアニア連合」としてヨーロッパ最大の領土を誇りました。

コペルニクスが地動説を発表するなど、クラクフ大学を中心に文化が育まれ、ピアノの詩人ショパンの祖国でもあります。

 

「シベリア孤児救済」

第一次世界大戦後、ロシアに残留したポーランド人の孤児たちを日本赤十字社が救済したことがその理由です。

ロシアと戦争をしていたポーランドは孤児を助けることができず、日本の外務省に救済を依頼。

その後、日本の帝国陸軍の支援で、孤児たちは日本経由でポーランドに帰されました。

 



インド



 

親日国インド
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Flag_of_India.svg


 

「神々と信仰の国」または「喧騒と貧困の国」といわれるインド。

5000年の歴史を誇り、多様な宗教、言語、文化を持つ民族がひしめき合って一つの文化圏を作っています。

国内には膨大な数の遺跡があり、1000年以上前に造られたものが当時の形のままで残っているものも少なくありません。

なかでもデカン高原の遺跡はインドを代表する人類の宝といわれ、その圧倒的なスケールには言葉を失ってしまうほどです。

また、インド料理など料理も楽しめます。

 

「チャンドラ・ボーズ」


日本人にとって、「インド独立の父」というとマハトマ・ガンジーのことだけを思いますが、多くのインド人はもう一人挙ます。

チャンドラ・ボーズです。彼の肖像画は、インドの国会議事堂にマハトマ・ガンジーの肖像画とともに飾ってあります。






マハトマ・ガンジーが非暴力であったのに対し、チャンドラ・ボーズは日本陸軍の藤原岩市少佐のF機関により編成されたインド国民軍を改編し、インド駐留英国軍と戦った人です。

インドの歴史教育を終えた人で、彼の功績を知らない人はいないくらいです。

また、彼を助けたのが日本人であったことも親日になった要因でしょう。

いわば、日本とインドは英国の植民地政策に抵抗し、アジアを開放するために戦った戦友なのです。

 

 

パラオ



 

親日国パラオ
出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Flag_of_Palau.svg


 

コロール島を中心に複数の島々が橋でつながっている国、パラオ。

周辺海域にはドロップオフやケープ、沈没船などダイビングに魅力的なスポットが沢山あります。

また緑生い茂るジャングルや滝など、トレッキングやクルーズも楽しめます。

 


「パラオ国旗の由来」

「青い海に、黄色の満月」という「月の丸」。公募された国旗案70点の中から、この国旗が満場一致で選ばれたといいます。

「太陽」を象徴する日本の国旗に遠慮したパラオは、「満月」をモチーフとし、さらに、中心を少しずらすことで、日本に敬意を表したという話もあるそうです。


なぜそうしたのでしょうか。
















ドイツが第一次世界大戦で敗れると、パラオは「日本」の統治領となりました。


日本は現地の人に対し熱心に教育を行い、住環境整備とともに多数の学校や病院を建設しました。


日本の行った一連の施策は、パラオに「未曾有の経済発展」をもたらし、人口も2万人から5万人へと激増させることとなりました。


戦争で多大な被害をもたらしたという事実は消せませんが、こうして日本に敬意を示してくれる国もあります。


いかがでしたでしょうか。


旅行に行くときの参考にしてくださいね。























2015年3月20日

written

by mayu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop