現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月22日更新

新入生必見!新歓コンパで先輩から好印象な人の共通点

8594 views

4月から大学一年生なのですが、新歓コンパがある中で初対面の人達にいまいちどんな風に良い印象を与えれば良いのかがわかりません。教えてください。(大学1年生・女性)


笑顔の女性

© blanche - Fotolia.com

高校を卒業したての大学一年生にとって、春の時期によくある新歓コンパにはワクワク感と同時に不安もある人は少なくないでしょう。

新歓コンパで主に重要となってくるのは、やはり「第一印象」ではないでしょうか。

今回は、相手に良い印象を与えるテクニックをご紹介します。

 

どんな服装で行けばいいの?



男性の場合:キーワードは「シンプル」「大人」「清潔さ」



派手目にお洒落をきめた方が良いんじゃないの?と疑問に思う男の方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

あまりにもキツメの服装で行くと、かえって「ちょっと気合い入れすぎじゃない?」と冷たい視線を女子からかう可能性も。

ここで一番重要になってくるのは「シンプルにお洒落をきめる」ということです。

では具体的にどのような服を着ればいいのか?例えば明るめの服(レッド、イエローなど)の上にパーカーを、

下はジーンズでカジュアルかつスマートにみせるなど、シンプルさに少しこだわってみてはいかがでしょうか。

 

女性の場合:「ちょいセクシー」「上品」「フェミニン」



セクシーといってもかなり大胆に露出するという意味ではありません。

そこまでに至ると、かえって品を失ってしまうのでマイナスなイメージになり兼ねません。

大胆ということではなく、少しセクシーに見せかけるということです。

例えばトップスは胸元を大胆に強調するのではなくて、うなじから背中のラインが少し見えるようなものを着てみるなど。

ちょっと見せた露出を上手く使ってみてください。

基本は女性らしく可愛い品のある服装できめてください。

 

基本は明るい表情で!



初対面の人と会うときに暗い表情を相手がしていればどう思いますか?

「少し怖い」「話しかけずらい」「何をしても笑ってくれなさそう」などマイナスなイメージがはたらく人は多いはず。

反対に、明るい表情をしている人には話しかけやすいですよね。

明るい表情に欠かすことができないのが笑顔。やはり、にこにこしている人には幸せのオーラのようなものを感じます。

新歓コンパの中ではあなたの笑顔で周りを巻き込むほどのハッピーな雰囲気を作っちゃってください。

 

話し方



人は初対面の人の性格を判断する時に、自分の耳に入ってくる情報を3割使用するという「メラビアンの法則」があります。

第一印象のうちの3割という数字なので侮ることはできません。

例えば、暗いトーンで話をしてしまうと、第一印象の点でマイナスになってしまうのです。

 

自己紹介のコツ



必ずといって良いほど新歓コンパの中である自己紹介。こちらも第一印象が決まる要因の一つになります。

自己紹介はできるだけ"簡潔かつ適度に詳しく!" 例えば、「あだ名・出身地・趣味・好きなアーティスト・大学○年生・・・」など。

無難な内容ですが、相手が知りたいと思う情報ばかりではないでしょうか?

基本的にはトータル3分で自己紹介をし終えるのが適当です。

 

一発芸



一発芸は男子の場合はけっこう得意という人も少なくないです。中には進んでやる人も。

ただ女子はそうにはいかない可能性が高いです。

「一発芸やらないといけないんだけど、恥ずかしいし嫌だな…。」と不安に感じる女子も少なくないでしょう。

そこで3つ具体例をあげてみました。

ものまね



一見恥ずかしいように思う女子もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば、ドラマや映画の中で出てくるセリフをその女優もしくは俳優そっくり言うものまねをしてみたり、

歌手のものまねをしてみたり…ものまねのバリエーションはさまざまです。

手品



手品は必ずといっていいほど万人笑けしやすい一発芸です。

それに何より手品をできること自体がかっこいいと印象を持たれることが多いので、プラスのアルファのイメージアップにも繋がるでしょう。

ダンス



ダンスは可愛いものからクールなものまで種類はさまざまです。

可愛い系ならJ-popのAKB48、クール系ならK-popのGirls Generationの曲を使って踊ってみるなど、女同士で一緒にやってみるのもきっと楽しいでしょう。

 

まとめ



いかがでしたでしょうか。好印象をもたらす為のコツはいっぱいあるので、これらを是非実践して新歓コンパでたくさんお友達を作りましょう!

2015年3月22日

written

by mana


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop