現在17271個の困ったを解決できます!

2014月7月13日更新

適当にやってない?日焼け止めの正しい落とし方

263 views

日焼け止めを塗って、落とさないといけないときに特に何も特別なケアをしているわけではありません。しっかりした正しい日焼け止めの落とし方などありますか?


夏にはかかせない「日焼け止め」。でも日焼け防止のためにだけ力を入れて、後のケアは「まぁいいや」なんてことになっていませんか?

実はしっかり日焼け止めが落としきれていない状態が続くと肌への負担はどんどん大きくなってしまいます。

毛穴詰まりの原因になったり、化粧水・美容液などの浸透を妨げたり・・・。

 

では塗った日焼け止めを肌に残さない方法は?と思われる方も多いと思います。

正しい日焼け止めの落とし方をチェックしてみましょう。

 

1.まずは、専用クレンジングが必要かをチェックする



太陽を浴びる女性

© vlavetal - Fotolia.com

まずは、ご使用の日焼け止めが、落とす際に専用クレンジングを使用するものか使用しないものかを確認して下さい。

“専用クレンジング使用”となっている場合



専用クレンジング使用=通常のクレンジング・ボディソープでは落ちないので、日焼け止めを落とす専用のクレンジングを使用しなければならないということです。できれば自分の使用している日焼け止めのメーカーに合わせて専用クレンジングを購入したほうが良いでしょう。

参考となる日焼け止め専用クレンジング剤の特集をしているサイトがあるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。(http://matome.naver.jp/odai/2130371381588035601)

“専用クレンジング不要”となっている場合



専用クレンジング不要=通常のクレンジング・ボディソープで落ちることを意味します。だからといって安心はできません。ご使用の日焼け止めがウォータープルーフの場合や、クレンジング・ボディーソープによっては落とすことができないものもあります。しっかり落ちていない感じがする場合は専用クレンジングうを使ってみましょう。

 

2.専用クレンジングを使った日焼け止めの落とし方



ごしごしこすってはダメ!



しっかり落としたいという気持ちはわかりますが、だからといってごしごし肌を磨きながら落とすのもいけません。

こすりすぎると肌を傷める原因にもなってしまいます。

さらに、こすった力の強さで日焼け止めを落とせる効果は期待できないのです。

肌はデリケートなので注意しましょう。

クレンジングを付けた指でやさしく滑らかにゆっくり肌に触れながら落とすのがポイントです。

 

3.スキンケアも大事!



クレンジング、洗顔後はしっかり保湿をしてスキンケアをしてあげましょう。

洗顔中は肌はまだ潤った状態なのですが、その後はすぐに皮膚から水分が蒸発して乾燥してしまいやすくなっています。

乾燥した肌にさらに日焼け止めを塗ることになってしまうと、肌荒れの原因にもなります。

お肌に潤いを忘れないためにも保湿剤でしっかりケアしてください。

 

まとめ



以上が正しい日焼け止めの落とし方です。

意外に肌はとてもデリケートだったことに気づいたり、今後の日焼け止めを落とす際の参考にもなったのではないでしょうか。

正しいケアの積み重ねが後々の肌に響いてくることにもなるのでこ、れを機会に日焼け止めの落とし方には気を付けたいですね。

2014年7月13日

written

by mana


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop