現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月20日更新

印象がこんなに変わる!浴衣を引き立てる帯の選び方まとめ

9803 views

夏祭りに浴衣を着ていきます。帯の選び方を教えてください!(大学2年生・女性)


夏祭りに浴衣というのは、日本ならではの風習です。
可愛い浴衣もたくさんあるので、この日ばかりは浴衣でお洒落をしたいですよね。
では、浴衣にぴったり合う帯の選び方を紹介したいと思います!

1.同系色で無難に決める





画像出典:http://www.yukatayasan.com/detail/110791.html

 

浴衣と同系色の帯を選ぶと、全体がスッキリまとまります。
これは、浴衣を着るのに慣れていない、初めて自分で浴衣を選ぶという人におすすめの選び方です。

例えば、水色の浴衣に青い帯だったり、ピンクの浴衣に赤い帯だったり、同系色を選んでいきます。
色というのは、ケンカをしてしまうものです。
この色とこの色は合わない、という色同士が存在するのです。
ですから、慣れないうちは同系色の帯と浴衣を選ぶようにするといいかもしれません。

 

2.反対色の帯はモダンな印象





画像出典:http://www.yukatayasan.com/detail/109913.html

 

浴衣と全く反対色の帯を選ぶと、個性的でモダンな印象を作ることができます。
浴衣はあるんだけど、帯だけ替えたいという人は、あえて反対色の帯を選んでみるといいかもしれません。

例えば、赤い柄の浴衣なら緑色の帯を締めて元気な印象にしてみることもできます。
ピンクなどの淡い色の浴衣なら、ブルーの帯を締めると全体が引き締まって見えます。

反対色の帯を選ぶポイントは、浴衣の柄の中にその色が入っているかどうかです。
柄の一部にでも帯の色が入っていると、反対色の帯であっても、全体をまとめることが出来るので、柄の色も参考にしてみてください。

 

3.藍色の浴衣なら、帯は原色系





画像出典:http://www.yukatayasan.com/detail/109185.html

 

藍色の浴衣は定番ですが、帯の色を大人しい色にしてしまうと、落ち着いた印象になります。
明るいイメージを持たせたいのであれば、原色系の帯がオススメです。

藍色の浴衣には、基本的にどんな色の帯もあわせることが出来ます。
例えば、黄色や赤、緑などの帯は、藍色の浴衣の落ち着いた雰囲気と馴染んで、華やかな印象を与えてくれます。
逆に、落ち着いた色みの帯を選ぶと、藍色の落ち着いた雰囲気もあって、さらにおしとやかな印象を与えることが出来ます。
20代くらいであれば、原色系の帯を選んで、少し華やかさを出してもいいのではないでしょうか。

 

4.モノトーンの浴衣には、ビビットな色の帯





画像出典:http://www.yukatayasan.com/detail/110152.html
白や黒の印象が強いモノトーンの浴衣には、ビビットな帯を合わせることで、華やかさやモダンさを出すことが出来ます。

例えば、黒地の浴衣なら赤や濃いピンクの帯が似合うでしょう。
白地の浴衣なら、黒や濃紺などの帯を締めることで、全体を引き締めることができます。
白地の場合には、全体の印象がぼやけてしまうことがあるので、帯で引き締めるようなイメージを持つと選びやすくなります・

5.浴衣の柄と帯の柄を合わせる





画像出典:http://www.yukatayasan.com/detail/108867.html
浴衣に桜柄が入っていたら、帯にも桜柄を入れてみると、ちょっと上級者向けのコーディネートになります。

浴衣の柄にはそれぞれ意味があり、なでしこや桜、朝顔などの柄があります。
帯は無地のものが多いのですが、柄の入っているものを選ぶのであれば、浴衣の柄と合わせてみましょう。

ですが、帯にも派手な花柄、浴衣にも派手は花柄というような選び方をしてしまうと、柄同士がケンカをしてしまうので注意しましょう。
浴衣の柄が派手なものであれば、帯は無地の方が無難かもしれません。

まとめ



浴衣に合わせて帯を選ぶと、浴衣の印象をより引き立てることができます。
今年の夏祭りや花火大会は、浴衣と帯にこだわってみてくださいね。

2015年3月20日

written

by 虜to-li-co


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop