現在17272個の困ったを解決できます!

2016月7月24日更新

【就活生向け】もうこれで困らない!内定承諾書の「送付状」の内容例文・書き方のコツ

63167 views

企業から内定を貰いました。内定承諾書を送付するときの送付状って何ですか?(大学4年生・女性)


内定承諾書を送付するときの送付状



内定、おめでとうございます。

企業から内定を貰ったら、まず内定承諾書を提出することになります。
そのときには、送付状を添付するのがマナーとなっているのです。

しかし、内定承諾書なんで書いたことありませんよね?

では、送付状の内容には、どのようなことを盛り込んだらいいのでしょうか。


ここでは内容の例文と書き方を紹介します。

失礼のないよう注意して送りましょう。





1.送付状って何?



内定承諾書に添付する送付状というのは、いわゆるお礼状みたいなものです。
内定を頂いたことへのお礼と、働くことへの意欲を内容に盛り込みます。
また、内定承諾書などの書類がある場合には、その書類の内容一覧を作成して、その書類が入っていることを知らせるために用います。


送付状を出すタイミングとしては、内定を頂いたらすぐにです。
少なくとも、提出期限までにはきちんと送付するようにしましょう。
もし、第一志望の会社の面接が残っているのであっても、内定承諾書は出しておくべきなので、提出期限までにはきちんと提出をしておきましょう。

ここで注意点ですが、提出期限というのはこちらがその期限までにポストに投函するという意味ではなく、その期限までに向うの会社に届く期限となっています。ここを注意せず、ギリギリに出すと大変なことになるので、あらかじめ余裕を持って送付状に取り組み、投函しましょう。





内定承諾書に添付するための送付状です。
なので、内定を頂いたことへのお礼や、今後の抱負を書いておくといいでしょう。
また、現在では、送付状は必要ないという人もいます。
マナーとしては送付状等を添付して書類を送ることになっていますが、送付状は要らないという意見もあるようです。
お礼や抱負も伝えたいという気持ちがあるのであれば、送付状として一緒にその気持ちを届けてみるといいかもしれません。






2.送付状の書き方とは



内定承諾書を提出するときの送付状には、いくつか必ず盛り込むべき内容があります。


・日付
・宛先
・差出人の氏名等
・「書類送付のお知らせ」等のタイトル
・本文
・添付書類の内容


送付状には、最低限これだけを書いておきましょう。
また、内定を頂いたあとに送る書類なので、今後の抱負等を書いておくと印象が良くなります。

あまり抱負では自分の配属される部署などが決まってる場合より詳しく記述するとより◎です。





3.内定承諾書の送付状例文1



拝啓
○○○の候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、内定の通知を頂きましたこと、誠に有り難く厚く御礼申し上げます。
4月からの新しい生活に、身の引き締まる思いです。
何卒ご指導の程、よろしくお願い致します。
つきましては、指定の書類を送付致しますので、ご査収の程よろしくお願い申し上げます。
敬具



内定承諾書 1部
(他に添付書類があれば、書類名と部数)


以上







4.内定承諾書の送付状例文2



謹啓
○○○の候、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、内定のご連絡を頂きまして、誠にありがとうございます。
つきましては、以下の書類を送付致しますので、ご確認下さいますようお願い申し上げます。
至らぬ点も多々ありますが、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。
まずはお礼を申し上げたく、お便り致しました。
本当にありがとうございました。
敬具



内定承諾書 1部
(他に添付書類があれば、書類名と部数)


以上







いかがでしたでしょうか。



内定承諾書の送付状というのは、必ずなければいけないものではありません。
ですが、内定を頂いたことへの感謝を伝えるためには、是非、付けておきたいものです。
内定承諾書を送付するときには、送付状でお礼を伝えることを忘れないようにしましょう。

きちんと送るときに不備がないか再度確認してから送りましょう。




初めは難しいと感じるかもしれませんが、きちんと書き方のマナーを守れば誰でも書けるようになります。
落ち着いて、丁寧に書いてみてくださいね。

2016年7月24日

written

by 虜to-li-co


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop