現在17272個の困ったを解決できます!

2016月10月27日更新

初ディズニーランドを120%楽しめる!便利で役立つ必要な持ち物7つ

109878 views

ディズニーに行くのですが、何か持っていった方がいいものはありますか?(大学1年・女性)

テーマパークに持っていきたいものリスト


待ちに待ったディズニーランド!


行くからにはしっかり楽しみたいですよね。


だからといってあれもこれも、と持って行っては荷物ばかりが増えてしまい、使わなかった物を抱えて帰宅するのは疲れた身体にかなり堪えます。


必要最低限を厳選して、賢くディズニーランドを楽しむには何が必要か。


これさえあれば心配なし!パークを楽しむために絶対必要な持ち物を7つご紹介します。




ウエットティッシュ


パーク内にはトイレがあるのでもちろん水道もあります。


しかし多くの人が集まるディズニーランド、いつも混雑していて並ぶのが面倒な時や時間を短縮したい時に役立つのがウエットティッシュです。


食べ物や飲み物で手が汚れてしまった時や砂ぼこりでなんとなく気持ちが悪い時、汗をかいてべたつく時にまで持っているだけで何かと活用できる優れもの。


ちょっと手を洗いたいけどトイレまで少し離れている、アトラクションに並んでいる時に手が汚れてしまった…!なんて時にもあると安心です。


水道に並ぶ手間や時間を気にせずに過ごせるので、せっかくのディズニーランドを存分に楽しみたい方は是非。




扇子


あると思いのほか助かるのが扇子です。


テーマパークで遊ぶときの一番のネックは待ち時間。


夏の暑いときだけでなく、冬場でも人が多く密集する場所では空気の流れが悪くなるため、人によっては少し気分が悪くなることも。


扇子があれば暑さや息苦しさを少し和らげてくれるので、長い待ち時間を快適に過ごすことができます。


また、暑さの中をひたすら待ち続けるのもなかなか辛いものがありますが、たまに扇子で扇いでいれば少しばかりの気分転換にもなります。


無くても我慢できるけど、あると助かる。


そんなアイテムです。


うちわでもいいのですが、扇子は畳んで収納できて邪魔にならないので、持っていくなら扇子がオススです。




ペットボトル飲料


一日パーク内を移動しているとかなりの体力を消耗します。


夏はもちろん、冬でも水分補給は欠かせません。


パーク内でもドリンクの購入はできますが、長いアトラクション待ちで喉が渇いてしまった時はなかなか列を離れるわけにはいきませんよね。


飲みたいと思った時に飲めるようにペットボトルの飲み物を持参しているととても便利です。


全て飲みきって中身が空っぽになっても、飲み残した紙コップのドリンクを入れることができるので無駄にすることもありません。


またパーク内で販売されているドリンクは通常より少しお高めなので、行く前に用意しておくだけで節約にもなります。


首から下げられるホルダーもあるとかさばらず、両手も自由になるのでより便利です。




カメラ


記念日や誕生日など、特別な日にディズニーランドを訪れる人も多いのではないでしょうか。


特別な日でなくても、あまり頻繁に行くことができないディズニーランド。


非日常を思わせる空間や景色がいたる所にあるため、必然的にシャッターチャンスも多くなります。


記念日なら尚のこと、その時その場でしか撮ることのできない写真や映像を残すためにも、カメラは欠かせません。


今はスマートフォンで手軽に写真や動画を撮ることができるようになりましたが、画質の良さではやはりカメラには勝てません。


事前に容量の確認を忘れずに行うことも大切です。




もしデジカメなどを持っていないという方は、セルカ棒をこれを機に買うのもオススメです。


そして、携帯で写真を撮る方はポータブルの充電器も忘れずに持って行きましょう。


写真についての準備をする時にはセットとなるアイテムです。


また、季節に応じて行われているイベントでパーク内の装飾が変わったり、アトラクションの雰囲気が変わっていることもあるため、ディズニー好きは逃さないようにしましょう。




使い捨てカイロ・保冷剤


長い時間を待ち時間として過ごすディズニーランド。


時間は楽しさでなんとか乗り切れるものの、暑さや寒さは耐え難いものがありますよね。


そんな時に使い捨てカイロやよく冷やした保冷剤があると過ごし方も変わってきます。


カイロは服の内側に貼るタイプの物と手で持つ物を併用して使用すれば、少しぐらいの寒さも気になりません。


保冷剤はタオルに包んで首に巻いておけば暑さもだいぶ和らぎます。


食品を購入した時に付いてくる保冷剤を活用すれば無駄もなく、カイロも保冷剤も使用後は捨てることができるので荷物になる心配がないのも嬉しいですよね。


小さなパワーですが、あると快適・安心の必需品です。




帽子


ディズニーランドの移動は基本的に外になります。


アトラクション待ちで建物内にいる場合を除けば、暑い夏も寒い冬も外を行ったり来たりすることになります。


真夏の直射日光を浴び続けた結果、体調不良でダウン…なんてことにもなりかねません。


一緒に行った人に心配や迷惑をかけることになり、せっかくのディズニーランドがとても残念なことになってしまう恐れがあります。


そんな事態を防ぐためにも、熱中症対策に帽子は忘れないようにしましょう。


日差しが強い時には日焼け予防にもなりますので、一石二鳥です。


夏だけでなく、冬も何かと役立つのが帽子です。


耳まで覆うタイプの帽子であれば、冷たい風から身を守る防寒具として重宝します。


基本的には被っているものなので荷物にならないのも嬉しいポイントです。





ビニール袋


持っていて良かったと意外にも重宝するのがビニール袋です。


食べ物を買ったはいいものの食べきれない時、捨てるのはもったいないけどずっとそのまま持っているのも手が塞がってしまい不便ですよね。


そんな時に一時的に保存するのに役立ちます。


更に水で濡れたり汚れて着替えた洋服をしまっておくのにもビニール袋が一枚あれば安心です。


スーパーのビニール袋を活用して、小さい物から大きいものまであれば完璧。


チャック付の密閉袋であれば食べ物を鞄の中にしまうのも心配ありませんよね。


また、思わず買い物を先にしてしまって、荷物が入りきらない!


という時に簡易のサブバッグとしてショップバッグなどを用意しておくのもおすすめです。


ビニール袋は畳んでおけば小さく薄くなり、場所も取らないので何かの時に備えて鞄に忍ばせておきましょう。






いかがでしたでしょうか。


初めてのディズニーランドを楽しむために必要な物をご紹介しました。


ただパーク内を楽しむだけであればこれ以上必要な物は無いとも言えます。


とは言っても、パレードを見たい方はレジャーシートやブランケット、天気が悪くなりそうな時はカッパが必要になったりと、季節やシチュエーションによって必要な物も変わってきますので、あくまでも基本的な必需品として参考にしてください。


また、これらの持ち物は肩掛けやリュックに入れていくことをおすすめします。
キャラクターたちとはしゃいだり、食事をしたりと、両手は空いているほうが何かと便利です。
それに、置き忘れるリスクも少しだけ軽減されますね。




今回ご紹介したものはほとんどが不要になれば処分することが可能なので、歩き疲れた上にお土産を持って帰る方でも安心です。


もしもに備えて楽しいひと時をお過ごしください。

2016年10月27日

written

by sigure


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop