現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月20日更新

留学にはない、ワーホリ5つの魅力

672 views

留学をするか、ワーキングホリデーにするか迷っています。ワーホリの魅力を教えてください。(大学3年生・女性)


 

ワーホリをする大学生
留学をすると、留学先の国での行動はある程度制限をされてしまいます。
学業が主な目的である留学では、就職をしたりすることが認められていないからです。
ワーキングホリデーでは、学業の他に、現地で働くことも認められています。
より多くの経験をしたいというのであれば、留学よりワーキングホリデーをオススメしたいのです。
では、ワーホリの魅力について、紹介していこうと思います。

 

1.ワーホリなら自由な行動が可能になる



ワーキングホリデー(ワーホリ)は、行動に一定の制限はあるものの、留学ほどの制限はありません。

そもそも、留学というのは「勉強」のために行くものなので、勉強以外のことは制限されています。
休日にある程度の観光をすることは可能でも、現地で働くことは認められていません。
なので、アルバイトなどを行って、自分で生活費を稼ぐということができなくなるのです。

ワーホリでは、一定の制限の元で、就労も許可されています。
もちろん、現地の学校で学ぶことも可能です。
アルバイトなどは、ワーホリに行く国によって違いますが、短期間・短時間であれば許可しているという国がほとんどです。
また、ワーキング「ホリデー」という名前の通り、休暇として海外に行くことを意味しているので、ゆっくり観光をすることも可能です。

ワーホリでは、留学にはない自由な行動が可能になるという魅力があるのです。

 

2.学校だけではない交流をすることができる



留学をすると、どうしても行動範囲は学校のみになってしまいます。
海外の大学などには多くの国から色々な学生が集まっているとはいえ、その全てが「学生」なのです。
色々な考え方の差はあっても、基本的に同じ「学生」という立場で話し合うことが出来ます。

ワーホリで海外に行ってアルバイトなどをした場合、学生ではない人たちとの出会いがあります。
お店の店長さんだったり、店員さんたちというのは学生ではなく、「社会人」です。
ですから、その国独特の働き方や働くときの考え方を知ることが出来ます。
これは、学生として留学をするだけでは分からないことなので、とても大きな魅力の1つです。

 

3.日本ではできない就労体験ができる



海外には、日本にはない仕事やボランティアが数多く存在します。
日本にいるだけ、もしくは留学をするだけでは、その仕事やボランティアに触れる機会というのは少ないのが現状です。
ワーホリとして海外に行くと、そんな仕事やボランティアに触れることが出来ます。

例えば、小学校などで日本語を教えたり、日本食レストランなどでアルバイトをすることもできます。
海外に行けば、もちろん日本人が「外国人」として扱われます。
なので、日本の文化や日本語を聞かれる機会もあるのです。
そこで改めて日本の良さを知ったり、海外から見た日本の姿を知ることが出来ます。
就労体験を通して、新しい日本を知ることが出来るのです。

日本に居ては分からないことや、日本では出来ない体験が出来るというのも、ワーホリの魅力だと思います。

 

4.期間が決まっているので、目的を持って行動することができる



ワーホリは、最長1年という期間が決まっています。
なので、目的を持ってしっかり行動することができるというメリットもあります。

留学には期間が定められていないので、自分が満足するまでしっかりと勉強をしていくことが出来ます。
ワーホリは、最長1年間という期間が決まっているので、その間でどれだけ多くのことを吸収できるかという時間との戦いにもなるのです。
せっかくワーホリとして海外に行ったのだから、より多くのことを吸収しようと思うのは当たり前のことです。
期間が決まっていることで、その目的のために積極的に行動をすることが出来ます。

ワーホリの1年間という期間は、積極的にいろいろなことにチャレンジしていくための期間なのです。

 

5.1カ国1回のワーホリだから、多くを吸収することが出来る



ワーホリでは、1カ国につき1回しか渡航することが出来ません。
オーストラリアのみは例外で、2回目以降のワーホリとしての渡航も条件つきで認められています。
ですが、一般的には、1カ国1回だけのワーホリになるのです。

1カ国に1回しか行けないワーキングホリデーという時間は、無駄には出来ない時間です。
その国でしか吸収できないことというのはたくさんあるので、それを出来るだけ多く吸収して、自分のものとして持ち帰ることが大切になります。
そのためには、無駄にできる時間はないのです。

ワーホリとしてその国にいける時間を無駄にできないということも、多くを吸収するために必要なことなのではないでしょうか。

 

まとめ



ワーホリを選択するメリットというのは、とても大きなものになります。
留学経験があることもそうですが、海外での就労経験があることは、その後の人生でとても大きなアドバンテージになります。
留学か、ワーホリかを迷ったときには、ワーホリを選んでみてもいいかもしれません。

2015年3月20日

written

by 虜to-li-co


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop